映画『AI崩壊』のネタバレあらすじと感想!真犯人は誰?

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

こんにちは、ふくです。

2020年1月31日(金)公開の映画『AI崩壊』のネタバレあらすじと感想をお伝えします。

10年後の2030年の日本。

AIはなぜ暴走したのでしょうか。

AIを暴走させたテロリスト、真犯人は誰なのでしょうか。

【スポンサーリンク】

『AI崩壊』作品情報

作品名

AI崩壊
配給会社 ワーナー・ブラザース
監督 入江悠
脚本 入江悠
出演者 大沢たかお
賀来賢人
広瀬アリス
岩田剛典
髙嶋政宏
芦名星
玉城ティナ
余貴美子
松嶋菜々子
三浦友和
音楽 横山克
主題歌 AI『僕らを待つ場所』
公開日 2020年1月31日
上映時間 131分

入江悠監督が、子どもの頃からの夢だったと語る、「近未来SF」×「クライムサスペンス」映画です。

近年、原作がある作品ばかりの中、完全オリジナルストーリーの超大作です!

日本を代表するAI研究者への取材が行われ、リアリティのある10年後の日本が描かれています。

大沢たかおさんをはじめとした超豪華俳優陣が集結!

『AI崩壊』予告編

『AI崩壊』のネタバレあらすじ

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

2023年、桐生浩介(大沢たかお)は、医療AI「のぞみ」を開発しますが、国の認可は得られませんでした。

AI「のぞみ」を使えば、妻の桐生望(松嶋菜々子)のガンを治せるかもしれませんでしたが、二人は「のぞみ」を使いませんでした。

その後、AI「のぞみ」は国の認可を受け、桐生は世界中から称賛されました。

しかし、桐生は第一線から退き、娘の心と二人で日本を離れシンガポールへ移住します。

そして、桐生の義弟である西村悟(賀来賢人)が、AI「のぞみ」の運営と管理を行っているHOPE社の代表取締役に就任しました。

2030年。

医療AI「のぞみ」は、人々の生活に欠かせないライフラインとなっていました。

桐生は、総理大臣賞を受賞することになり、悟からAI「のぞみ」の新しいサーバー施設のオープンセレモニーに参加してほしいと頼まれました。

乗り気でなかった桐生でしたが、娘の心が日本のAI「のぞみ」を見たいと懇願したため帰国することに。

桐生と心は、セレモニーの前にAI「のぞみ」の新しいサーバー室を見学しました。

セレモニーの後、心は家族の写真を落としたことに気づき、サーバー室に探しに戻りました。

そして、桐生は心を残して総理大臣に会いにいくことに。

突然、AI「のぞみ」が暴走し、AIにリンクしていた医療器具が故障、日本中がパニックに陥ります。

ペースメーカーを付けていた総理大臣も死亡しました。

そして、心はAI「のぞみ」のサーバー室に閉じ込められてしまいます。

サーバー室は冷却され、心が生きていられるのは24時間が限界とのこと。

AI「のぞみ」を暴走させているプログラムの発信元は桐生の鞄に入れられていた携帯端末でした。

警察庁の理事官でありサイバー犯罪対策課を指揮する桜庭誠(岩田剛典)は、AI「のぞみ」を暴走させたテロリストを桐生浩介と断定します。

桜庭は警察庁のAI「ヒャクメ」を駆使し、桐生を追い詰めていきます。

AI「ヒャクメ」は、防犯カメラをはじめ、個人の携帯機器やドライブレコーダーにまでリンクしており、桐生の居場所はすぐに見つかってしまいます。

桐生は悟と連絡を取り、「螺旋の部屋」で落ち合うことに。

AI「のぞみ」の暴走による停電で、一旦逃げることができた桐生は、監視網の薄い仙台行きの貨物船に乗り込みます。

所轄のベテラン刑事、合田京一(三浦友和)と捜査一課の新米刑事、奥瀬久未(広瀬アリス)は、AI「ヒャクメ」に頼らず、桐生の元にたどり着きます。

そこに警察の特殊部隊のヘリが到着し、桐生に発砲。

桐生は救命胴衣を手に海に飛び込みました。

桐生は漁師の網にかかり、一命を取り留めます。

漁師はAI「のぞみ」に感謝しており、指名手配となっている桐生に車を渡し、逃します。

そして桐生は、昔研究していた施設「螺旋の部屋」にたどり着きます。

そこに悟が合流しました。

その頃、AI「のぞみ」は、人間の選別を開始しました。

選別が完了するまで6時間。

桐生はAI「のぞみ」の暴走を止めるためのプログラムを書きはじめます。

また、悟はAI「のぞみ」の不正データを発見。

そこにはAI「のぞみ」のサーバー室にいる悟の映像が写っていました。

そのとき警察の特殊部隊が桐生たちを包囲。少し遅れて合田と奥瀬が到着しました。

特殊部隊が桐生に向けて発砲。桐生をかばって悟が撃たれてしまいます。

悟は桐生を逃し、合田に真犯人の名前を伝えた後、命を落としてしまいました。

桐生は、悟が乗ってきた車を自動運転にして囮にし、また、AI「ヒャクメ」をハッキングし、自分の姿が判別できないようにして、AI「のぞみ」のサーバー施設にたどり着きました。

しかし、そこには先回りしていた桜庭がいました。

『AI崩壊』の結末

あと一歩のところで特殊部隊に囲まれてしまった桐生は、真犯人の映ったAI「のぞみ」の不正データの映像を見せます。

そこには、防犯カメラに映らないように隠れて悟と話す人物が映っていました。

向かいのガラスに映っていたのは桜庭でした。

合田が悟から聞いた真犯人も桜庭でした。

桜庭は、AI「のぞみ」を検査するという名目で、検査ソフトに不正データを仕込んでいました。

桜庭はAI「のぞみ」の持つ膨大な個人データを使ってAI「ヒャクメ」をより精度の高いAIにしようと企んでいました。

さらに、生産能力のない人間を切り捨て日本を立て直すために人間を識別するプログラムをインストールさせたといいます。

桐生はAI「のぞみ」のサーバー室へ行き、暴走を止めるプログラムを映し出し、AI「のぞみ」のカメラに読ませようとしますが、シェードに遮られ届きません。

心が持っていた家族写真の裏は鏡になっており、そこに反射させてAI「のぞみ」のカメラに読ませることに成功します。

殺戮が始まる寸前で暴走を止めることができ、心も無事に救出することができました。

桜庭は逮捕され、国民仕分け法を推進する政治家と繋がっていたことが明らかになりました。

AIは人間を幸せにすると思うか。

その問いに桐生は、それは「親は子を幸せにできるのか」という問いだと答えました。

『AI崩壊』の感想

手に汗握るスピード感のある展開で物語に引き込まれました。

追い詰められる主人公に、ずっと胸がギュッとなっていました。

役者さんがみんなよかったです。

今よりもAIが進化しているというだけで、ほぼ現実と同じでリアルな物語でした。

ストーリーはシンプルですが、メッセージ性が高い作品だと思いました。

AIが暴走することよりも、無実の人間を容疑者にして追い詰めていく警察や、日本中がパニックの中、自分たちに都合のいい法律を成立させようとする政治家のほうが怖いと思いました。

AIが自己に目覚めて人間に敵対するという物語は数多くありますが、結局は人間次第だと改めて思いました。

AIをテーマにはしていますが、『ジョーカー』『パラサイト 半地下の家族』『カイジ ファイナルゲーム 』などと同じく、格差社会などの現代の問題を描いている映画でもありました。

弱者は切り捨てなければ国は滅びるという考えは過激ですが、自分さえよければいいという考えは人間誰もが多少なりとも持っている性だと思います。

程度の差はあっても同じことなんじゃないかと。

桐生は、AI「のぞみ」が国に認可されず、助けられたかもしれない妻をガンで亡くしてしまいますが、自分だったら使ってしまうだろうと思いました。

一人一人がもっと賢く、優しく、強くなって、これからのことを考えていかなければならないとと思いました。

多くの方に観てもらいたい、考えてもらいたい作品です。

『AI崩壊』の口コミ・評判

https://twitter.com/yutox2enjoy/status/1223242989180354562?s=20

大沢たかおさんの身体はすごかった!

映画『キングダム』の王騎ですからね!

映画のチケットを900円で買う方法

観ておきたい関連作品

  • 入江悠監督をはじめ『AI崩壊』のスタッフによる映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー
  • 『AI崩壊』のプロデューサーの北島直明さんがプロデュースし、『AI崩壊』に出演している大沢たかおさん、松嶋菜々子さんが出演している映画『藁の楯

まとめ

映画『AI崩壊』について紹介しました。

とても観やすい作品でありながら、現代の抱える社会問題を考えさせられる作品でした。

みんなに観てもらいたい映画です。

【スポンサーリンク】