ドラマ『カムカムエヴリバディ』の再放送と見逃し動画配信を無料視聴する方法!

2021年11月1日(月)から、第105作目のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』が放送スタートします!

岡山、大阪、京都を舞台に、戦前から戦後、そして昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の三世代の女性が紡いでいく100年のハートフルファミリーストーリー。

史上初の3人のヒロインがいる朝ドラです。

連続テレビ小説『ちりとてちん』や大河ドラマ『平清盛』などを手がけた藤本有紀さんが、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリーです。

安子役は上白石萌音さん、安子の娘・るい役は深津絵里さん、るいの娘・ひなた役は川栄李奈さん。

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の再放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報やキャストをお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『カムカムエヴリバディ』の放送日と放送時間

ドラマ『カムカムエヴリバディ』は、NHK 総合、NHK BSプレミアム、NHK BS4Kで、2021年11月1日(月)から放送されます。

<放送日時>

NHK 総合

  • 毎週月曜~土曜 午前8時00分 ~ 8時15分 ※土曜は一週間の振り返り

NHK BSプレミアム・BS4K

  • 毎週月曜~土曜 午前7時30分 ~ 7時45分 ※土曜は一週間の振り返り

<再放送日時>


NHK 総合

  • 毎週月曜~土曜 午後0時45分 ~ 1時00分 ※土曜は一週間の振り返り
  • 毎週日曜 午前11時00分 ~ 11時15分 ※土曜の一週間の振り返りの再放送

NHK BSプレミアム・BS4K

  • 毎週月曜~金曜 午後11時00分 ~ 11時15分
  • 毎週土曜 午前9時45分 ~ 11時00分 ※月曜~金曜の一挙放送

放送日時、内容は変更になることがありますので、最新情報は番組表でご確認ください。

ドラマ『カムカムエヴリバディ』の見逃し動画配信は?

ドラマ『カムカムエヴリバディ』は、放送後から7日間はNHK+で見逃し配信を行なっています。

放送から1週間限り視聴可能です!

ドラマ『カムカムエヴリバディ』を無料視聴できる動画配信サービスは?

見逃し配信も見逃してしまったとしても、動画配信サービスで視聴可能です。

ドラマ『カムカムエヴリバディ』が見られる動画配信サービスは、NHKオンデマンドU-NEXTです。

※配信は放送翌日12時からの予定です。

NHKオンデマンドの配信作品すべてが見放題の「NHKまるごと見放題パック」(月額990円税込)、または単品レンタル(110円)で視聴可能です。

放送1週間後に単品販売が開始されます。

U-NEXTでは「NHKまるごと見放題パック」に追加登録することができます。

そして、このページのリンクからの申し込み限定で、無料体験登録時に1000ポイント(通常は600ポイント)がもらえるので、これを利用することで無料で「NHKまるごと見放題パック」に登録することができます。

他のNHKの作品も見るなら、単品レンタルよりも「NHKまるごと見放題パック」が断然お得です。

NHK BSの番組も配信されています。

もちろんU-NEXTで配信されている多数の映画、ドラマ、アニメも見ることができます。

  • 31日間無料でお試しできる!
  • このページのリンクからの申し込み限定で無料登録時に1000ポイントがもらえるので「NHKまるごと見放題パック」(990円税込)に無料で登録可能!
  • 映画・ドラマ・アニメの見放題作品数No.1! 最新作も充実!
  • アダルト作品も見放題!
  • 雑誌も読み放題!
  • 月額2,189円(税込)ですが、毎月1,200ポイントがもらえるので実質は安い!
  • レンタル・購入金額の最大40%がポイントで還元されるので見れば見るほどお得!
  • ポイントは映画館のチケットとも交換することができ、通常1,800円の映画館のチケットが実質900円で買える!
  • 最大4つのアカウントを作ることができるので、家族4人での利用なら一人当たり月約550円!
  • Wi-Fi環境でダウンロードしておけば通信料の心配なし!移動時間や待ち時間も楽しめます!
  • 人気アーティストのライブ配信(要別途料金)も強化拡大中!
 
31日間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

U-NEXTの口コミ・評判

ドラマ『カムカムエヴリバディ』作品情報

作品情報

作品名 カムカムエヴリバディ
藤本有紀
演出 安達もじり
橋爪紳一朗
松岡一史
ほか
出演者 上白石萌音
深津絵里
川栄李奈
甲本雅裕
西田尚美
濱田岳
大和田伸也
鷲尾真知子
段田安則
YOU
松村北斗(SixTONES)
村上虹郎
岡田結実
小野花梨
浅越ゴエ(ザ・プラン9)
オダギリジョー
市川実日子
早乙女太一
村田雄浩
濱田マリ
近藤芳正
笑福亭笑瓶
さだまさし
村雨辰剛
世良公則
前野朋哉
紺野まひる
堀部圭亮
徳井優
若井みどり
西川かの子
武井壮
音楽 金子隆博
主題歌 AI『アルデバラン』
放送期間 2021年11月1日 〜 

連続テレビ小説『ちりとてちん』や大河ドラマ『平清盛』などを手がけた藤本有紀さんが、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリーです。

いつか二度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたならきっと書こうとあたためていた題材が「NHKのラジオ英語講座」だったとのことです。

『カムカムエヴリバディ』の制作統括である堀之内礼二郎さんは、2007年度後期放送の福井県が舞台の連続テレビ小説第77作『ちりとてちん』の撮影当時に、NHK福井放送局にてディレクターを務め、将来どんな番組を作っていったらいいのか悩んでいたそうです。

そんなとき、藤本さんの執筆した『ちりとてちん』の台本を読んで、そのあまりの面白さに衝撃を受け、その日、自分の進む道をドラマに決め、いつかきっと藤本さんと一緒にドラマを作ろうと夢見てきたそうです。

演出は、ドラマ『心の傷を癒すということ』、連続テレビ小説『まんぷく』『べっぴんさん』『花子とアン』『カーネーション』、大河ドラマ『花燃ゆ』などを手がけた安達もじりさん、

連続テレビ小説『エール』『半分、青い。』『花子とアン』『てっぱん』、大河ドラマ『花燃ゆ』『平清盛』などを手がけた橋爪紳一朗さん、

ドラマ『心の傷を癒すということ』、連続テレビ小説『まんぷく』『わろてんか スピンオフ 「ラブ&マンザイ」 ~LOVE and MANZAI~』などを手がけた松岡一史さん。

音楽は、ドラマ『明治開化 新十郎探偵帖』『PTAグランパ!』『あいの結婚相談所』『エンジェル・ハート』などを手がけた、米米CLUB、BIG HORNS BEEのメンバーの金子隆博さん。

主題歌は、AIさんの『アルデバラン』。

『カムカムエヴリバディ』のために制作された楽曲で、作詞作曲は森山直太朗さん、編曲は斎藤ネコさん。

キャスト(初代ヒロイン・安子編)

<橘家>

  • 橘安子(たちばな やすこ) ・・・ 上白石萌音

1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に、岡山市内の和菓子屋「たちばな」で生まれた。御菓子司「たちばな」の看板娘。あんことおしゃれが大好き。ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

  • 橘算太(たちばな さんた) ・・・ 濱田岳

橘家の長男で、安子の兄。家業である御菓子司「たちばな」で修行するも興味が無く、何度も父・金太と衝突する。

  • 橘金太(たちばな きんた) ・・・ 甲本雅裕

安子の父。御菓子司「たちばな」の二代目大将。お店のあんこの味を大切に守っている。実直な性格で園芸好き。師弟関係である父・杵太郎には頭が上がらない。

  • 橘小しず(たちばな こしず) ・・・ 西田尚美

安子の母。心優しくいつも家族の幸せを願う。金太と一緒に御菓子司「たちばな」を切り盛りしている。

  • 橘杵太郎(たちばな きねたろう) ・・・ 大和田伸也

安子の祖父。御菓子司「たちばな」の初代大将。職人気質で金太や職人たちには厳しいが安子には甘い。

  • 橘ひさ(たちばな ひさ) ・・・ 鷲尾真知子

安子の祖母。しっかり者で頭の回転が早く、動じない。ひさのおしるこは絶品で御菓子司「たちばな」のあんこの原点。

<雉真家>

  • 雉真稔(きじま みのる) ・・・ 松村北斗(SixTONES)

千吉の長男。家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。

  • 雉真勇(きじま いさむ) ・・・ 村上虹郎

千吉の次男。安子の小学校からの同級生。甲子園を目指している野球少年。兄の稔を尊敬している。安子への好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

  • 雉真千吉(きじま せんきち) ・・・ 段田安則

岡山で「雉真繊維」を一代で築き上げた地元でも有名な実力者。跡継ぎの稔と共にさらなる事業の拡大を目指す。

  • 雉真美都里(きじま みどり) ・・・ YOU

千吉の妻。稔と勇の母。良家のお嬢様育ちで気品があり華やか。

  • 村野タミ(むらの タミ) ・・・ 西川かの子

雉真家に仕える女中。常に明るく雉真家の人々の日常を支える。

  • 雪衣(ゆきえ) ・・・ 岡田結実

雉真家に仕える女中。控えめな性格だが、よく気がつく働き者。

<岡山の街の人々>

  • 柳沢定一(やなぎさわ ていいち) ・・・ 世良公則

こだわりのコーヒー、ジャズが流れる喫茶店「Dippermouth Blues」のマスター。ジャズをこよなく愛し、海外の珍しいレコードを集めている。

  • 柳沢健一(やなぎさわ けんいち) ・・・ 前野朋哉

柳沢定一の一人息子。父と共に喫茶店「Dippermouth Blues」を切り盛りしている。

  • 水田きぬ(みずた きぬ) ・・・ 小野花梨

安子の幼馴染で親友。ちょっとクールでしっかり者。御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある「水田屋とうふ」の娘。

  • 水田卯平(みずた うへい) ・・・ 浅越ゴエ(ザ・プラン9)

きぬの父。豆腐屋「水田屋とうふ」の店主。

  • 水田花子(みずた はなこ) ・・・ 小牧芽美

卯平の妻。家庭的で明るい性格。卯平と共に「水田屋とうふ」を切り盛りしている。

  • 赤螺吉兵衛(あかにし きちべえ) ・・・ 堀部圭亮

御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある荒物屋「あかにし」の店主。町内でいち早くラジオを入手していた。とにかくケチで「ケチ兵衛」というあだ名がついた。

  • 赤螺清子(あかにし きよこ) ・・・ 宮嶋麻衣

吉兵衛の妻。優しくて控えめ。

赤螺吉右衛門(あかにし きちえもん) ・・・ 中川 聖一朗

吉兵衛の息子。冷静沈着なしっかり者。「たちばな」の御菓子が大好物。

<物語を彩る人々>

  • 平川唯一(ひらかわ ただいち) ・・・ さだまさし

NHKラジオ英語講座「英語会話」、通称「カムカム英語」の人気講師。『証城寺の狸囃子』のメロディに『カムカムエヴリバディ』の歌詞をつけたオープニング曲が人々の心を惹きつけ、英語ブームを巻き起こした。

  • 小川澄子(おがわ すみこ) ・・・ 紺野まひる

安子が大阪で出会う主婦。ラジオで平川唯一の「カムカム英語」を家族みんなで聴くのが日課。

  • こわもての田中(たなか) ・・・ 徳井優

ある日突然橘家に押しかけてくる借金取り。算太と何か関係がある。

  • 小椋くま(おぐら くま) ・・・ 若井みどり

大阪の大学に通う雉真稔の下宿先「おぐら荘」の大家。お節介な性格で稔っと安子の関係を見守っている。

  • 神田猛(かんだ たけし) ・・・ 武井壮

帝国軍人。海軍主計中佐。「雉真繊維」の製品品質を高く評価し、戦争が近づく中、さらなる軍服の製造を発注する。

  • ロバート・ローズウッド ・・・ 村雨辰剛

進駐軍の将校。日本で英語が通じず困っているところを安子に助けられる。

キャスト(二代目ヒロイン・るい編)

  • 雉真るい(きじま るい) ・・・ 深津絵里

安子の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育つ。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し大阪へ。ひょんなことからクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら新しい生活を始める。テキパキと仕事をこなす働き者で、すぐに店の看板娘となる。一度こうと決めたら曲げない性格は母・安子譲り。

  • 大月錠一郎(おおつき じょういちろう)(通称:ジョー) ・・・ オダギリジョー

るいが働くクリーニング店に客として訪れる謎の男。名前も住所も分からず、すぐ消える。いつもシャツには同じ汚れをつけている。

  • ジャズ喫茶に通う女子大生(通称:ベリー) ・・・ 市川実日子

錠一郎に惚れている女子大生。良家の令嬢。ジョーとるいの関係に気もそぞろで、るいに対して敵対心むき出しで迫ってくる。

  • ミュージシャン(通称:トミー) ・・・ 早乙女太一

木暮洋輔の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけのグルーピーもいてアイドル的な人気がある。クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくるかなり調子のいい男。

  • 竹村平助(たけむら へいすけ) ・・・ 村田雄浩

大阪・道頓堀に店を構える「竹村クリーニング店」の店主。仕事は丁寧でアイロンの腕前に自信がある。人情に厚いが、どこかわきが甘く、和子の尻に敷かれている。ひょんなことから、るいを店に迎えることになる。

  • 竹村和子(たけむら かずこ) ・・・ 濱田マリ

平助の妻。夫の平助と共に「竹村クリーニング店」を営む。住み込みで働くるいのことを娘のようにかわいがり、その成長をあたたかく見守っている。

  • 木暮洋輔(こぐれ ようすけ) ・・・ 近藤芳正

ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー。錠一郎のことを知っているらしい。竹村クリーニング店の得意先となる。

  • 西山太(にしやま ふとし) ・・・ 笑福亭笑瓶

竹村クリーニング店の近所にある映画館の館主。町内会長。

キャスト(三代目ヒロイン・ひなた編)

  • ひなた ・・・ 川栄李奈

るいの娘。安子の孫。時代劇の世界に憧れつつ、紆余曲折を経てラジオ英語講座に居場所を見出す。

イントロダクション

1925年(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」に生まれた安子(上白石萌音)。

あんこの甘い香りに包まれた温かい家庭で、家族や周囲の人々に愛されて育ちます。

ずっと家族との幸せを願う安子でしたが、やがて戦争の足音が近づく中、様々な試練が降りかかります。

けれど、ラジオ放送開始からまもなく始まるラジオ英語講座との出会いが安子の未来を切り開いていきます。

安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まります。

とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出したるい。

自分のことを誰も知らない新天地・大阪で新たな人生を歩んでいきます。

ひょんなことから道頓堀の小さなクリーニング店で、住み込みで働くことになります。

大阪での新しい景色や出会いが、るいの日常を鮮やかに彩り、人生を切り開いていくのでした。

そして、るいの娘、三代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

昭和から平成、そして令和へ。

三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していきます。

そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座がありました。

昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の三世代の女性が紡いでいく100年のハートフルファミリーストーリー。

まとめ

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の再放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報やキャストをお伝えしました。

【スポンサーリンク】