映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』(2021)のネタバレあらすじと感想!犯人は誰?

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

毎年話題になるGW恒例の大人気アニメ映画「名探偵コナン」シリーズの最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていましたが、ついに公開日が決定しました!

『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開日は、2021年4月16日(金)です!

今作でシリーズ第24作品目です!

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』について紹介します。

公開後に詳しいネタバレあらすじや感想を追記します。

【スポンサーリンク】

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の作品情報

作品名

名探偵コナン 緋色の弾丸
配給会社 東宝
監督 永岡智佳
脚本 櫻井武晴
出演者 高山みなみ
池田秀一
山崎和佳奈
小山力也
日高のり子
田中敦子
森川智之
杉本ゆう
林原めぐみ
山口勝平
松井菜桜子
緒方賢一
岩居由希子
高木渉
大谷育江
浜辺美波
音楽 大野克夫
公開日 2021年4月16日
上映時間  

2020年4月17日(金)公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていました。

原作は、青山剛昌さんの漫画『名探偵コナン』です。

監督は、2019年に公開されたシリーズ第23作目の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』でも監督を務めた永岡智佳さん。

脚本は、ドラマ『相棒』、『科捜研の女』などの脚本を手掛ける櫻井武晴さん。

劇場版「名探偵コナン」シリーズでは、『名探偵コナン 絶海の探偵』(2013年)、『名探偵コナン 業火の向日葵』(2015年)、『名探偵コナン 純黒の悪夢』(2016年)、『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年)の脚本を担当しています。

公開日の前週の2020年4月10日(金)には、『名探偵コナン 純黒の悪夢』が金曜ロードショーで放送予定です。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』のメインキャラクターであるFBIの赤井秀一は、『名探偵コナン 純黒の悪夢』でもメインキャラクターだったので、こちらも改めて観ておきたいですね。

ゲスト声優として、女優の浜辺美波さんが石岡エリーの声を演じています。

子供の頃からコナンのファンで、いつかコナンの仕事ができたらいいなと思っていたそうです。

「人間の役をもらえて光栄すぎて緊張しています」とコメントされています。

主題歌は、東京事変の『永遠の不在証明』

亀田さんのベースラインがヤバい!

東京事変の曲が『名探偵コナン』の主題歌に選ばれたのは初めてのことです。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の予告編

特報1

特報2

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の重要人物

キャッチコピーに「一家(ファミリー)、集結──」とあるように、今作の鍵を握るのは、FBI捜査官の赤井秀一の家族です。

赤井秀一(あかい しゅういち)(声:池田秀一)

FBI捜査官。

とてつもない切れ者でコナンに匹敵する推理力の持ち主。

さらに、射撃の名手であり、截拳道(ジークンドー)の達人でもあります。

最強ですね。

かつてスパイとして黒の組織への潜入捜査を行なっていましたが、バレてしまったため死を偽装し、大学院生の沖矢昴として正体を隠しています。

コナンの正体も知っています。

愛車は、赤のシェルビーGT-500。

世良真純(せら ますみ)(声:日高のり子)

赤井秀一の実妹。

世良は母親の旧姓。

蘭の同級生で女子高生探偵を名乗っています。

截拳道の使い手でもあり、実力は空手の達人である蘭と互角だそうです。

コナンの正体が新一であるとほぼ確信しています。

秀一が生きていることや秀吉がプロ棋士であることも知りません。

羽田秀吉(はねだ しゅうきち)(声:森川智之)

赤井秀一の実弟。

高校卒業後に羽田家の養子になりました。

六冠の称号を持つプロ棋士で、かつては七冠を達成したこともあります。

秀一とは兄弟専用のスマホを持っており、何も知らない妹の世良真純とは違い、お互いに情報をほぼ共有しています。

ただ、秀一が沖矢昴として正体を隠していることは知りません。

メアリー・世良(メアリー・せら)(声:田中敦子)

イギリスの秘密諜報機関「MI6」に所属。

見た目は子供ですが、赤井秀一、羽田秀吉、世良真純の3兄妹の母。

身体が幼児化してしまう薬「APTX4869」を投与されたのでしょうか。

真純と共にホテル生活を送っています。

秀一が生きていることは知りません。

宮本由美(みやもと ゆみ)(声:杉本ゆう)

警視庁交通部交通課の警部補。

警視庁捜査一課の刑事で警部補の佐藤美和子の親友です。

羽田秀吉と交際しています。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』のオリジナルキャラクター

石岡エリー(いしおか エリー)(声:浜辺美波)

物語の舞台となる真空超電導リニアの客席担当スタッフ。

25歳。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』のネタバレあらすじ

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

15年前、ボストンで両手を後ろ手で拘束された男が何者からか必死に逃げていた。

出発間際のモノレールに乗り込み安堵した矢先、背後を拳銃で撃ちぬかれ絶命する。

騒然となり逃げ惑う人々の中、撃たれた男を見つめる1人の日系男性。

ゆっくりと扉は閉まり、モノレールは撃たれた男だけを乗せ走り出すのだった。

コナンや蘭、少年探偵団の面々は4年に1度開催されるスポーツの祭典「WSG(ワールド・スポーツ・ゲームス)」のスポンサーたちが集まるパーティーに参加していた。

そこで開会式の日に真空超電動リニアが初めて運行され、スポンサーや各国のWSGの関係者たちが乗車する事なども発表された。

そして一般の人も体験乗車できることを知った元太達は喜ぶが、乗車できるのは抽選で当たった人のみ。

そこで元太達は鈴木財閥の会社が幾つかスポンサーになっていることから園子に頼み込むが無理だと言われてしまう。

しかし、鈴木夫妻は子ども達の分だけなら何とかなるかもと頼んでみる事を約束してくれる。

すると会場にビュッフェスタイルの料理が次々と運ばれてくる。

目を輝かせて料理を取りに行く元太達を見守りながらコナンと灰原が乾杯しようとすると突然、停電が起こる。

30秒ほどで非常灯が点灯するが園子の父・史郎が忽然と姿を消していた。

会場内を探す園子は大手自動車メーカーの社長ジョン・ボイドに尋ねるが、何故か彼は血相を変えて会場を出て行ってしまうのだった。

目暮警部たちも駆けつけ事情聴取が始まる中、独自の調査を始める元太達。

そこで元太の驚きの嗅覚から料理を乗せた台車が1台消えていることに気付いたコナンは史郎を台車に乗せ連れ出したと推理し、厨房の冷蔵庫の中で気絶させられた史郎を発見するのだった。

しかし、史郎は気を失っていた事もあり犯人に関しては何も覚えていなかった。だが、目暮警部たちは先週起きた三塚製菓の女社長の事件と同じ状況だと話す。そして三塚製菓もWSGのスポンサーだったのだ。

今回の事件を知ったFBIの面々も動き出した。

数日後、園子は史郎を助けてくれたお礼として大量の仮面ヤイバーグッズと真空超電導リニアの体験乗車チケットを持って阿笠邸を訪れ、元太達は大喜び。

阿笠邸の帰り、赤井秀一が変装した姿である沖矢昴がコナンをドライブに誘う。

車中、昴は15年前にボストンでWSGが開催された時も今回と同じように3人のスポンサーが拉致された事件について話す。

1人目が菓子メーカーのトップ、2人目が財閥系企業のトップ、3人目が自動車メーカーのトップだった事。複数の州で事件が起こった為、捜査はFBIが行った事。その時のFBI長官は現在の国際WSG協会会長のアラン・マッケンジーだった事などを話す。

そして今回の事件も1人目が菓子メーカーのトップ、2人目が財閥系企業のトップだった事から、次は自動車メーカーのトップが狙われるのではと推理するのだった。

同じ頃、赤井の母・メアリーと妹の世良真純もリニアのチケットを入手していた。

そこへ赤井の弟・羽田秀吉から連絡が入り、同じ日に名古屋にいる事が分かる。

夕方、帰宅した蘭は探偵事務所から出て来るジョンとすれ違う。

コナンは蘭とのやり取りで次に狙われるのは自動車メーカーのトップであるジョンではないかと推理する。

夕食時、蘭は小五郎にWSG開会式の日にリニアに乗る事を伝えると明らかに動揺し、反対するのだった。

コナンは小五郎の態度から次に狙われるのはジョンだと確信する。

そして元太達にリニアの体験乗車を諦めてもらうために同日に開催される仮面ヤイバーショーのチケットを手配してもらうように園子に頼むのだった。

後日、コナン達は日本WSG広報の白鳩舞子・開発チーフエンジニアの井上治・客室担当の石岡エリーが司会を務める体験乗車の説明会に参加していた。

そこでジョンはリニアだけでなく他の場所でも狙われる可能性があると考えるのだった。

説明会後、コナンはFBI捜査官のジョディとキャメルに体験乗車のスケジュールを伝える。

そこへFBI本部から赤井への狙撃許可が下りたと連絡が入る。

遂に体験乗車の日を迎え、集合地点である名古屋国際空港に集まるスポンサーや各国のWSG関係者たち。

先ずは健康診断を行うための移動中、コナンは転んだふりをしてジョンの上着の裏側に発信機を取り付ける。

そこへ昴から連絡が入り、15年前、容疑者として捕まった石原真という男が無実を訴えたまま獄中死している事。石原真には妻と娘がいた事。その妻と娘は証人保護プログラムで名前が変わっている可能性がある事などを教えてもらうのだった。

病院に到着し健康診断が始める。

アランの順番になり彼が上着を脱ぐとボールペンと栄養ドリンクが落ち、拾うコナンと灰原。

その時、突然、爆発が起こると白い煙が病室内に充満し始める。次々に意識を失う人々。

灰原は薄れゆく意識の中、必死に「これは爆発じゃない…クエンチ…このままだと皆死んじゃう…」とコナンに伝えるが意識を失ってしまう。

コナンも徐々に薄れゆく意識の中で昴に電話をするが意識を失ってしまう。

コナンからの無言の電話に異常性を感じた昴は待機していた駐車場から走り出す1台の車を追いかけることに。

そこへバイクに乗った真純と接触しそうになるが、2人は謎の車をそれぞれ追いかける。

意識を取り戻したコナンはジョンが消えていることを知り、発信器を頼りにスケボーで追いかける。

昴もコナンのナビで追いかけ、真純は昴の車を追いかける形になる。

だが途中、追跡メガネに異常が生じ予備のメガネを持つ灰原がナビをする事になる。

犯人の車が入った倉庫に辿り着いた昴は真純からの攻撃を受ける。ヘルメットで顔が隠れていたが攻撃から真純だと確信する。

だが、顔に攻撃を受けてしまい変装である事を気付かれてしまう。

そこへコナンが辿りつき、昴はその場を去り、真純はコナンを連れジョンを探すことに。

灰原のナビでジョンの居場所に辿り着いた2人は無事に保護する事に成功する。

しかし、喜んだのも束の間、なんとアランも病院から姿を消していたのだ。

救出したジョンの保護の為に呼んだ警察官の到着が遅かった事などから、コナンの脳裏でピースが繋がっていく。

そして、昴の変装を解いた赤井からの電話に「もしもの時が起きてしまった」と伝えるのだった。

コナンと真純は現在、警備が手薄になっているリニアでアランが殺害されると推理し、新名古屋駅へと急いだ。

新名古屋駅では急遽、無人で走らせる事となった真空超電動リニアの出発カウントダウンが始まっていた。

コナンは射出ベルトから花火ボールを出し、観客が花火に気を取られている隙に真純と共にリニアに乗り込む。

一方、蘭達は新幹線で東京に帰る事となっていた。

そこで井上がリニアの様子をモニターに映すとそこにはコナンと真純の姿が。

騒然となる新幹線内。

リニアに乗り込んだコナンたちはアランを探していた。

途中、ボールペンが落ちており、床のベタつきから腕時計型ライトをブラックライトするとアランが零した栄養ドリンクが浮かび上がる。

そこへ赤井から連絡が入り「タイムリミットだ」と告げられ1発の特別な弾丸がライフルから放たれる。

コナンは赤井に頼みごとをすると電話を切る。

電話越しに聞こえたライフルの銃声から電話の相手を問う真純だが、コナンは「大丈夫、この先にいるのは僕らの味方だから」と答えるのだった。

赤井の放った弾丸はリニアを追いかけていく。

栄養ドリンクを辿り、アランを発見し、救出に成功したコナンと真純はモニター越しに今回の事件の推理を披露する。

その犯人とは白鳩舞子。

彼女は石原真の娘で証人保護プログラムで名前が変わっていたのだ。

リニアに乗り込んでいた舞子は銃でアランを狙う。

コナンは時計型麻酔銃で、真純はジークンドーで取り押さえようとするが何故かリニアは減速し失敗してしまう。

そしてアランは自分だけを殺すならもっと下がれ、腕を上げろと指示を出す。

その時、赤井の放った弾丸が舞子の右肩を貫いた。

新幹線内は騒然となるが、急所は外れている事を伝え、終着駅に救急車の待機を要請する。

これで事件は解決したように見えたが、コナンと真純の口から共犯者がいることが告げられる。

名古屋では秀吉と酔っぱらった由美の姿があった。

由美はスピード違反の車を見つけると車の前に飛び出し、そのまま眠ってしまう。

その車の運転手は赤井だった。

舞子の共犯者。それは井上だった。

病院でクエンチを起こせたのも、トランクに入れたアランをリニアに運ぶ事が出来たのも、リニアを減速される事が出来たのも開発エンジニアの井上だけ。

井上は15年前、1人目に拉致された菓子メーカーのトップに息子だったのだ。WSGのスポンサーを降りた事でテロに屈したとしてアメリカ中から非難され、日本に避難していたのだ。

そして井上は途中で止まった駅から一瞬の隙をつき逃亡する。

井上はアランをリニアごと殺害しようと密かに組み込んだプログラムを作動させる。

コナンから連絡を受けたジュディとキャメルは井上を追いかける事に。

だが、土地勘がない為、ナビは赤井と共にいる秀吉が行った。

周辺の地図を暗記した秀吉は将棋の勝ち筋で指示を出し、赤井がナビをする形で井上を追うジュディたち。

途中、見失ったと思われたが、見事にジュディのいる場所に誘導する事に成功する。

リニアでは爆発が起こると激しい揺れが起っていた。

リニアは制御室でも操作不能状態で手動運転装置も稼働しない。

超電導磁石があるから脱線はしないと思われていたがモニターには立っていられない程、激しく揺れるリニアが映し出されていた。

灰原はクエンチを起こされたと気付き、コナンも先ほどの爆発がクエンチだったのだと気付く。

先頭車両の手動運転装置でもリニアを止める事が出来ず八方ふさがりの中、灰原と蘭は元太達からかかってきた電話からサプライズで使う各国の国旗が描かれた旗をパラシュートとして使う事を思い付きコナンと真純に伝える。

急いで後方車両へ準備に向かう真純と先頭車両で何かを始めるコナン。

そして終着駅ではWSGの開会式は中止となり、避難勧告も出ていた。

コナンの指示でパラシュートを発動させる真純。

コナンは先頭車両で射出ボールを膨らませ後方車両へと急いだ。

激しく脱線しながら走るリニア。

そしてスタジアムへ突っ込み止まるのだった。

モニターに映し出される映像に息を飲む新幹線内。

頭から血を流すコナンが写り、探偵団バッチで必死に呼びかける灰原。

するとコナンから全員無事だと連絡が入り新幹線内は歓喜に沸く。

車が大破しても逃亡を図る井上に銃を構えるジュディが立ちふさがる。

そしてFBIだと知るとFBIに対する恨みを吐き出すのだった。

15年前、事件の真相が明かされなかったのは司法取引が行われたためだった。

井上は司法取引はFBIの薄汚いやり方だと罵倒するが、ジュディから井上自身も証人保護プログラムで名前を変えたから今の生活があるのではないか、それも司法取引の1つじゃないのかと問われ泣き崩れ、放心状態のまま拘束されるのだった。

コナンと真純は怪我の手当てを受け、夕日の中、皆の待つ場所へと帰るのだった。

沖矢昴の姿になった赤井が車に乗り込むとメアリーに後頭部を銃で狙われる。だが忠告だけしてその場から去るのだった。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の感想

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

1年の公開延期を経て遂に公開された『緋色の弾丸』

今回は赤井ファミリー集結!そして灰原哀が大活躍する作品ですね!コナンと灰原の相棒の様な、時には夫婦の様な信頼関係があっての事件解決。

灰原の「ただの化学が好きな小学生よ」のセリフは今後も使って欲しいセリフですね。名セリフ登場。

そして昴と真純のスピード感あるチェイスシーンや格闘シーンは手に汗握りました。お互いカッコいい!

昴こと赤井さんも妹のジークンドーの上達ぶりにはどこか嬉しさもあったんじゃないかな?と勝手に想像しちゃいました!真純も実は憧れの兄と対戦していたと知ったらどう思ったんだろう?

そして秀吉の由美たん大好き彼氏から天才棋士へのギャップ。まさか逃亡する犯人を追う道筋を将棋に例えて指示するなんて。離れて暮らす期間が長くても信頼し合っている秀一と秀吉の兄弟の絆!最高ですね!できればもっと引きで2人のツーショットが見たかった…

今回の作品は、細かい所に色んな伏線が隠れています。そして一つ一つのシーンやセリフが次へと確実に繋がっているので繰り返し見ても違う発見が出来る作品ですね。とくに2回目、3回目と重ねて見ると、実はここでこのキャラがこんなリアクションや表情をしていた。身に付けている物まで伏線になっている。等々、細かな部分まで見ごたえ十分です。

ゲスト声優の浜辺美波さんの演技も素晴らしかったです。ちょっと天然だけど可愛い石岡エリーは浜辺さんにピッタリの役だと思いました。セリフの緩急の付け方なども見事でリニアに関する説明も分かりやすかったです。

セリフはありませんが、エンディングで蘭達の元へ戻った時のコナンと灰原のやり取りを見てのエリーさんのリアクションは注目です。


今作の映画でのポイントは登場人物それぞれの「関係性」にあるような気がしました。

世界最大のスポーツの祭典「WSG」の東京開催とそれに伴い新設される東京−名古屋間を結ぶ真空超電導リニアを巡って起きた事件の解決に向かう中で、コナンと赤井秀一含むFBIメンバーの協力体制や灰原哀との頭脳による連携プレーにはそれぞれの信頼関係がはっきりと見て取れたことが印象的でした。

また彼らに加え、犯人逮捕のためにコナンに協力した世良真純、FBIに協力した羽田秀吉など今作のキーパーソンである赤井一家も大活躍しており、彼らがどのように犯人を追い詰めていくのかという物語の展開はもちろん、赤井一家の関係性にも目が離せません。

そして映画の終盤にある赤井秀一が死の偽装後、初めて母のメアリーと接触するシーンは息をのむ緊張感が漂っていました。

今作ではコナンと周囲の協力者である人物たちとの関係性をきちんと理解できるとともに、それぞれ高い能力を持つ赤井一家がこれから名探偵コナンという作品にどのように関わっていくのかが楽しみになるような映画でした。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の口コミ・評判

まとめ

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』のネタバレあらすじや感想、評判をお伝えしました。

関連記事

毎年GWに話題になる恒例の大人気アニメ映画、劇場版「名探偵コナン」シリーズは、映画の公開に合わせて期間限定で過去作を動画配信しています。 劇場版「名探偵コナン」シリーズが観られるおすすめの動画配信サービスをお伝えします。 […]

IMG

 

【スポンサーリンク】