ドラマ『ハルカの光』の再放送と見逃し動画配信を無料視聴する方法!

2021年2月8日(月)から、NHK Eテレでドラマ『ハルカの光』が放送されます。

2011年3月11日に起きた東日本大震災から10年。

NHKでは、「あの日、そして明日へ ~それぞれの3654日~」と題し、東日本大震災をテーマにした番組が多数放送されます。

『ハルカの光』の他、『あなたのそばで明日が笑う』『ドラマ 星影のワルツ』『ペペロンチーノ』などの関連ドラマが放送されます。

ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で向田邦子賞を受賞した脚本家・矢島弘一さんのオリジナル作品です。

東日本大震災で家や多くの友人を失った女性・ハルカが、「名作照明」を集めたお店で働くことになり、お店を訪れる人たちとの出会いを通して、心の傷を乗り越え前を向いていく姿を描く、ユーモアとペーソス(哀愁)溢れる新感覚の文化教養×ドラマとのこと。

「名作照明」とは、主にヨーロッパで発展し、インテリアを超え芸術品の領域に達したといわれる照明のことで、日本でもその価値が注目されているそうです。

幸福度が高いといわれている北欧では、照明器具のデザインや光の質が尊重され、室内の光が幸せな暮らしための大事な要素となっています。

照明によって心が落ち着いたりしますもんね。

どんな照明が登場するのか興味津々です。

ドラマ『ハルカの光』の放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えします。

放送後、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『ハルカの光』の放送日と放送時間

『ハルカの光』は、2021年2月8日(月)から、NHK Eテレで放送されます。

<放送日時>

NHK Eテレ 毎週月曜夜7時25分〜(全5話)

  • 第1話 2021年2月8日(月) 19時25分 〜 19時50分
  • 第2話 2021年2月15日(月) 19時25分 〜 19時50分
  • 第3話 2021年2月22日(月) 19時25分 〜 19時50分
  • 第4話 2021年3月1日(月) 19時25分 〜 19時50分
  • 第5話(最終回) 2021年3月8日(月) 19時25分 〜 19時50分

ドラマ『ハルカの光』の再放送と見逃し動画配信は?

『ハルカの光』の再放送、再々放送が発表されました!

<再放送日時>

NHK Eテレ 毎週月曜夜7時25分〜(全5話)

  • 第1話 2021年3月6日(土) 16時00分 〜 16時25分
  • 第2話 2021年3月6日(土) 16時25分 〜 16時50分
  • 第3話 2021年3月7日(日) 16時00分 〜 16時25分
  • 第4話 2021年3月7日(日) 16時25分 〜 16時50分

<再々放送日時>

金曜日の夜と、水曜日の午前中に再々放送されます。

NHK Eテレ

  • 第1話 2021年5月28日(金) 22時30分 ~ 22時55分
  • 第2話 2021年6月4日(金) 22時30分 ~ 22時55分
  • 第3話 2021年6月11日(金) 22時30分 ~ 22時55分
  • 第4話 2021年6月18日(金) 22時30分 ~ 22時55分
  • 第5話(最終話) 2021年6月25日(金) 22時30分 ~ 22時55分

NHK Eテレ

  • 第1話 2021年6月2日(水) 10時25分 ~ 10時50分
  • 第2話 2021年6月9日(水) 10時25分 ~ 10時50分
  • 第3話 2021年6月16日(水) 10時25分 ~ 10時50分
  • 第4話 2021年6月23日(水) 10時25分 ~ 10時50分
  • 第5話(最終話) 2021年6月30日(水) 10時25分 ~ 10時50分

<見逃し配信>

放送後から7日間はNHK+で見逃し配信を行なっています。

放送から1週間限り視聴可能です!

ドラマ『ハルカの光』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『ハルカの光』は、NHKオンデマンドU-NEXTで配信されます。

※配信は放送翌日12時からの予定です。

NHKオンデマンドの配信作品すべてが見放題の「NHKまるごと見放題パック」(月額990円税込)、または単品レンタル(110円税込)で視聴可能です。

放送1週間後に単品レンタルが開始されます。

U-NEXTでは「NHKまるごと見放題パック」に追加登録することができます。

そして、このページのリンクからの申し込み限定で、無料体験登録時に1000ポイント(通常は600ポイント)がもらえるので、これを利用することで無料で「NHKまるごと見放題パック」に登録することができます。

他のNHKの作品も見るなら、単品レンタルよりも「NHKまるごと見放題パック」が断然お得です。

もちろんU-NEXTで配信されている多数の映画、ドラマ、アニメも見ることができます。

・U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメの見放題作品数No.1! 最新作も充実!

 

<映画>

  • ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
  • ワンダーウーマン 1984
  • 約束のネバーランド
  • パラサイト 半地下の家族
  • コンフィデンスマンJP プリンセス編
  • スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
  • ヲタクに恋は難しい
  • 1917
  • 犬鳴村
  • 天気の子

etc...

 

<ドラマ>

  • 大豆田とわ子と三人の元夫
  • #コールドゲーム
  • MIU404
  • 姉ちゃんの恋人
  • アレックス・ライダー(U-NEXTオリジナル)
  • 中学聖日記
  • おじさんはカワイイものがお好き。
  • おっさんずラブ
  • 奪い合い、冬

etc...

 

<韓流・アジアドラマも充実!U-NEXT独占配信作品多数!>

  • キム秘書はいったい、なぜ?(U-NEXT独占)
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun(U-NEXT独占見放題)
  • 時をかける愛(U-NEXT独占)
  • 彼女の私生活(U-NEXT独占)
  • Go!Go!シンデレラは片思い(U-NEXT独占)

etc...

  • 31日間無料でお試しできる!
  • このページのリンクからの申し込み限定で無料登録時に1000ポイントがもらえるので「NHKまるごと見放題パック」(990円税込)に無料で登録可能!
  • 映画・ドラマ・アニメの見放題作品数No.1! 最新作も充実!
  • アダルト作品も見放題!
  • 雑誌も読み放題!
  • 月額2,189円(税込)ですが、毎月1,200ポイントがもらえるので実質は安い!
  • レンタル・購入金額の最大40%がポイントで還元されるので見れば見るほどお得!
  • ポイントは映画館のチケットとも交換することができ、通常1,800円の映画館のチケットが実質900円で買える!
  • 最大4つのアカウントを作ることができるので、家族4人での利用なら一人当たり月約500円!
  • Wi-Fi環境でダウンロードしておけば通信料の心配なし!移動時間や待ち時間も楽しめます!
  • 人気アーティストのライブ配信(要別途料金)も強化拡大中!
 
31日間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

U-NEXTの口コミ・評判

ドラマ『ハルカの光』作品情報

作品情報

作品名

ハルカの光

矢島弘一
演出 松原弘志
長澤佳也
出演者 黒島結菜
古舘寛治
イッセー尾形
塩見三省
渡辺大知
駿河太郎
内田慈
緒川たまき
田牧そら
山下容莉枝
甲本雅裕
放送日 2021年2月8日 〜 3月8日(全5話)

脚本は、ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』『コウノドリ』(第2シリーズ)、『健康で文化的な最低限度の生活』などを手がけた矢島弘一さんのオリジナルです。

演出は、ドラマ『青い鳥』『美しい人』など数々のドラマタイトルバックや、ドキュメンタリー『RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅』などを手がけた松原弘志さん、
映画『風の電話』『春待つ僕ら』、ドラマ『ファイナルライフ―明日、君が消えても―』などのプロデューサーを務めた長澤佳也さん。

キャスト

  • 幸本 ハルカ(名作照明店「エクラ」で働く照明オタク。宮城県出身で、漁師の娘) ・・・ 黒島 結菜
  • 西谷 慎一(名作照明店「エクラ」店長) ・・・ 古舘 寛治
  • 幸本 有香(ハルカの母) ・・・ 山下 容莉枝
  • 10年前の幸本ハルカ ・・・ 田牧 そら

ゲスト

<第1話>

  • 岡林 一郎(老舗寿司屋の大将) ・・・ イッセー尾形

<第2話>

  • 古山 荘(大学教授) ・・・ 塩見 三省
  • 辰巳 良太郎(古山の元教え子) ・・・ 渡辺 大知

<第3話>

  • 左京 駿(プロボクサー) ・・・ 駿河 太郎
  • 横井 愛子(ジム会長の娘) ・・・ 内田 慈

<第4話>

  • 鈴川 茜(謎の客) ・・・ 緒川 たまき

<第5話>

  • 幸本 和也(ハルカの父) ・・・ 甲本 雅裕

あらすじ

宮城で漁師の娘として育ったハルカは、東日本大震災で家や多くの友人を失くしました。

冗談好きでいつも笑っていた母からも笑顔が消えてしまいました。

「私たちはなんで生き残ったんだろう…」

仮設住宅で悶々と暮らして1年が経ったある日、ハルカは、震災以来初めての漁から戻ってきた父の漁船が真っ暗な海に放った漁火の光に救われます。

やがて東京に出たハルカは、名作照明を集めた専門店で出会ったある光に心を奪われ、店番として働くことに。

照明なんてなんでもいいという客はお断り。

その代わり光を求める人には心から接客し、その人の苦悩を晴らし、人生を照明で豊かにすることに使命を感じていました。

店には毎日個性豊かな面々が訪れてきます。

照明オタクのハルカが照明の魅力を人々に伝え、その人たちにぴったりな照明を見繕う過程で、人々の人生に次々と「光」がもたらされていきます。

そしてハルカ自身もまた、数々の出会いを通して心の傷を乗り越え希望の光を見いだしていきます。

ドラマ『ハルカの光』各話のあらすじ、感想、評判

第1話

第1話のあらすじ
「一日中、光のことだけを考えていたい!」。

そんな照明オタクのハルカ(黒島結菜 )が働く名作照明店「エクラ」に、「電球を売れ 」と連呼する老舗寿司屋の大将・岡林一郎(イッセー尾形)がやってきます。

しかし、ハルカは「ここに単に電球を求めてやってくるなんて寿司屋でタピオカを頼むようなもの」だと大将を一蹴。

怒って帰ってしまった大将でしたが、数日後なぜか再び店を訪れます。

実は最近、女将(妻)が急逝して店が急に暗くなったところに電球まで切れてしまったと身の上を告白します。

そんな大将の目に留まったのは真鍮製のペンダントライトでした。

それは、フィンランドの建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルトが妻とともに作った作品でした。

アルヴァの妻アイノは55歳という若さで亡くなってしまったといいます。

この照明は、一枚の真鍮から作られており、使い込むほどに味が出てくる。広い面積を照らす照明ではないのに「人が集まる光」だとハルカは伝えます。

大将は試しに店でこの照明を点けてみることにしますが・・・

第1話の感想
めちゃくちゃ素敵なお店ですね。

ハルカは本当に幸せそうに仕事していて羨ましいです。

ハルカの説明を聞いていたら、モノの見方が変わりますね。

照明に限らず、こだわって選びたい気持ちが強くなりました。

穏やかでしっとりとしていて、心が落ち着くドラマですね。

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ
今日、ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)のもとに届けられたのはドイツで生まれたハート型の名作照明。

そのかわいらしさに舞い上がっているところに2人の客が訪れます。

年配の男性・古山(塩見三省)と息子ほどの年齢の青年・良太郎(渡辺大知)で、結婚記念の買い物だといいます。

ご両親にプレゼントとはなんと素敵な息子!とハルカは思いましたが、古山は気分を害したのか店を出て行ってしまいます。

良太郎が口にしたのは意外な事実でした。

第2話の感想
ピタゴラスイッチの曲、いいなぁ^^

すごいデザインの照明ですね!

芸術ですね!

人にも照明にもストーリーがあって興味深いです。

話しているときに周りがちゃんと聞いてくれているという空気が伝わってきてよかった。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ
店を訪ねてきたのはボクサー・左京(駿河太郎)。

たくましい身体と強そうなオーラにハルカ(黒島結菜)もポーッとしてしまいます。

照明に興味はないという左京でしたが、集中できない時はロウソクの火を見ながらひたすら打ち続けるといいます。

そんな左京の目に留まったのは彫刻家イサム・ノグチ作の名作照明。

ノグチの反骨精神に満ちた制作秘話を熱心に説明するハルカに励まされ、左京は「もう一度チャンピオンになる」と言って出て行きますが・・・

第3話の感想
オープニングが毎回違うおもしろい演出ですね。

いろんな人生があって、このお店や照明、ハルカとの出会いで前に進めるようになっていくのが素敵です。

いい仕事してますね。

ハルカの言葉に励まされます。

引き込まれるし、落ち着くドラマです。

演出やセリフが繊細で丁寧だと感じます。

ハルカがイヤリングを取ったところが印象的でした。

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ
ハルカ(黒島結菜)がエクラで働くきっかけとなったのは、ある照明との運命的な出会いでした。

思い出に浸るハルカの目前に現れたのは「人はいつも光を求めている」という西谷(古館寛治)の決まり文句をそらんじる謎めいた女性(緒川たまき)。

彼女は、照明を「この子」と呼び、店内の名作照明について熱く語った挙句、「私に似合う照明を教えて」とハルカに言います。

なんでも大切な人が「光に奪われた」らしいのですが・・・

第4話の感想
レトロ映画みたいでしたね。

茜役の緒川たまきさんも、往年の女優のようで素敵すぎました。

こんなゆったりとした時間と空間、最高ですね。

古舘寛治さん、ギターも歌も上手い!

第4話の口コミ・評判

第5話(最終回)

第5話のあらすじ
ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)がとある名作照明を眺めていると、挙動不審な男が・・・

東北からやってきたハルカの父・和也(甲本雅裕)でした。

漁師をしている和也は震災以来ギクシャクしていた妻・有香(山下容莉枝)とハルカの関係をなんとか取り持とうとしていました。

和也は、思い切って新しい家を建てようと思っていること、そこにハルカの存在を感じられる照明が欲しいと母さんが言っていることをハルカに伝えます。

第5話の感想
照明のようにただそこにいて寄り添ってくれる控えめな優しさを感じる素敵なドラマでした。

ドラマを見ている間、心が落ち着いて、本当にいい時間を過ごせました。

照明を始め、丁寧な暮らしをして、小さな幸せを大切に感じて生きていきたいと思いました。

第5話の口コミ・評判

まとめ

ドラマ『ハルカの光』の放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報、感想や評判をお伝えしました。

暗い雰囲気の今を照らしてくれるような温かいドラマです。

【スポンサーリンク】