ドラマ『キミはロボット』(キミロボ)が視聴できる動画配信サービスは?感想や評判も

恋の相手はロボット!?

まさかの設定で周囲を驚かせた『キミはロボット』。

主演のソ・ガンジュンが心優しい人工知能ロボットと、わがままな財閥御曹司という1人2役に挑戦したことで話題となりました。

このドラマは企画で2年を費やし、制作費は約100億ウォン(約10億円)以上、リアルなCGや迫力のあるアクションシーン、チェコでの海外ロケシーンなど、細部にまでこだわっており、見応え抜群です。

PKグループの総括理事に息子をとられたロボット人工知能研究者ロラ。

その1年後にチェコで愛おしい息子そっくりの人工知能ロボット、ナム・シンⅠを完成させ、更に研究を重ねて7年後にはより高性能なナム・シンⅢを完成させます。

一方、ソウルで暮らす本物のシンはPKグループの本部長となり、好き勝手暮らしていました。

そんなシンの警護員として働いているソボン。

決して出会ってはいけない、人間シンと人工知能ロボット、ナム・シンⅢが出会ってしまったことで、3人の運命が大きく動き出します。

ロボットと人間、2人の恋の行方が気になるファンタジーラブストーリーです。

ドラマ『キミはロボット』が視聴できる動画配信サービスや、作品情報、感想・見どころをお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『キミはロボット』が視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『キミはロボット』が観られる動画配信サービスはこちら。(※2021年1月現在)

  配信状況 無料期間
U-NEXT

31日間
Hulu × 2週間

TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCAS

○ ※DVD宅配レンタル

30日間
Amazon プライム × 30日間
FOD プレミアム 2週間
dTV 31日間
Paravi ×

2週間

music.jp

30日間

Netflix ×

ABEMA プレミアム ×

2週間

TELASA

15日間

○ = 見放題作品 △ = 有料レンタル作品 × = 未配信

※配信状況は日々変わりますので、最新の配信状況は各動画配信サービスでご確認ください。

ドラマ『キミはロボット』は、TSUTAYA TVで独占見放題配信されています!

TSUTAYA DISCASはTSUTAYA TVとのセットで、初回30日間の無料体験が利用できます。

『キミはロボット』も無料で見ることができます。

  • TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASとのセットで、初回30日間無料体験できる!
  • 無料体験登録時にもらえる動画ポイント(1,100ポイント)を利用することで新作も無料で観られる!
  • TSUTAYA DISCASは、DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスなので、どの動画配信サービスでも配信されていない作品も観られます! ※無料体験期間は旧作のみレンタル可能
  • 返却はポストに投函でOK!
  • Blu-rayには動画配信サービスでは観られない特典映像が収録されている作品もあります。

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

ドラマ『キミはロボット』の作品情報

作品情報

作品名

キミはロボット

原題

너도 인간이니?

演出

チャ・ヨンフン
ユン・ジョンホ

脚本

チョ・ジョンジュ

制作局

KBS

主な出演者

ソ・ガンジュン
コン・スンヨン
イ・ジュニョク(イ・ジュンヒョク)
パク・ファニ(パク・ファンヒ)
キム・ソンリョン

放送年

2018年 

2018年KBS演技大賞では主演2人のベストカップル賞を受賞しました。

また、OSTには主演のソ・ガンジュンが参加したことも話題になりました。

キャスト

  • ナム・シンⅢ(人工知能ロボット。偽のシン) ・・・ ソ・ガンジュン
  • ナム・シン(PKグループの御曹司で本部長) ・・・ ソ・ガンジュン
  • カン・ソボン(元格闘技選手。シンの警備員) ・・・ コン・スンヨン
  • チ・ヨンフン(シンの友人で秘書) ・・・ イ・ジュニョク
  • ソ・イエナ(ソ専務の娘。PKグループ会長の広報チーム長) ・・・ パク・ファニ
  • オ・ローラ(シンの母。シンⅢの開発者) ・・・ キム・ソンリョン

あらすじ

1997年、天才ロボット人工知能研究者オ・ローラは、チェコから一人息子のナム・シンを連れて韓国に一時帰国した際、PKグループの総括理事ソ・ジョンギルより、グループの後継者であった夫の死亡を伝えられます。

更に、グループの跡継ぎにするためだからと、ローラとシンは引き離されてしまいます。

悲しみに暮れるローラは、自らのロボット技術を用いて、シンにそっくりの人工知能ロボット、ナム・シンを完成させ、2015年にはシンの成長した姿である、ナム・シンⅢを誕生させました。

2018年、ソウルで暮らす本物のナム・シンはPKグループの本部長となり、わがまま放題で好き勝手する問題児に成長していました。

そんなシンの警護を担当するカン・ソボンは、金儲けのためパパラッチと手を組み、シンの恋人の盗撮を企みます。

そんな中、自分の母親を探すため、チェコへと向かったシンでしたが、事故に遭い意識不明となってしまいます。

これは事故ではなく、後継者の座を狙ったジョンギルの仕業だと直感したローラは、息子のシンを守るため、ナム・シンⅢをシンの代わりとしてソウルに送り込むことを決めます。

交わるはずのなかった、シンとナム・シンⅢ。

突然ロボットの警護をすることになったソボン。

3人の運命が動き始めます。

ドラマ『キミはロボット』の感想・見どころ

韓国ドラマの王道ともいえる、ファンタジーな設定のラブストーリーなのですが、このドラマの恋のお相手はまさかの人工知能ロボット。

どうやってロボットと恋をするのか、ロボットを好きになることなんてできるのか、と不思議でたまらず見始めたのですが、ロボットだということを忘れて速攻で好きになりました。

なんといっても優しい笑顔、人間離れした(人間ではないので当たり前なのですが・・・)パワーと能力でかっこよく助けてくれる姿に胸キュンせずにはいられません。

このドラマを見て、こんなロボット欲しい、と思わない人はいないと思います。

このドラマの大きな見どころは、1人2役を演じたソ・ガンジュンの演技力の高さです。

人間であるシンの冷徹さや身勝手さ、人工知能ロボットの優しいナム・シンⅢという対照的な2人を見事に演じ分けていて、引き込まれてしまいました。

後継者争いが物語の主軸となっているので、どうなってしまうのかとハラハラしてしまう場面も多いですが、ナム・シンⅢとソボンのピュアな恋を見届けていただきたいです 。

ドラマ『キミはロボット』の口コミ・評判

いろいろなソ・ガンジュンを堪能できるオススメドラマ

  • 第3の魅力
  • タンタラ
  • 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
  • ずる賢いバツイチの恋

『第3の魅力』では刑事、『タンタラ』ではギタリスト、『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』では元ピアニストのニート、『ずる賢いバツイチの恋』では明るくポジティブな若き御曹司を演じています。

この中で特にオススメしたいのは、『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』です。

ソ・ガンジュンはいつもヒロインをそばで見守り、いざという時は助けてくれる優しい元ピアニストのニート、イノを演じており、恋の三角関係にも大きく関わっています。

心のオアシスのような安らぎをくれる彼に胸キュン必須です。

まとめ

ドラマ『キミはロボット』が視聴できる動画配信サービスや、作品情報、感想・見どころをお伝えしました。

冷徹な人間と、心優しい人工知能ロボットという正反対の2人を1人2役で演じたソ・ガンジュンの演技力は圧巻です。

人工知能ロボットと人間のピュアなラブストーリーという、ファンタジーすぎる設定ですが、こんなロボットほしい、と思ってしまうほど素敵なナム・シンⅢをみなさんにも堪能してほしいと思います。

胸キュンしたい方におすすめのドラマです。

【スポンサーリンク】