ドラマ『3Bの恋人』の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2021年1月9日深夜から、ドラマ『3Bの恋人〜絶対に付き合ってはいけない男たちとの危険な恋物語〜』が放送スタート!

原作は、電子コミックサービス「LINEマンガ」のオリジナル作品で累計900万PVを突破した人気漫画『3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~』(原作:LINEマンガ・朝日放送テレビ 漫画:横山もよ)。

男を信用できない主人公と、彼氏にしてはいけない男子の職業といわれる3B(バンドマン・美容師・バーテンダー)男子たちとの危険な恋愛を描いたドラマです。

ドラマ『3Bの恋人』の見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報を紹介します。

あらすじ、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『3Bの恋人』の放送局、放送日時

テレビ朝日

  • 2021年1月9日(土)スタート 毎週土曜深夜26時30分~

ABCテレビ

  • 2021年1月10日(日)スタート 毎週日曜23時25分~

静岡朝日テレビ

  • 2021年1月15日(金)スタート 毎週金曜深夜24時50分~

瀬戸内海放送

  • 2021年1月20日(水)スタート 毎週水曜深夜24時55分~

北陸朝日放送

  • 2021年1月24日(日)スタート 毎週日曜深夜24時20分~

山形テレビ

  • 2021年1月31日(日)スタート 毎週日曜深夜24時25分~

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『3Bの恋人』の見逃し配信は?

『3Bの恋人』は、ABCテレビでの放送後、TVer、GYAO!で見逃し配信されます。

 

ドラマ『3Bの恋人』を無料視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『3Bの恋人』は、放送終了翌日の1月11日からU-NEXTで独占配信されます。

 

U-NEXTは、31日間の無料体験ができます!

U-NEXTは、他の動画配信サービスよりも配信作品が充実しており、無料体験期間も長いので他の作品もたくさん楽しめます!

・U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメの見放題作品数No.1! 最新作も充実!

 

<映画>

  • ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
  • ワンダーウーマン 1984
  • 約束のネバーランド
  • パラサイト 半地下の家族
  • コンフィデンスマンJP プリンセス編
  • スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
  • ヲタクに恋は難しい
  • 1917
  • 犬鳴村
  • 天気の子

etc...

 

<ドラマ>

  • 大豆田とわ子と三人の元夫
  • #コールドゲーム
  • MIU404
  • 姉ちゃんの恋人
  • アレックス・ライダー(U-NEXTオリジナル)
  • 中学聖日記
  • おじさんはカワイイものがお好き。
  • おっさんずラブ
  • 奪い合い、冬

etc...

 

<韓流・アジアドラマも充実!U-NEXT独占配信作品多数!>

  • キム秘書はいったい、なぜ?(U-NEXT独占)
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun(U-NEXT独占見放題)
  • 時をかける愛(U-NEXT独占)
  • 彼女の私生活(U-NEXT独占)
  • Go!Go!シンデレラは片思い(U-NEXT独占)

etc...

  • 31日間無料でお試しできる!
  • 無料お試し特典として600ポイントがもらえるので、レンタル作品も無料で観られる!
  • 映画・ドラマ・アニメの見放題作品数No.1! 最新作も充実!
  • アダルト作品も見放題!
  • 雑誌も読み放題!
  • 月額2,189円(税込)ですが、毎月1,200ポイントがもらえるので実質は安い!
  • レンタル・購入金額の最大40%がポイントで還元されるので見れば見るほどお得!
  • ポイントは映画館のチケットとも交換することができ、通常1,800円の映画館のチケットが実質900円で買える!
  • 最大4つのアカウントを作ることができるので、家族4人での利用なら一人当たり月約550円!
  • Wi-Fi環境でダウンロードしておけば通信料の心配なし!移動時間や待ち時間も楽しめます!
  • 人気アーティストのライブ配信(要別途料金)も強化拡大中!

 

31日間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。

U-NEXTの口コミ・評判

ドラマ『3Bの恋人』作品情報

作品情報

作品名

3Bの恋人
原作 原作:LINEマンガ・朝日放送テレビ 漫画:横山もよ『3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~』
脚本 政池洋佑
藤原珠恵
監督 瀧悠輔
的場政行
高杉考宏
主な出演者 馬場ふみか
神谷健太
HIROSHI(FIVE NEW OLD)
八木アリサ
みひろ
田村健太郎
永尾まりや
前山剛久
井上苑子
白川和子
桜田通
音楽 TAKE(FLOW)
主題歌 FIVE NEW OLD『Hallelujah』
放送期間 2021年1月9日(深夜) 〜 3月13日(深夜)

原作は、電子コミックサービス「LINEマンガ」のオリジナル作品で累計900万PVを突破した人気漫画『3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~』(原作:LINEマンガ・朝日放送テレビ 漫画:横山もよ)。

男を信用できない主人公と、付き合ってはいけない男子の職業といわれる3B(バンドマン・美容師・バーテンダー)男子たちとの危険な恋愛を描いたドラマです。

ドラマと漫画でそれぞれ違った展開になるとのこと。

脚本は、ドラマ『ゲキカラドウ』『江戸モアゼル』『レンタルなんもしない人』『ミス・シャーロック』などを手がけた政池洋佑さん、
演劇ユニット兎座のメンバーで、舞台プロデューサーの藤原珠恵さん。

監督は、ドラマ『LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~』『わたし旦那をシェアしてた』『ミス・シャーロック』などを手がけた瀧悠輔さん、
ドラマ『大阪環状線』シリーズ、『銀座黒猫物語』『カカフカカ―こじらせ大人のシェアハウス―』などを手がけた的場政行さん、
映画『走れ!T校バスケット部』『honey』などで助監督を務めた高杉考宏さん。

音楽は、ロックバンドFLOWのギター、TAKEさんが担当しています。

主題歌は、FIVE NEW OLDが書き下ろした『Hallelujah』。

キャスト

  • はる/小林はる(トリマー) ・・・ 馬場ふみか
  • ユウ/雨宮悠宇(人気上昇中のバンド「Beyond Brooklyn」のボーカル。作詞・作曲担当) ・・・ 神谷健太
  • 慎太郎/上野慎太郎(美容師。スタイリストを目指し修行中のアシスタント) ・・・ HIROSHI(FIVE NEW OLD)
  • ヨシ/南世志(バーテンダー) ・・・ 桜田通
  • 麻美/山村麻美(はるの職場の先輩) ・・・ 八木アリサ
  • 杉崎(謎の美魔女。はるが勤めるペットサロンの常連客) ・・・ みひろ
  • 遠山大輔(はるの元婚約者) ・・・ 田村健太郎
  • 香奈(ユウと深い関係?元恋人?) ・・・ 永尾まりや
  • 達也(バンド「Beyond Brooklyn」のリーダー) ・・・ 前山剛久
  • 謎の美女(ヨシと深い関係?ヨシのことが好き?) ・・・ 井上苑子
  • 富江(はるのおばあちゃん) ・・・ 白川和子

ドラマ『3Bの恋人』のあらすじ、感想、評判

第1話

第1話のあらすじ
トリマーとして働く小林はる(馬場ふみか)は、ウェディングドレスを試着中に、2年間付き合っていた彼氏が既婚者で子持ちであることを知り、それ以来、恋愛に臆病になっていました。

そんなある日、ペットサロンの常連マダム・杉崎(みひろ)から「はるちゃん、今、空前のモテ期に入ってるわよ。この3か月が勝負ね」と予言されます。

その直後、犬を連れた若い男性が来店。

その男性、美容師の慎太郎(HIROSHI)はとても気さくで、はるは彼と犬の様子を微笑ましく見守ります。

仕事終わり、「どうせヒマでしょ」と職場の先輩・麻美(八木アリサ)に誘われ、とあるBarへ。

バーテンダーのヨシ(桜田通)は、いきなり、はるの心を見抜いたスペシャルカクテルを出し、戸惑わせます。

さらに、ボーカルがイケメンで最近人気急上昇中のバンド「Beyond Brooklyn」のMVを見ていると、「俺のファンなの?」と、なんと「Beyond Brooklyn」のボーカル、ユウ(神谷健太)本人が目の前に現れ・・・!

こうして絶対に付き合ってはいけない3Bと出会ってしまったはる。

自宅に戻ると、まさかの事態が待ち受けていました。

第1話の感想
なんじゃこりゃあw

こんな展開あるかーw

思わず叫んでしまいました。

そして、おばあちゃん、フォロワー100万人w

ここまでぶっ飛んでると清々しいですね。

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ
自宅アパートが全焼してしまった小林はる(馬場ふみか)は、祖母・富江のもとを訪ねました。

しかし、「彼氏と旅行に出かける」という理由で、反対に3か月間、シェアハウスの大家を任されることになってしまいました。

そこには、はるが直前に出会っていた、バンドマンのユウ(神谷健太)、美容師の慎太郎(HIROSHI)、バーテンダーのヨシ(桜田通)ら3Bたちが住んでいました。

「もしかしてモテ期の始まり!?」と、イケメン3Bとの共同生活に、ニヤニヤしてしまうはるでしたが、彼らはそれぞれの女を連れ込み、ユウは朝から爆音でギターをかき鳴らすなど、やりたい放題でした。

さらに3Bたちは入居以来、一度も家賃を払っていないことが分かり・・・

そんな中、はるが頑張った自分へのご褒美として、毎日風呂上がりに食べるのを楽しみにしているアイスが冷凍庫から消えており、はるの怒りが爆発します。

第2話の感想
クズすぎて、マジでムカつく!

3Bとか関係ないやろ、真面目に生きてる3Bの人たちに失礼やわ!

イケメンだから許されて生きてきたのか。

アイス返して謝ったらギャップでいいと思われるのか。

最初から人のアイスを食べたりしない男の方がいいやろ。

てか、滞納分も家賃払え!

こんな奴らと同居するなんて1秒も耐えられん。

はるは優しすぎるわ。

はるがこれからもっとガツンとやってくれることを期待します。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ
イケメン美容師の慎太郎(HIROSHI)に誘われ、ごはんデートに出かけるはる(馬場ふみか)。

「一流料理人の店、予約しておいたよ」という慎太郎に、はるの心は浮き立つが、着いたのは予想外の店で、慎太郎が勧める裏メニューに驚きます。

店でのふるまいを見た慎太郎から、「はるさんは本当に心が美人だな」と言われ、照れるはる。

そんな2人の姿を遠くから1人の女が見つめていました。

後日、はるがSNSを開くとDMが届いており、そこには、はるへの誹謗中傷と、「慎太郎くんは私のもの」というメッセージが記されていました。

夜、はるがユウとリビングにいると、玄関のインターフォンが鳴り、「これ以上、慎太郎君に近づくと殺すから」というDMがはるのスマホに届きます。

部屋の電気が落ち、怯えるはるをバンドマンのユウ(神谷健太)が抱き寄せます。

第3話の感想
ペットサロンのドアチャイムの音、変なのw

今回もいろいろとモヤモヤしましたが、はるがバシッと決めてくれて、まあいいかという感じです。

はるはしっかりしていて優しくて料理も作れて、めちゃくちゃモテますね。

でも3人のうちの誰かのものにはならないな。

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ
「今から付き合えよ」と、はる(馬場ふみか)の手をつかみ、公園に連れて行ったユウ(神谷健太)は、自身がボーカルを務めるバンド「Beyond Brooklyn」の初ワンマンライブのチケットを渡します。

その話を聞いた職場の先輩・麻美(八木アリサ)は「完全に騙されてる!ライブ会場で、白シャツにスカート、5㎝以上のヒール履いてる女は、全員ボーカルの女」と断言。

はるは麻美の偏見と思いますが、実際にライブ会場を訪れると、白シャツ、スカート、5㎝以上のヒールの女が何人もいて・・・!?

ライブ終了後、白シャツ、スカート、ヒールの女の1人・香奈(永尾まりや)が、はるに近づき、「次はこんなタイプか」と吐き捨てます。

ユウは曲作りのために毎回違うタイプの女を選ぶというのです。

その夜、暗い表情でバーを訪れたはるに、バーテンダーのヨシ(桜田通)は・・・

第4話の感想
イケメンならダメ男でもモテるというのは理解できるけど受け入れられない。

はるがダメ男に対しても優しくてモヤモヤします。

あんなやつらにご飯作ってあげる必要ない!

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ
はる(馬場ふみか)は、新作カクテルを試飲してほしいとヨシ(桜田通)からバーに誘われました。

ペットサロンの先輩・麻美(八木アリサ)は、「絶対に行っちゃダメ」と猛反対。

麻美によれば、バーテンダーは“この世で最も聞き上手な生命体”で、バーは女にとって金も心も奪われる“底なし沼”だといいます。

さらにサロンの常連マダム・杉崎(みひろ)は、ヨシがバツイチだといいます。

すると麻美はヨシの離婚理由を店に連れ込んだ若い女との浮気だと決めつけます。

そんな中、ヨシと謎の美女(井上苑子)が仲良くシェアハウスから出ていくのを目撃するはる。

はるは以前、ヨシと謎の美女がキスをしているのも見かけていました。

「完全に彼女じゃん…」と思ったはるは、ヨシに新作カクテルの試飲はやめておくと告げます。

翌日、はるがサロンで働いていると、あの謎の美女がペットを連れてやってきて・・・

第5話の感想
今回はそんなにモヤモヤせずに見られました^^;

あーあ、みんなはるのことが好きになっていく^^;

男3人のやりとりはバカで微笑ましいです^^

でも、はるのこと取り合いになったら3人の仲はどうなってしまうんだろう。

第5話の口コミ・評判

第6話

第6話のあらすじ
ある朝、風邪のような症状を感じ、寝込んでしまったはる(馬場ふみか)。

バーテンダーのヨシ(桜田通)がはるにキスするのを見ていた美容師の慎太郎(HIROSHI)は、「ヨシさんのせい」と非難します。

「僕、はるさんの事、好きなんです」と、ヨシとバンドマンのユウ(神谷健太)の前で宣言し、甲斐甲斐しくはるを看病します。

慎太郎が仕事に出かけた後、ヨシがはるにおかゆを食べさせていると、ユウが現れ「一番効く薬」を買ってきたと言いますが、はるが中を確認すると・・・!?

はるを想い、部屋で曲を作り始めるユウ。

大音量でかき鳴らすギターを「あの音も薬なんだ」と言い張るユウでしたが、はるにはギターの音がうるさく、体調が悪化していきます。

さらにヨシがはるにキスしたことを巡り、リビングで言い争う3Bたち。

もうろうとしながらやって来たはるは、3Bたちの前で倒れ・・・

第6話の感想
今回もモヤモヤしたわ〜^^;

この3人のどこがいいのか。

悪い人たちではないけど、しっかりしてないのが嫌です。

枝豆って・・・

改めて、料理できるというのは、性別関係なくかなりポイント高いと思いました。

第6話の口コミ・評判

第7話

第7話のあらすじ
病院からの帰り道、かつての恋人・大輔にそっくりな男マコト(田村健太郎)と出会い、固まってしまうはる(馬場ふみか)。

お芝居をやっているというマコトは、はるに公演のチラシを渡すが、二人はその後、2度も街で出会います。

マコトに「初めて会った時からずっとあなたの事を考えていた」と告白され、ラインIDを渡されるはる。

話を聞いた職場の先輩・麻美(八木アリサ)は、舞台役者は「3Bに並ぶ、付き合ってはいけない4B目」と警告。

その理由を3B同様にお金がない上、やたらと酒を飲み、大体の奴は借金しているからだと説明します。

そんな麻美の忠告を無視し、マコトがリサイクルショップで小道具を選ぶのに同行するはる。

居酒屋に行き、マコトの身の上話を聞いていると、「俺、もっとはるちゃんの事知りたい」と言われ・・・

第8話

第8話のあらすじ
「劇場費が払えず、公演が中止になってしまうかも知れない」という、舞台役者で劇団を主宰するマコト(田村健太郎)からのラインを見て、家を飛び出していくはる(馬場ふみか)。

一方、レコード会社に出向いたユウ(神谷健太)は、女性プロデューサーから明日の17時、会長にデビュー曲の候補を聴かせたいと言われ、制作中の曲を仕上げてくることを約束。

稽古場に到着したはるは、現金が入った封筒をマコトに渡します。

マコトは「公演が終わったら必ず返す」と言い、はるを抱き寄せますが、そんな2人をたまたま通りかかったユウが見てしまい・・・

翌朝、メジャーデビューが決まるかも知れないと話すユウを励まし、出かけていくはる。

その様子を見た慎太郎(HIROSHI)は嫌な予感がすると心配。

職場に着いたはるは、マコトに送ったラインが既読になっていない事に不安を覚えます。

第8話の感想
はる、絶対わかってたのに、バカやなぁ。

ユウもバカやなぁ。

でも、好きな女性のためだったら、そうしてしまうよなぁ。

ドラマは、こんな時に限って大事なことが重なりがちですよね^^;

いつもと違うモヤモヤでした^^;

「僕じゃダメですか」はうまくいかないセリフですよね・・・

LINEグループ名「with はる」、いいですね^^

第8話の口コミ・評判

第9話

第9話のあらすじ
舞台役者のマコト(田村健太郎)との騒動があった後、慎太郎(HIROSHI)とヨシ(桜田通)から告白されたはる(馬場ふみか)は、なかなか寝付けず、翌朝、仕事に遅刻してしまいます。

一方、はるを助けるためにレコード会社との約束をすっぽかしたユウ(神谷健太)は、その日以来、シェアハウスに帰ってきていませんでした。

心配したはるがユウの部屋を覗くと、部屋は荒れギターは置きっぱなし、新曲の楽譜も破られていました。

驚いたはるはユウにLINEを送りますが・・・

後日、ユウのバンド「Beyond Brooklyn」のメンバーがいる音楽スタジオを訪ねたはるは、リーダーの達也(前山剛久)から、ユウが約束をすっぽかしたためにメジャーデビューの話が消え、バンドも解散したと聞きます。

はるはユウを許してあげてほしいと懇願しますが、達也は「もう、今のユウとは一緒に走れない」と告げます。

第9話の感想
はる、ユウを選ぶの!?

自分のために夢だったバンドを失ったというのは、はるにとって大きいでしょうね。

告白して仕事もステップアップした慎太郎やヨシより、何もなくなってしまったユウが選ばれるという展開か?

誰も選ばないと思っていましたが・・・

第9話の口コミ・評判

第10話(最終回)

第10話のあらすじ
「今までの幸せなんか、幸せじゃなかったんだって思うぐらい、幸せにする」

ヨシ(桜田通)は、オーナーから任されることになったバーで、はる(馬場ふみか)を抱き寄せました。

その時、入ってきたユウ(神谷健太)は、抱き合う二人を見て、気まずそうに出ていってしまいます。

そんなユウを追いかけバーを飛び出したはるは、ユウにバンドを解散して後悔しないのかと諭します。

その夜、久しぶりにシェアハウスに戻ってきたユウに、はるに振られたことを話す慎太郎(HIROSHI)。

一方、ヨシは、店がオープンする初日には必ず来てほしいとはるに告げます。

そんな中、「Beyond Brooklyn」に復帰したユウは急遽、ライブで新曲を披露することになったから来いとはるにチケットを渡しますが、その夜はヨシのバーのオープン日でした。

第10話の感想
やっぱり誰も選ばなかったか〜

3人ともはるを好きになって、誰も選ばれなくて、でもみんな仲良しなままなのはいいな。

さっぱりしていていい。

見ていてイライラしたこともありましたが、最後はよかったかな。

とにかく家賃払え!

第10話の口コミ・評判

まとめ

ドラマ『3Bの恋人〜絶対に付き合ってはいけない男たちとの危険な恋物語〜』の見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報、感想、評判をお伝えしました。。

【スポンサーリンク】