ドラマ『ルパンの娘2』(2020)の見逃し配信動画を無料視聴する方法!前作『ルパンの娘1』(2019)も!

2020年10月15日木曜夜10時から、『ルパンの娘』第2シーズンが放送スタートします。

2019年7月〜9月に放送された『ルパンの娘』の続編です。

運命的な出会いから結ばれた、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)のその後が描かれます。

ホームドラマ、ラブコメディ、アクション、ミュージカルなど、様々なエンターテインメントを詰め込んだ楽しいドラマです。

ドラマ『ルパンの娘2』の見逃し配信情報や作品情報をお伝えします。

また、あらすじ、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『ルパンの娘2』の放送日・放送時間は?

『ルパンの娘』第2シリーズは、フジテレビ系列、木曜夜10時からの「木曜劇場」枠で放送されます。

<放送日時>

  • 第1話 2020年10月15日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第2話 2020年10月22日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第3話 2020年10月29日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第4話 2020年11月5日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第5話 2020年11月12日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第6話 2020年11月19日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第7話 2020年11月26日(木)22時00分 〜 22時54分
  • 第8話 2020年12月3日(木)22時00分 〜 22時54分
  • スペシャルエピソード 2020年12月10日(木)22時00分 〜 22時54分

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『ルパンの娘2』の見逃し配信を無料視聴する方法

『ルパンの娘』第2シリーズは、TVer、FODで見逃し配信されます。

最新話の放送から1週間限り視聴可能です!
 

TVerは、8つの民法(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、テレビ東京、MBSテレビ、読売テレビ、ABC朝日放送)が連携した動画配信サービスです。

最新話が放送直後から1週間限り、無料で視聴することができます。

見逃してしまった方、録画し忘れたという方に嬉しいサービスです。

無料で視聴できますが、途中でCMが入ります。

ドラマ『ルパンの娘2』(2020)・『ルパンの娘1』(2019)を無料視聴できる動画配信サービスは?

『ルパンの娘』第2シリーズは、FODプレミアムで配信されます。

最新話の放送から1週間は無料で見逃し配信もされています。

『ルパンの娘』第2シリーズ(2020)、『ルパンの娘』第1シリーズ(2019)の動画配信状況はこちら。(2020年10月現在)

  『ルパンの娘2』配信状況 『ルパンの娘1』配信状況 無料期間
U-NEXT × × 31日間
Hulu × × 2週間
TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル) × 30日間
Amazon プライム × × 30日間
FOD プレミアム 2週間
dTV × × 31日間
Paravi × ×

2週間

music.jp × ×

なし

○ = 見放題作品 △ = レンタル作品 × = 未配信

※配信状況は日々変わりますので、最新の配信状況は各動画配信サービスでご確認ください。

『ルパンの娘』を見るならFODプレミアムです。

初回2週間の無料体験が利用でき、『ルパンの娘』第2シリーズ(2020)、『ルパンの娘』第1シリーズ(2019)が見放題配信されています!

※無料体験はAmazon Pay・クレジットカード決済を選択した方限定です。

  • SUITS / スーツ
  • コンフィデンスマンJP
  • デート~恋とはどんなものかしら~
  • 水球ヤンキース
  • 東京ラブストーリー
  • 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~
  • ディア・シスター
  • 結婚できない男
  • まだ結婚できない男
  • 絶対零度
  • 10の秘密 
  • リカ
  • 白い巨塔
  • 北の国から
  • リッチマン、プアウーマン

など、他にも多数の作品を見ることができます!

ジャニーズのドキュメンタリー『RIDE ON TIME ライドオンタイム』や、恋愛リアリティ番組『テラスハウス』『あいのり』、アニメ『ワンピース』などの人気番組も配信しています。

超おすすめのスペシャルドラマ、『教場』や『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』を観ていない方もぜひ!

<2週間の無料体験キャンペーン中!>

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。
※無料体験はAmazon Pay・クレジットカード決済を選択した方限定です。
 

ドラマ『ルパンの娘2』作品情報

作品情報

作品名 ルパンの娘(第2シリーズ) ルパンの娘(第1シリーズ)
原作 横関大 『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』 横関大 『ルパンの娘』
演出 武内英樹
洞功二
武内英樹
品田俊介
洞功二
脚本 徳永友一 徳永友一
主な出演者

深田恭子
瀬戸康史
小沢真珠
栗原類
どんぐり
加藤諒
大貫勇輔
信太昌之
マルシア
さとうほなみ
藤岡弘、
麿赤兒
渡部篤郎

橋本環奈
松尾諭
我修院達也

深田恭子
瀬戸康史
小沢真珠
栗原類
どんぐり
加藤諒
大貫勇輔
信太昌之
マルシア
さとうほなみ
藤岡弘、
麿赤兒
渡部篤郎

音楽 Face 2 fAKE Face 2 fAKE
主題歌・エンディング サカナクション『モス』

サカナクション『モス』

放送期間 2020年10月15日 〜  2019年7月11日 〜 9月26日

原作は、横関大さんの小説『ルパンの娘』シリーズ。

ドラマ『ルパンの娘』第1シリーズは、第1作『ルパンの娘』を原作とし、ドラマ『ルパンの娘』第2シリーズは、 第1作『ルパンの娘』、第2作『ルパンの帰還』、第3作『ホームズの娘』を原作としています。

第1シリーズで運命的な出会いから結ばれ、夢の新婚生活を始めた、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)のその後が描かれます。

大きな盗みのターゲットを発見したLの一族が本格的に活動を再開します。

スタッフ・キャストは第1シリーズから続投します。

脚本は、ドラマ『僕たちがやりました』『海月姫』『グッド・ドクター』『ストロベリーナイト・サーガ』、映画『翔んで埼玉』『カイジ ファイナルゲーム』などを手がけた徳永友一さん。

演出は、ドラマ『のだめカンタービレ』『デート〜恋とはどんなものかしら〜』、映画『『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』などを手がけた武内英樹さん、ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』『デート ~恋とはどんなものかしら~』、映画『テルマエ・ロマエ』などを手がけた洞功二さん。

音楽は、ドラマ『全開ガール』『ストロベリーナイト・サーガ』、映画『翔んで埼玉』などを手がけ、多くのアーティストに楽曲提供しているFace 2 fAKE。

主題歌も、第1シリーズと同じくサカナクション『モス』。

キャスト

<Lの一族>

  • 三雲 華(図書館司書) ・・・ 深田恭子
  • 三雲 尊(華の父。美術品専門の泥棒) ・・・ 渡部篤郎
  • 三雲 悦子(華の母。宝飾品専門の泥棒) ・・・ 小沢真珠
  • 三雲 渉(華の兄。引きこもりハッカー) ・・・ 栗原類
  • 三雲 マツ(華の祖母。伝説の鍵師) ・・・ どんぐり
  • 三雲 巌(華の祖父。伝説のスリ師) ・・・ 麿赤兒
  • 三雲杏(華と和馬の娘) ・・・ 小畑乃々

<桜庭家>

  • 桜庭 和馬(華の恋人。警視庁捜査一課→狛江署巡査部長→警部) ・・・ 瀬戸康史
  • 桜庭 美佐子(和馬の母。鑑識課非常勤職員) ・・・ マルシア
  • 桜庭 典和(和馬の父。警視庁警備部SAT隊長) ・・・ 信太昌之
  • 桜庭 和一(和馬の祖父。元警視庁捜査三課課長) ・・・ 藤岡弘、

<北条家>

  • 北条 美雲(名探偵一家・北条家の令嬢。中学生→高校生→警視庁狛江署刑事) ・・・ 橋本環奈
  • 山本 猿彦(北条家に代々仕えてきた執事) ・・・ 我修院達也
  • 北条 宗真(名探偵一家・北条家の当主) ・・・ 伊吹吾郎

<その他>

  • 蒲谷 隆太(狛江署刑事課の刑事。和馬の上司) ・・・ 松尾諭
  • 円城寺 輝(華の幼馴染。世界を股にかける泥棒) ・・・ 大貫勇輔

小学生になった華と和馬の娘・三雲杏を演じる小畑乃々ちゃんは、第1シリーズで華の幼少期も演じていました。

第1シリーズでは、三雲マツの少女期を深田恭子さんが、桜庭和一の青年期を瀬戸康史さんが演じていましたので同じ流れですね。

ドラマ『ルパンの娘2』のあらすじ、感想、口コミ・評判

第1話

第1話のあらすじ

“Lの一族”こと三雲一家は全員が死んだと世間をだまし、警察一家の桜庭家に身を寄せていました。

しかし、華の父・尊が繰り返す盗みに、和馬の母・美佐子も和馬の父・典和も体調を崩して寝込んでしまいます。

三雲一家は桜庭家から引き払うことになり、華と和馬は二人アパートに移りました。

それもつかの間、警察の手が及びそうになった華を助けた尊は、豪華なマンションを二人に与えます。

しかし、そのマンションは三雲家の新居につながっている二世帯住宅でした。

尊は三雲家と華たちが一緒に朝食をとるというルールを勝手に決めており、仕方なく華と和馬は三雲家の朝食に向かいます。

家族全員のはずなのに華の祖父・巌がいません。

華の祖母・マツによると巌は京都に行ったとのこと。

そんな折、華の兄・渉が大きな盗みのターゲット“信長の秘宝”を発見。

“Lの一族”は再始動しようとしていました。

第1話の感想
華と和馬が別れることになるなんて。

二人の今後も気になるし、美雲との対決も楽しみ!

華を再現した吉田沙保里さんのシーン、最高でした!

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ

華は、泥棒一家の娘である自分と刑事である和馬が家庭を築くことは、和馬の人生を狂わせてしまうことになると改めて考え、別れることを決意。

そして、授かった子供を一人で育てようとしていました。

一方、高校生になった北条美雲は、執事の山本猿彦と、東京のオンボロアパートに移り住み、“Lの一族”を追っていました。

そんなある日、が新たなお宝、ジャンヌ・ダルクが纏ったと言われる幻のマントを発見。

闇のオークションにかけられたマントを落札したのは日本人とのこと。

その頃、和馬は管内で発生した、5人の若い女性の連続失踪事件の捜査につきます。

失踪した女性たちは同じマッチングアプリを使っていたことをつかみます。

また、同級生が失踪したことを知った美雲は独自で捜査を開始。

そして、“Lの一族”は、マントを落札した男のアジトを探り、そこに5人の女性が監禁されていることを知ります。

第2話の感想
華の家族、面白すぎるw

特に父・尊の余裕綽々で淡々とした感じが最高です。

いろんな要素が盛り込まれていて、笑いがたくさん散りばめられていて楽しいドラマですね。

笑ってしまいますw

美雲は和馬のことを好きになってしまうのでしょうか。

美雲がもっと関わってくるのが楽しみです。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ
三雲華(深田恭子)桜庭和馬(瀬戸康史)との間に出来た子供を無事に出産しました。

初孫の誕生に、和馬の両親の典和(信太昌之)美佐子(マルシア)、祖父の和一(藤岡弘、)も華との生活を認めることに。

ただし、和馬は未だ“Lの一族”に関わった者として公安警察にマークされているため、表向きは独身として土日だけ華たち家族と生活することが条件となりました。

そのため子供は“Lの一族”の姓で「三雲杏」と命名されました。

時は流れ、桜庭家、三雲家の愛を一身に浴びて育った杏は小学生(小畑乃々)になりました。

華は“Lの一族”を親の代で終わらせようとしているため、尊(渡部篤郎)たちが杏に三雲家の稼業が泥棒だと教えはしないかと冷や冷やし続けていました。

和馬は、“Lの一族”の助けもあり警察内で手柄を上げ続け警部に昇進します。

そんなとき、捜査一課に新人刑事として名探偵の娘・北条美雲(橋本環奈)が配属されてきます。

“Lの一族”は新たなターゲットを希少価値の高い化石宝石“アンモライト”に定めました。

その頃、和馬は寸借詐欺師、御子柴保(コウメ太夫)逮捕に向けた証拠固めのため、新人刑事と共に、御子柴の部屋の様子が窺えるマンションに張り込みを開始します。

和馬が望遠鏡で御子柴の部屋の様子を窺っていると、なんと泥棒スーツを着た尊たちが忍び込んで来ました。

第3話の感想
三雲家だけでなく桜庭家も面白いな〜。

杏は赤ちゃんなのに時計を盗める腕、すごいw

みんなめっちゃ年取ったのに見た目一切変わってないw

交番での芝居、何やってんのw

本当に次から次へと面白いことばかり!

こんな楽しいドラマはないですね。

アクションシーンもすごいし、全てのクオリティが高い!

ついに関わってきた美雲もいいキャラしてますね。

今気づきましたが、三雲と美雲なんですね。

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ

三雲華(深田恭子)は泥棒稼業から足を洗うつもりで、娘の杏(小畑乃々)も善良な娘に育っていましたが、尊(渡部篤郎)たちの泥棒熱は止まらず、杏に三雲家の稼業が泥棒だと知られないか戦々恐々していました。

一方、北条美雲(橋本環奈)は、“Lの一族”と桜庭和馬(瀬戸康史)の関係を疑い桜庭家へ。

典和(信太昌之)美佐子(マルシア)も巻き込んでの大わらわに。

美雲は、”Lの一族”とのつながりを掴むことができない一方で、和馬に恋していることに気づいてしまうのでした。

その頃、尊たちは悪徳歯科医が所持する美術品に目をつけましたが、何者かに先に奪われてしまいます。

和馬たち警察もその事件を追っていました。

華はママ友たちから、同じ学校に子供を通わせている親で悪徳歯科医と噂される家が窃盗被害に遭ったことを聞き、尊たちの犯行を疑います。

また、杏から華の元気がないと聞いた渉(栗原類)は、華の悩みの一因が自分にあるとし、”Lの一族”を継ぐことを決意。

再びマッチングアプリで婚活を始めます。

第4話の感想
三雲家の突然始まる芝居が面白すぎw

渉が出会った相手が泥棒だったなんて、とんでもない展開!

いろんなことが絡んでいて、本当にうまく作られている物語ですね。

毎回、華の格闘シーンがすごいですが、今回の和馬と蒲谷の格闘シーンはすごかった!

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ

三雲華(深田恭子)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影されてしまいました。

尊(渡部篤郎)はてんとう虫3号調査隊を放ち、撮影位置を特定します。

そして、そこに残されていたバイクのタイヤ痕を辿り、犯人のアジトを突き止めました。

アジト内部に潜入したてんとう虫3号から送信される映像には、かつて戦った女泥棒、双葉美羽(田中みな実)の姿が映し出されました。

美羽はある目的のために、手下の大岩(本間朋晃)、依田(真壁刀義)の手引きで脱獄していました。

尊は美羽たちに“Lの一族”が生存している証拠を隠滅させるため、アジトへの潜入を計画します。

華と尊は顔を知られており警戒厳重なアジトへの接近が難しいため、尊は渉(栗原類)に造らせた秘密道具を家族たちに装着させます。

それは人と人の意識を入れ替える装置で、尊が悦子(小沢真珠)、華がマツ(どんぐり)の体に乗り移り、美羽のアジトへの潜入を図るという計画でした。

試しに華とマツを入れ替えますが、華には大不評。

すぐに元に戻そうとしますが、装置に不具合が発生して戻れなくなってしまいます。

一方、和馬(瀬戸康史)たち警察も美羽を追っていました。

和馬は差出人不明の封筒を受け取ると、一人で出て行きました。

北条美雲(橋本環奈)は不審な行動をとる和馬を追跡します。

第5話の感想
体が入れ替わったのはおもしろすぎるw

すごい設定ですね。

演技も楽しそう^^

これはやばい装置です。

今回も色々と盛りだくさんで見応えがありました。

まるでスペシャル回のような神回でした!

第5話の口コミ・評判

第6話

第6話のあらすじ

三雲華(深田恭子)桜庭和馬(瀬戸康史)の娘、杏(小畑乃々)が登校していると、目の前に北条美雲(橋本環奈)が現れ、杏に和馬の写真を見せます。

杏は「パパだ!」と反応してしまい、美雲は杏が和馬と“Lの一族”の娘との間にできた子供であると疑い、さらなる追究を試みようとします。

しかし、渉(栗原類)が放った、てんとう虫3号「用心棒」によって何とか窮地を脱します。

緊急事態を告げる警報が“Lの一族”のマンションに響き渡りましたが、渉は誤報だったと誤魔化します。

しかし、尊(渡部篤郎)は渉の様子がおかしい事に気づきます。

そんな中、杏の学校で親の仕事を子供が見学する子供参観が行われることになります。

杏は和馬の仕事を見に行けると大喜びしますが、和馬は子供がいることはもちろん結婚していることも警察では伏せているため職場に連れて行くわけにはいきません。

華と和馬が悲しむ杏をなだめていると尊、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)がやってきました。

事情を知った尊は、杏に自分たちの仕事を見学すればいいと言い出します。

華は、そんなこと絶対に許さないと反対しますが、尊には計画がありました。

一方、美雲は、和馬が解決した事件の犯人たちが捕まった時の記憶を失う一過性健忘症を発症していることを突き止めます。

さらに、発症した犯人たちの現場からは必ず何かが盗まれていました。

美雲は、北条家と“Lの一族”の因縁を和馬に打ち明けます。

第6話の感想
ついにLの一族に美雲が迫ってきましたね。

どちらも譲らない良い戦いでしたね。

ドキドキしました!

美雲の誤解は解けるのでしょうか。

杏、無意識でLの呼吸を使えるなんて、やっぱり天才ですねw

第6話の口コミ・評判

第7話

第7話のあらすじ

ついに直接対決した三雲華(深田恭子)北条美雲(橋本環奈)

華は美雲を倒し、忘却スプレーで自分と会った記憶を消したと思っていましたが、美雲は忘却スプレーを吸い込まないように防いでおり、記憶は消えていませんでした。

翌朝、職場にやって来た美雲に和馬が昨日の出来事について探りを入れますが、美雲は何も覚えていないと嘘をつきます。

そんな中、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件が発生。

現場からは密輸した金塊が盗まれ、 “Lの一族” のものとみられる犯行声明カードが残されていました。

和馬と美雲は直ちに捜査を開始します。

その頃、杏(小畑乃々)が通う本町小学校の学芸会の演目が『Lの一族』に決まり、杏は伝説の鍵師マツ(どんぐり)役を演じることになります。

悪い事をする泥棒なんて演じたくないと泣き出す杏に、尊(渡部篤郎)たちは “Lの一族” はダークヒーローで正義の味方なのだと教えます。

尊たちの話に目を輝かせる杏でしたが、テレビから“Lの一族”が強盗殺人事件を犯したというニュースが流れてきて・・・

強盗殺人事件を追う和馬と美雲は、事件に意外な男が絡んでいることを突き止めます。

和馬たちが探し出したその男は、殺害したのはナターシャ(太田莉菜)という殺し屋だと告げます。

職務終了後、美雲はGPS発信器を和馬に取り付け、“Lの一族”のアジトを暴き出そうとしていました。

そのとき、尊が和馬のボディーガードとして頼んでいた円城寺輝(大貫勇輔)が、美雲の前に現れ・・・

第7話の感想
ミュージカル、よかった^^

ついに杏に正体がバレてしまいましたね。

杏も和馬も心配です。

ドラマチックな展開でおもしろかったです。

第7話の口コミ・評判

第8話

第8話のあらすじ

三雲華(深田恭子)たちは杏(小畑乃々)に自分たちが“Lの一族”だと知られてしまいました。

一方、盗賊団が抱える殺し屋ナターシャ(太田莉菜)に刺された桜庭和馬(瀬戸康史)は警察病院に運び込まれました。

和馬は、典和(信太昌之)美佐子(マルシア)、杏、そして事件現場から付き添った北条美雲(橋本環奈)に見守られます。

しかし、“Lの一族”である華たちが和馬のもとへ駆けつけることはできず、ただ祈ることしかできませんでした。

その願いも虚しく和馬は心肺停止状態に。

病院から戻った美雲は猿彦(我修院達也)に、和馬の窮地になぜ“Lの一族”が現れなかったのかと問います。

猿彦は「所詮は逃げることしかできないただの泥棒」と答え、襖を開けると、そこには尊の姿が。

尊は宗真(伊吹吾郎)の死の真相を知る人物を連れて来たと言います。

その人物とは巌(麿赤兒)でした。

巌は事件の真相を語ります。

第8話の感想
なんてドラマチックな展開なんでしょうか。

映画みたいでしたね。

音楽も素晴らしくて物語を盛り上げてくれていました。

渉もかっこよかった!

おもしろかったですね!

そして本当に映画化決定〜☆

第8話の口コミ・評判

スペシャルエピソード 〜愛の物語〜

スペシャルエピソード 〜愛の物語〜のあらすじ

華(深田恭子)たち家族に、再び平穏な日々が訪れました。

生死をさまよっていた和馬(瀬戸康史)は無事に生還し、母親の華が大泥棒一家“Lの一族”だと知ってしまった杏(小畑乃々)もそれを受け入れてくれました。

そして世間に生きていることがバレてしまい追い詰められていた“Lの一族”でしたが、ナターシャ(太田莉菜)や大柄な男(岡元次郎)たち盗賊団を本物の“Lの一族”に見せかけるという尊(渡部篤郎)のアイデアで窮地を切り抜けることができました。

北条美雲(橋本環奈)もまた、うるさかった隣人が引っ越したことで静かな生活を取り戻していました。

そこに尊が訪れ、美雲に願い事を申し出ます。

その頃、悦子(小沢真珠)は宝を大放出してしまったことによるお宝不足で息も絶え絶えになっていました。

そこに渉(栗原類)から新たなお宝候補として“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”が提案されます。

悦子は飛びつきましたが、渉は美雲にプレゼントするのだと言い張ります。

そんな時、華と和馬のマンションに円城寺輝(大貫勇輔)が現れ、華に1日だけフィアンセのふりをしてほしいと頼みます。

円城寺は突然帰国した父の豪(市村正親)に、許嫁であった華とまだ結婚していないことを叱られたのだといいます。

突然の無理難題な申し出に戸惑う華と和馬でしたが、豪はとんでもなく怖い男のようで・・・

豪と会った華と円城寺は、結婚式の日取りやドレスをどうするのか問い詰められます。

そして円城寺は、円城寺家で花嫁に贈ると決められているリングを華のために盗み出すよう言い渡されます。

それは尊たちの狙っている“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”でした。

尊は昔からライバル関係だった豪からリング争奪戦を申し込まれ受けて立つことに。

その条件は、三雲家と円城寺家でリングを盗み合い、三雲家が先に盗んだら華の許嫁の件を豪が取り消し、円城寺家が勝ったら華を円城寺家に嫁がせるというものでした。

かくして世紀の泥棒合戦が始まりました。

スペシャルエピソード 〜愛の物語〜の感想
今回もおもしろかったです!

物語がしっかりしていますね。

円城寺さん、かっこよかった!

円城寺親子のミュージカルも豪華で最高でした!

ほんのり切なくて、幸せな気持ちになれる歌ですよね!

映画が楽しみです☆

スペシャルエピソード 〜愛の物語〜の口コミ・評判

まとめ

ドラマ『ルパンの娘』第2シリーズの動画配信状況、 作品情報、感想をお伝えしました。

様々なエンターテインメントが詰まった、笑顔になれるドラマです!

映画も楽しみです☆

【スポンサーリンク】