アニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』(2021)の日本語吹き替え声優キャスト一覧

2021年11月26日公開のディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』(Encanto)は、『塔の上のラプンツェル』『ズートピア』のバイロン・ハワード監督と『ズートピア』のジャレド・ブッシュ監督、『モアナと伝説の海』の音楽を手掛けたリン=マニュエル・ミランダをはじめ、『ズートピア』『アナと雪の女王』などを手がけたディズニー史上最強の豪華クリエイターらが集結した、全世界待望のディズニーの新作ミュージカル・ファンタジーです!

家族全員が家から与えられた“魔法のギフト(才能)”を持つマドリガル家の中で、ひとりだけ何の魔法も使えない少女ミラベル。

魔法の力が失われていく世界を救える唯一の希望は、魔法の力を持たないミラベルただひとりでした。

なぜ、彼女だけ魔法が使えないのか?

そして、魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密とは・・・?

そんなワクワクするストーリーで、音楽も楽しみすぎるディズニーの新作ミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』。

日本語吹替版を担当した声優もとっても豪華!

どんな歌声を披露してくれるのか楽しみですね。

アニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』の日本語吹き替えを担当した声優を紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

アニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』の日本語吹き替え声優

キャラクター名オリジナル英語版声優日本語吹替版声優
ミラベルステファニー・ベアトリス斎藤瑠希
アルマおばあちゃん(ミラベルの祖母)マリア・セシリア・ボテロ中尾ミエ
ブルーノ(ミラベルのおじ)ジョン・レグイザモ中井和哉
フェリックス(ミラベルのおじ)マウロ・カスティージョ勝矢
ルイーサ(ミラベルの次姉)ジェシカ・ダロウゆめっち(3時のヒロイン)
フリエッタ(ミラベルの母)アンジー・セペダ冬馬由美
ペパ(ミラベルのおば)カロリーナ・ガイタン藤田朋子
イサベラ(ミラベルの長姉)ダイアン・ゲレロ平野綾
アグスティン(ミラベルの父)ウィルマー・バルデラマ関智一
カミロ(ミラベルのいとこ)レンジー・フェリズ畠中祐
アントニオ(ミラベルのいとこ)ラヴィ・キャボット=コニャーズ木村新汰
ドロレス(ミラベルのいとこ)アダッサ大平あひる
マリアーノ(イサベラの婚約者)マルーマ武内駿輔
マリアーノの母宮沢きよこ
幼いミラベルノエミ・ジョセフィーナ・フローレス中村優月
オスバルドフアン・カスターノ菊池康弘
オズマサラ=ニコール・ロブレス木村涼香
アルトゥーロエクトル・エリアス小林操
ティプレ奏者ジョルジ・E.ルイス・カノ相馬康一
町の子供たち野地祐翔
石内美羽
鈴木聖月
及川綾
その他堀総士郎
ケンコー
江頭宏哉
新井笙子
藤井雄太
縞典花
稲熊美緒
内田ゆう
大木理紗
久保田陽子
鈴木佐江子
安西康高
岡崎昌幸
風雅なおと
渕上祥人
中村茉稟
黒川明美
平賀晴
ナオト・インティライミ

ミラベル:斎藤瑠希

様々な魔法のギフトを持ったマドリガル家の中で、ひとりだけ“魔法のギフト”をもらえなかった“普通”の女の子・ミラベル。

ミラベルの日本語吹替版の声を担当したのは、斎藤瑠希(さいとう るき)さん。

US本社のオーディションで「鳥肌がたった」と大絶賛された圧巻の歌唱力でミラベル役を射止めました。

「本当に信じられないくらいびっくりして、夢なんじゃないかっていうくらい驚きました。楽譜と台本をいただいて、やっと実感が湧き、幸せを噛み締めました」
「自分自身も姉と自分を比べて落ち込んでしまったりしたことがあるので、魔法が使える姉と何も持たない自分を比べてコンプレックスを感じるミラベルにとても共感しました」とコメントしています。

2002年9月26日生まれの19歳。

埼玉県出身。

渡辺ミュージカル芸術学院1期卒業後、ワタナベエンターテインメントに所属。

ドラマ『ドラゴン桜2』で石渡 役を務めました。

2022年、ミュージカル『ヴェラキッカ』にマギー・ヴェラキッカ 役で出演します。

Twitter:@ruki_saito

Instagram:ruki_saitoo

アルマおばあちゃん(ミラベルの祖母):中尾ミエ

アルマおばあちゃんは、マドリガル家の女家長でミラベルの祖母。

フリエッタ、ぺパ、ブルーノという三つ子を育て、“魔法”に溢れる家族の伝統を引き継いできました。

アルマおばあちゃんの日本語吹替版の声を担当したのは、歌手・女優の中尾ミエ(なかお ミエ)さん。

近年は、ドラマ『その女、ジルバ』『金魚姫』『トップナイフ』、映画『感謝離 ずっと一緒に』などに出演しました。

「久しぶりの吹き替えのお仕事で、初めてアニメーションの吹き替えです。やっぱりおばあちゃん役かと思いました(笑)」とコメントされています。

ブルーノ(ミラベルのおじ):中井和哉

ブルーノは、アルマおばあちゃんが生んだ三つ子の1人。

未来を見ることのできる能力を授かったブルーノは、頻繁に災厄を予言するため、家族たちにとって問題児となってしまい、家族の前から姿を消し、ミラベルが覚えていないほど長い間ずっとマドリガル家と疎遠になっている。

ブルーノの日本語吹替版の声を担当したのは、声優の中井和哉(なかい かずや)さん。

『ONE PIECE』のロロノア・ゾロへの抜擢をきっかけに一躍人気声優となりました。

2011年、第5回声優アワードにて「助演男優賞」を受賞しています。

大ヒット公開中の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、リューツィファー・サフィン役の日本語吹き替えを担当しています。

<主な出演アニメ作品>

  • 『機動新世紀ガンダムX』(ウィッツ・スー)
  • 『ONE PIECE』(ロロノア・ゾロ)
  • 『銀魂』(土方十四郎)
  • 「戦国BASARAシリーズ」(伊達政宗)

フェリックス(ミラベルのおじ):勝矢

フェリックスは、マドリガル家に生まれたぺパの夫で、ドロレス、カミロ、アントニオの父親。

フェリックスの日本語吹替版の声を担当したのは、俳優・舞台演出家の勝矢(かつや)さん。

<俳優としての主な出演作品>

  • 映画『テルマエ・ロマエ』『テルマエ・ロマエII』(マルクス・ピエトラス)
  • 映画『翔んで埼玉』(浦和支部長)
  • ドラマ・映画『HERO』(小杉啓太)
  • ドラマ『今日から俺は!! 』第6話(剛田)
  • ドラマ『SUITS/スーツ2』 第4話(代理人弁護士 吉岡達郎)

<主な出演アニメ作品>

  • 『蟲師』(蟲師)
  • 『TOKYO TRIBE2』(権堂)
  • 『家庭教師ヒットマンREBORN!』(シャマル)
  • 『おじゃる丸』(黒ヒゲ、古傘)
  • 『モーレツ宇宙海賊』(リリカル・シニカル)
  • 『信長の忍び』(関兼定)

ルイーサ(ミラベルの次姉):ゆめっち(3時のヒロイン)

ミラベルの次姉で、“力(パワー)のギフト”を授かった、強くて力持ちで働き者のルイーサ。

ルイーサの日本語吹替版の声を担当したのは、お笑いトリオ・3時のヒロインのゆめっちさん。

「嬉しさのかたまりで頭がいっぱいでした!!でも、私が日本版の声優をさせていただけるなんて信じられなくて絶対ドッキリだ!と思ってカメラを探しちゃいました(笑)」とコメントしています。

アニメ『ポケットモンスター』2020年11月27日の放送回に、3時のヒロインのメンバー全員が特別出演し、ゆめっちはマルノームの声を担当しました。

ドラマでも活躍されています。

<女優としての主な出演作品>

  • 『俺の家の話』第八話(背脂)
  • 『イチケイのカラス』第5話(小百合)

フリエッタ(ミラベルの母):冬馬由美

フリエッタは、アルマおばあちゃんが生んだ三つ子の1人で、ミラベル、イサベラ、ルイーサの3姉妹の母親。

“癒しの魔法”を授かり、愛情を持って作った食事によって人々を癒します。

フリエッタの日本語吹替版の声を担当したのは、声優の冬馬由美(とうま ゆみ)さん。

<主な出演作品>

  • 『まじかる☆タルるートくん』(河合伊代菜)
  • 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(ゴメちゃん)
  • 『ああっ女神さまっ』(ウルド)
  • 『ピチューとピカチュウ』(ピチュー〈兄〉)
  • 『ヴァルキリープロファイル』(レナス・ヴァルキュリア〈ヴァルキリー〉)
  • 『DEAD OR ALIVE』(レイファン)
  • 『テイルズ オブ シンフォニア』(リフィル・セイジ)

ペパ(ミラベルのおば):藤田朋子

ペパは、フェリックスの妻で、ドロレス、カミロ、アントニオの母親。

感情で“天気をコントロールするギフト”を授かった。

ペパの日本語吹替版の声を担当したのは、女優の藤田朋子(ふじた ともこ)さん。

<女優としての近年の出演作品>

  • 『浦安鉄筋家族』(柳梅)
  • 『八月は夜のバッティングセンターで。』(夏葉美智子)
  • 『ハチとパルマの物語』(豊田ゆめ)

<声優としての出演作品>

  • 『ベニスで恋して』(ロザルバ・バルレッタ〈リーチャ・マリェッタ〉)

イサベラ(ミラベルの長姉):平野綾

植物を成長させ、花を咲かせる“花のギフト”を授かった、ミラベルの長姉・イサベラ。

彼女の周りにはカラフルで美しい花が咲き乱れ、家族や町の人々を笑顔にします。

イサベラの日本語吹替版の声を担当したのは、声優・女優の平野綾(ひらの あや)さん。

「合格の報せを受けた時は飛び上がりました!初めてのディズニー作品参加なので、幼い頃からの夢がやっと叶いました」とコメントしています。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役でテレビアニメ初主演、一躍人気声優となりました。

2007年、第1回声優アワードにて新人女優賞、東京国際アニメフェア第6回東京アニメアワードにて声優賞を受賞。

2008年、第2回声優アワードで主演女優賞と歌唱賞を同時受賞しました。

ミュージカル女優としても活躍されています。

<声優としての出演作品>

  • 『キディ・グレイド』(リュミエール)
  • 『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ)
  • 『DEATH NOTE』(弥海砂)
  • 『らき☆すた』(泉こなた)
  • 『寄生獣 セイの格率』(ミギー)
  • 『それいけ!アンパンマン』(コキンちゃん)
  • 『FAIRY TAIL』(ルーシィ・ハートフィリア)

アグスティン(ミラベルの父):関智一

アグスティンは、マドリガル家のフリエッタの夫で、ミラベル、イサベラ、ルイーサ3姉妹の父。

アグスティンの日本語吹替版の声を担当したのは、声優の関智一(せき ともかず)さん。

2005年にリニューアルされた『ドラえもん』で、肝付兼太さんに代わりスネ夫の声を担当していることで有名ですね。

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第5位に選ばれました。

<主な出演作品>

  • 『ドラえもん』骨川スネ夫
  • 『機動武闘伝Gガンダム』ドモン・カッシュ
  • 『新世紀エヴァンゲリオン』鈴原トウジ
  • 『のだめカンタービレ』千秋真一
  • 『Fate/stay night』ギルガメッシュ
  • 『鬼滅の刃』不死川実弥
  • 『呪術廻戦』パンダ

カミロ(ミラベルのいとこ):畠中祐

ぺパとフェリックスの息子・カミロは、頭で思った人物の見た目に、一瞬にして変わることができる“変身のギフト”を授かった。

カミロの日本語吹替版の声を担当したのは、声優・俳優の畠中祐(はたなか たすく)さん。

小学5年生の時、オーディションで抜擢された、映画『ナルニア国物語』の主人公、エドマンド・ペベンシー役の吹き替えで声優デビューしました。

歌手としても活躍されています。

<主な出演作品>

  • 『遊☆戯☆王ZEXAL』(九十九遊馬)
  • 『バッテリー』永倉豪
  • 『僕のヒーローアカデミア』(上鳴電気)
  • 『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』(永見祐)
  • 『ウルトラマンZ』(ウルトラマンゼット)

アントニオ(ミラベルのいとこ):木村新汰

アントニオは、どんな動物ともコミュニケーションをとることができる“動物のギフト”を授かった、5歳になったばかりの、とてもシャイな男の子。

アントニオの日本語吹替版の声を担当したのは、子役の木村新汰(きむら あらた)くん。

8歳。

劇団ひまわり所属。

NHK青春アドベンチャー『浮遊霊ブラジル』で、男の子・仲井の孫役を務めました。

舞台『Dr.コルチャックと子どもたち』孤児院の子ども役、舞台『沙也可』忠沢役などを務めました。

ドロレス(ミラベルのいとこ):大平あひる

ぺパとフェリックスの娘・ドロレスは、どんな小さな声も音も聴き逃さない“聴力のギフト”を授かった。

ドロレスの日本語吹替版の声を担当したのは、大平あひる(おおひら あひる)さん。

数多くの海外の映画、ドラマ、アニメの日本語吹替で活躍されています。

Twitter:@awesome_ahiru

<主な出演作品>

  • 『最響カミズモード』(在間ジロウ)
  • 『泣きたい私は猫をかぶる』(土井諄子)
  • 『フェイフェイと月の冒険』(フェイフェイ)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(リチャード)
  • 『シュガー・ラッシュ:オンライン』(フェロニー)

マリアーノ(イサベラの婚約者):武内駿輔

マリアーノは、ミラベルの姉・イサベラの婚約者。

母想いで、愛にあふれた青年です。

マリアーノの日本語吹替版の声を担当したのは、声優の武内駿輔(たけうち しゅんすけ)さん。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役に抜擢され、注目を浴びました。

2016年、第10回声優アワードで新人男優賞を受賞しました。

ディズニーアニメ『アナと雪の女王』シリーズでオラフ役を務めています。

<主な出演作品>

  • 『アイドルマスター シンデレラガールズ』(プロデューサー)
  • 『ダイヤのAシリーズ』(結城将司)
  • 『遊☆戯☆王VRAINS』(鴻上了見/リボルバー)
  • 『イナズマイレブン アレスの天秤 / オリオンの刻印』(剛陣鉄之助)
  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』(キメラ)
  • 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(イラム・マサム)

日本語吹替版エンドソング『マリーポーサ 羽ばたく未来へ』

エンドソング『マリーポーサ 羽ばたく未来へ』を歌うのは、ナオト・インティライミさん。

声優としても作品に参加しています。

エンドソング『マリーポーサ 羽ばたく未来へ』は、トニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞し、本作のすべての楽曲を手がけたリン=マニュエル・ミランダさんが作曲。

オリジナル版では、ナオト・インティライミさんが敬愛するコロンビアの人気アーティストのセバスチャン・ヤトラさんが歌っています。

まとめ

アニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』の日本語吹き替えを担当した声優を紹介しました。

バラエティに富んだ豪華声優陣が揃いましたね!

演技や歌が本当に楽しみです!

【スポンサーリンク】