ドラマ『ミセン-未生-』が視聴できる動画配信サービスは?感想や評判も

「誰でも自分だけの囲碁を持っている。碁盤の上に意味のない石は一つもない」

新入社員たちが激しい競争社会の中で必死に奮闘する姿や、そこで生きる人々の様々な背景、想いなどが多くの共感を呼び、「ミセンシンドローム」と呼ばれる社会現象を起こすほどの大ヒット作となった『ミセン-未生-』。

学歴社会や非正規職員、会社の上下関係(特に男性は兵役経験により上下関係への意識が強い)、年功序列、女性差別、社内不正、セクハラ・パワハラなど、現代のサラリーマンの日常や社会問題がリアルに描かれ、注目を浴びました。

日本でも2016年にフジテレビ系列で、『ミセン-未生-』のリメイクドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が放送されました。

恋愛要素なし!

交通事故や記憶喪失などの韓国ドラマにありがちな設定も一切なし!

男女問わず、幅広い世代の方が泣いて笑って、心から楽しめる感動的なヒューマンドラマです。

ドラマ『ミセン-未生-』が視聴できる動画配信サービスや作品情報、感想、評判をお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『ミセン-未生-』が視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『ミセン-未生-』が観られる動画配信サービスはこちら。(※2021年2月現在)

  ドラマ『ミセン-未生-』配信状況 無料期間
U-NEXT 31日間
Hulu 2週間
TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル) 30日間
Amazon プライム 30日間
FOD プレミアム 2週間
dTV × 31日間
Paravi 2週間
music.jp 30日間
Netflix
ABEMA プレミアム × 2週間
TELASA × 15日間

 

○ = 見放題作品 △ = 有料レンタル作品 × = 未配信

※配信状況は日々変わりますので、最新の配信状況は各動画配信サービスでご確認ください。

『ミセン-未生-』は多くの動画配信サービスで見放題配信していますので、初めての登録なら無料で見ることができます!

動画配信されていない、リメイクドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』を見るならDVD宅配レンタルで見られるTSUTAYA DISCASがおすすめです。

ドラマ『ミセン-未生-』の作品情報

作品情報

 作品名

ミセン-未生-

原題

미생

脚本

チョン・ユンジョン

演出

キム・ウォンソク

制作局

tvN

主な出演者

イム・シワン
カン・ソラ
カン・ハヌル
ピョン・ヨハン
イ・ソンミン

放送年

2014年

原作は同名のweb漫画『ミセン~未生』。

韓国のサラリーマンのバイブルと称され人気を集めました。

当時、ケーブルテレビ歴代視聴率2位。

百想芸術大賞では男性最優秀演技賞、男性新人演技賞、演出賞の主要3部門を受賞、ケーブルテレビ放送大賞では大賞など主要部門を独占しました!

キャスト

  • チャン・グレ(ワンインターナショナル営業3チームインターン社員) ・・・ イム・シワン
  • アン・ヨンイ(グレの同期。資源2チームインターン社員) ・・・ カン・ソラ 
  • チャン・ベッキ(グレの同期。鉄鋼チームインターン社員) ・・・ カン・ハヌル
  • ハン・ソンニュル(グレの同期。繊維1チームインターン社員) ・・・ ハン・ソンニュル
  • オ・サンシク(グレの上司。営業3チーム課長) ・・・ イ・ソンミン

あらすじ

幼い頃から棋士を目指していたチャン・グレは、父の他界を機にその道をあきらめますが、大学にも行けず、26歳になってもバイトに明け暮れていました。

しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社。

満足に会社員経験も学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず、遅れをとっていましたが、同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得。

なんとか2年間の契約社員として入社し、営業3課に配属されます。

やがて囲碁で培った洞察力を生かして仕事でも微力ながらも課の役に立つようになり、次第に配属先の営業3課のオ課長やキム代理に認められ、課には徐々にチームワークが生まれてきます。

一方、グレの同期入社の紅一点、アン・ヨンイはインターンながらも大きな契約を取り付ける優秀な人材でしたが、入社後配属された資源課では、男性上司から疎まれ、なかなかまともな仕事を与えられずにいました。

ドラマ『ミセン-未生-』の感想

基本的にはラブストーリーが好きな私がなんとな~くで見始めたこのドラマ。

最初はパワハラなど見るに堪えない場面も多くてどうなるかと思ったのですが、新入社員たちが奮闘する姿や熱意に心打たれ、早い段階でドハマりしてしまいました。

支え合い、助け合う同期4人の友情に胸が熱くなると同時に、彼らがそれぞれの壁に果敢に立ち向かっていく姿はかっこよくて、つい前のめりで応援してしまう自分がいました。

そしてなんといっても、イム・シワン演じるチャン・グレが所属する、営業3チームが素敵過ぎるんです。

もう上司の2人が本当に最高で、私もこんな上司と働きたい!と思わずにはいられませんでした。

この3人の関係性が徐々に作られていく過程はとてもほっこりしましたし、掛け合いは本当に面白くて3人のシーンをひたすら待ち望んでおりました。

社会の厳しさや現代の社会問題について考えさせられつつも、「自分ももう少し頑張ろう!」と前向きになれる素敵なドラマでした。

ドラマ『ミセン-未生-』の口コミ・評判

日本でリメイクされたドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』

『ミセン-未生-』のリメイクドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』は、2016年にフジテレビ系にて放送されました。

主演はHey!Say!JUMPの中島裕翔さん。

同期には瀬戸康史さんや山本美月さん、ジャニーズWESTの桐山照史さん、営業3チームの上司には遠藤憲一さんや山内圭哉さんが名を連ねました。

ストーリーは韓国版の『ミセン-未生-』が忠実に再現されていますが、日本版となると放送回数の問題でどうしてもストーリーが短くなってしまうため、韓国版を見ている方からすると、重要なシーンが省略されているような気がしてしまうかもしれません。

キャラクターも韓国版のみなさんが魅力的でそれぞれの役にぴったりだったので、日本版では違和感を感じてしまう方、それはそれで別物として楽しめる方、それぞれだと思います。

言葉の表現や行動などで韓国と日本の文化の違いを感じる場面も多くありますので、ぜひ比較して楽しんでみてください。

まとめ

ドラマ『ミセン-未生-』が視聴できる動画配信サービスや作品情報、感想、評判をお伝えしました。

学歴社会や非正規職員、女性差別やパワハラなど、様々な現代の社会問題やサラリーマンの日常がリアルに描かれています。

支え合い助けあう4人の同期の友情、彼らの熱意、そしてそれを見守る温かい上司の存在に心が熱くなること間違いなし。

男女問わず、幅広い世代の方が泣いて笑って、心から楽しめる感動的なヒューマンドラマです。

【スポンサーリンク】