ドラマ『猫』の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2020年11月13日(金)深夜、ドラマ『猫』が放送されます!

シンガーソングライターのあいみょんが、ダンスロックバンド・DISH//に楽曲提供した『猫』を原案としたドラマです。

脳腫瘍を患い、医師から余命宣告を受け、自らの死と向き合う女性・金子みねこ(小西桜子)と、やりたいこともなく夢や希望を持てずにその日暮らしの毎日を送るフリーター・天音光司(前田旺志郎)の、一匹の猫をきっかけに出会い、カップルとなった二人の「いつもと同じ帰り道」を通して描く、儚くも切なくも温かいラブストーリーです。

『猫』は、私も大好きな曲で何度も繰り返し聴いています。

物語や情景が見えてきて心に響く素敵な歌ですよね。

これは絶対に泣けるドラマになっていると思います。

ドラマ『猫』の見逃し配信情報や作品情報をお伝えします。

また、あらすじ、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『猫』の放送日・放送時間は?

ドラマ『猫』は、テレビ東京系の深夜ドラマ枠「ドラマ25」で放送されます。

ドラマ『歴史迷宮からの脱出〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜』の後番組となります。

<放送日時>

毎週金曜深夜

  • 第1話 2020年11月13日(金)24時52分 〜 25時23分
  • 第2話 2020年11月20日(金)24時52分 〜 25時23分
  • 第3話 2020年11月27日(金)24時52分 〜 25時23分
  • 第4話 2020年12月4日(金)24時52分 〜 25時23分
  • 第5話 2020年12月11日(金)24時52分 〜 25時23分
  • 第6話(最終回) 2020年12月18日(金)24時52分 〜 25時23分

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『猫』の見逃し配信は?

ドラマ『猫』は、TVerで見逃し配信されます。

 
最新話の放送から1週間限り視聴可能です!
 

TVerは、8つの民法(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、テレビ東京、MBSテレビ、読売テレビ、ABC朝日放送)が連携した動画配信サービスです。

最新話が放送直後から1週間限り、無料で視聴することができます。

見逃してしまった方、録画し忘れたという方に嬉しいサービスです。

無料で視聴できますが、途中でCMが入ります。

途中から観たけどおもしろかったから初回から観たいという方や、CMなしでドラマに没頭したいという方には動画配信サービスでの視聴をおすすめします。

ドラマ『猫』を無料視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『猫』は、11月6日(金)23時00分からParaviで先行配信されます。

毎週、放送1週間前の金曜23時から先行配信されます!

Paraviは2週間無料で体験することができます!

Paraviは、TBS、テレビ東京の番組が充実しています!

  • 危険なビーナス
  • この恋あたためますか
  • 共演NG
  • 半沢直樹
  • 恋する母たち
  • おカネの切れ目が恋のはじまり
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木
  • MIU404
  • 私の家政夫ナギサさん
  • テセウスの船
  • 恋はつづくよどこまでも
  • 病室で念仏を唱えないでください
  • 下町ロケット
  • G線上のあなたと私
  • 凪のお暇
  • グランメゾン東京

など、Paravi独占の人気作品が多数!

Paraviでしか観られないディレクターズカット版やオリジナルストーリー も!

<Paraviを無料体験してみる!>

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

ドラマ『猫』作品情報

作品情報

作品名

原案 DISH// 『猫』
脚本 金井純一
監督 金井純一
松本花奈
主な出演者 小西桜子
前田旺志郎

音楽

D flat

主題歌・エンディング

DISH//『猫 〜THE FIRST TAKE Ver.〜』
放送期間 2020年11月13日(深夜) 〜 
2020年11月6日 〜 Paravi先行配信

シンガーソングライターのあいみょんが、ダンスロックバンド・DISH//に楽曲提供した『猫』を原案とした儚く切ないラブストーリーです。

『猫』は、アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを配信しているYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で、2020年3月に公開された『猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜』をきっかけに話題となり、オリジナルバージョンの『猫』と合わせて総再生回数1億回を超える大ヒットとなった楽曲です。

主題歌・エンディング曲はもちろんDISH//の『猫 〜THE FIRST TAKE Ver.〜』で、エンディング映像にはDISH//のメンバーが出演しています。

脚本は、映画『ゆるせない、逢いたい』『さよならケーキとふしぎなランプ』などを手がけた金井純一さん。

監督は、脚本も手がける金井純一さんと、映画『脱脱脱脱17』、ドラマ『平成物語』シリーズなどを手がけた松本花奈さん。

音楽は、作曲家・ピアニストのD flatさんが担当しています。

キャスト

  • 金子みねこ (ペットのトリミングサロンに勤務。大の猫好きだが猫アレルギー。脳に腫瘍があり余命宣告を受けている。23歳) ・・・ 小西桜子
  • 天音光司 〈親に内緒で大学を辞めてしまい、家を追い出されたフリーター。20歳) ・・・ 前田旺志郎
  • トキ(スナックのママ) ・・・ 酒井若菜
  • ナオト(美容師) ・・・ 吉沢悠
  • 三吉ひろし(魚屋の大将) ・・・ 渋川清彦
  • 天音直未(光司の母) ・・・ 石田ひかり
  • 猫 ・・・ なつめ

あらすじ

脳に腫瘍があり医師から余命宣告を受け、自らの死と向き合う女性・金子みねこ(小西桜子)と、やりたいこともなく夢や希望を持てずにその日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司(前田旺志郎)は、一匹の猫をきっかけに出会い、みねこの自宅で同居生活を送ることに。

みねこが光司に同居の条件として提示したのは「毎朝仕事へ向かうバス停まで私を送り、帰りはバス停まで迎えに行き、夕飯を一緒に食べて帰ること」でした。

ドラマ『猫』各話のあらすじ、感想、口コミ・評判

第1話

第1話のあらすじ
その日暮らしでふらふらと過ごすフリーターの天音光司(前田旺志郎)は、ある日、くしゃみをしながら猫を抱く金子みねこ(小西桜子)に出会います。

みねこは突然「僕はもうすぐ死んじゃうんだ」と告げ、光司に条件付きの同居生活を提案します。

光司は動揺するものの、提案を受け入れそのままみねこの家に住むようになりました。

バス停までの送り迎えのいつもの道を歩く二人は、他愛もない会話をしながらお互いを知っていきます。

第1話の感想
穏やかで優しくて切なくて、

悲しいんだけど、幸せで、癒されました。

素敵なドラマですね。

二人以外の登場人物や街の人が少なくて、二人だけの世界のように思えて、不思議な感覚です。

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ
みねこ(小西桜子)は、光司(前田旺志郎)から告白され戸惑いますが、これをきっかけに自分自身の本当の気持ちと向き合うことを決意します。

みねこに「働け」と言われ、中華料理屋でバイトを始めた光司は、何気ない日々を過ごす中で、みねこへの想いを募らせていました。

ある日、いつものようにカフェで夕食を食べていると、みねこから「一回でいいからミュージシャンと付き合ってみたかった」と告げらます。

それを聞いた光司はある行動に出ます。

第2話の感想
ずっとこの穏やかな日々が続いてほしいと願わずにはいられません。

二人とも本当にいい子。

最後にはみねこが倒れてしまって、一話一話、終わりに近づいていると思うと悲しくなります。

でも、最後に二人が出会えて、短くても幸せな時間を過ごすことができてよかったと思います。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ
みねこ(小西桜子)と光司(前田旺志郎)は何気ないことを幸せに思う日々を過ごしていました。

しかし、突然みねこが倒れてしまい入院します。

光司は、覚悟はしていたつもりでしたが、突然起こった出来事に呆然としてしまいます。

悲しみにくれる光司でしたが、自分に出来ることを考え、みねこのためにそばにいることを決意します。

そして、奇跡的にみねこは意識を取り戻し、順調に回復していきました。

退院の日、いつもの帰り道を久しぶりに歩く2人は、幸せな日々を取り戻していました。

第3話の感想
うわぁ、このパターンかぁ〜 >_<

人はいつ死ぬか分からないのに、どうしても病気の人が先に死ぬと思い込んでしまいます。

『君の膵臓をたべたい』を思い出しました。

でも二人は毎日を大切に生きていたし、後悔はないと思います。

二人のように生きていきたいです。

指輪をあげた場面は感動しました。

みねこの気持ちを感じることができました。

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ
何気ない幸せな日々を過ごしていたみねこ(小西桜子)と光司(前田旺志郎)。

しかし突然訪れた光司の死。

過去にバス停に迎えに来るはずの光司の姿が見当たらないことがありました。

みねこは、バイトが長引いたという光司に対し、“今日”という一日がどんなに大切なものなのか、死と向き合う日々への恐怖と葛藤で喧嘩をしてしまったことを思い出していました。

光司がいない日々を過ごすみねこは、定期健診のため病院に行くと再検診が必要だと告げられます。

第4話の感想
本当に生きるということについて考えさせられるドラマですね。

もうすぐ自分も死ぬから、悲しくなくて、死ぬことが辛くなくて楽にさえ思えたのに、病気が良くなってまだ死なないと分かったら、悲しくて、生きることが辛く感じてしまう。

人を好きになるのってすごいことですね。

きっと光司との幸せな日々のおかげで病気が快方したんですね。

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ
病気で余命宣告を受けていたみねこ(小西桜子)でしたが、このまま治療を続ければ完治を目指せる状態だと医師から告げられました。

そんな矢先、光司(前田旺志郎)を失い悲しみにくれるみねこのもとに、光司の母・直未(石田ひかり)が訪ねてきます。

直未は、光司が死ぬ前にどんな生活を送っていたか知りたいといいます。

みねこは、商店街やカフェを案内しながら光司との思い出を話します。

直未と別れた後、余計に気持ちの整理がつかなくなってしまったみねこは、トキ(酒井若菜)と出会い・・・

第5話の感想
光司を失った悲しみが少しだけ癒された気がしました。

みねこがこれからもちゃんと生きていけると思えてよかったです。

生きていく希望の光が見えました。

トキに出会えて本当によかった。

第5話の口コミ・評判

第6話(最終回)

第6話のあらすじ
光司(前田旺志郎)がいなくなり、途方に暮れるみねこ(小西桜子)でしたが、トキ(酒井若菜)に出会ったことで気持ちを落ち着かせることができました。

そんなとき、猫に導かれるように向かった神社で光司が書いた絵馬を見つけ、生きていく決意をします。

美容室に行った帰り、いつものバス停に・・・

第6話の感想
1日だけ、また二人だけのゆっくりと流れる世界が戻ってきて、幸せで切ない時間でしたね。

こんな物語の最後にしてくれてよかったと思いました。

短くても本気で愛しあえて二人は幸せだったと思います。

もう会えないけど、もう一度会いたい人に、もしまた会えたら、伝えたいことがたくさんあると思います。

大切な人がいついなくなるか分からないという気持ちを忘れてはいけないですね。

ゆったりとした穏やかな空気に癒される温かなドラマでした。

第6話の口コミ・評判

まとめ

ドラマ『猫』の見逃し配信情報や作品情報、感想をお伝えしました。

楽曲と同じく心を打つ切なくも温かい物語です。

【スポンサーリンク】