ジブリ『猫の恩返し』を無料視聴できる動画配信サービスは?Netflix(ネットフリックス)でも見られる?

2002年7月20日に公開された、スタジオジブリ制作、森田宏幸監督によるアニメ映画『猫の恩返し』。

1995年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ作品で、『耳をすませば』の原作者である柊あおいさんが、宮崎駿監督からのリクエストを受けて描き下ろした漫画『バロン 猫の男爵』が原作です。

スタジオジブリ作品で唯一、映画化することを前提に原作を外注された作品です。

『ギブリーズ episode2』と同時上映され、日本の興行収入は64.8億円で、2002年公開の邦画で1位の記録となりました。

女子高生の吉岡ハルが、ある日、トラックに轢かれそうになった黒猫=猫の国の王子・ルーンを助けたことから、不思議な出来事に巻き込まれていくという物語。

『耳をすませば』に登場した猫の男爵バロンとムーンも登場します。

ゆるい雰囲気とキャラクターでほんわか、でもちょっとドキドキする作品です。

猫の仕草やセリフが猫好きにはたまりません!

アニメ映画『猫の恩返し』が観られる動画配信サービスについてまとめました。

アニメ映画『耳をすませば』を見ていなくても問題なく楽しめますし、続けて見るのもおすすめです!

【スポンサーリンク】

アニメ映画『猫の恩返し』はNetflix(ネットフリックス)では見られない!?

Netflixが、2020年2月から世界約190の国と地域でのスタジオジブリ21作品を配信すると発表しました。

ついにジブリ作品が動画配信されるのかと話題になりました。

しかし、Netflixで配信される約190の国と地域には、日本、アメリカ、カナダが入っていません。

残念ながら日本ではNetflixでジブリ作品を見ることはできません。

ちなみに、アメリカでは、米ワーナーメディアのストリーミングサービス「HBO Max」がスタジオジブリと独占配信契約をしています。

それでは日本ではどこの動画配信サービスで見られるのでしょうか。

アニメ映画『猫の恩返し』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『猫の恩返し』の動画配信状況はこちら。(2021年8月現在)

  『猫の恩返し』配信状況 無料期間
U-NEXT × 31日間
hulu × 2週間

TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCAS

×

○ ※宅配レンタル

30日間
Amazon プライム × 30日間
FOD プレミアム × 2週間
dTV × 31日間
Paravi × 2週間
music.jp × 30日間
Netflix × なし
ABEMA プレミアム × 2週間

○ = 見放題作品 △ = 有料レンタル作品 × = 未配信

※配信状況は日々変わりますので、最新情報は各動画配信サービスでご確認ください。

残念ながら日本では『猫の恩返し』を始めジブリ作品は動画配信されていません。

そこでおすすめなのが、DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスであるTSUTAYA DISCASです。

DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスなので、どの動画配信サービスでも配信されていない作品も見ることができます!

TSUTAYA DISCASはTSUTAYA TVとのセットで、初回30日間の無料体験が利用できます。

『猫の恩返し』も無料で見ることができます。

DVD・Blu-rayが届くまでの間は、TSUTAYA TVで配信されている作品を見て待ちましょう。

返却もポストに投函するだけなので楽ちんです。

もちろん返送料もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら『猫の恩返し』以外のジブリ作品もレンタル可能です。

ぜひ『耳をすませば』と合わせてご覧ください。

  • TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASとのセットで、初回30日間無料体験できる!
  • 無料体験登録時にもらえる動画ポイント(1,100ポイント)を利用することで新作も無料で観られる!
  • TSUTAYA DISCASは、DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスなので、どの動画配信サービスでも配信されていない作品も観られます! ※無料体験期間は旧作のみレンタル可能
  • 返却はポストに投函でOK!
  • Blu-rayには動画配信サービスでは観られない特典映像が収録されている作品もあります。

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

TSUTAYA DISCASの口コミ・評判

アニメ映画『猫の恩返し』作品情報

作品情報

作品名 猫の恩返し
配給会社 東宝
原作 柊あおい『バロン 猫の男爵』
企画 宮崎駿
監督 森田宏幸
脚本 吉田玲子
主な声優 池脇千鶴
袴田吉彦
前田亜季
山田孝之
佐藤仁美
佐戸井けん太
濱田マリ
渡辺哲
斉藤洋介
岡江久美子
丹波哲郎
音楽 野見祐二
主題歌 つじあやの『風になる』
公開日 2002年7月20日
上映時間 75分

宮崎駿監督が企画し、『耳をすませば』の原作者である柊あおいさんに原作を依頼。

スタジオジブリ作品で唯一、映画化することを前提に原作を外注された作品です。

『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ作品で、実質続編のような作品であり、続編は作らない方針のスタジオジブリが試みた唯一の続編に相当する作品となっています。

監督は、『AKIRA』『魔女の宅急便』などの動画、『名犬ラッシー』『老人Z』『走れメロス』『MEMORIES』『パーフェクトブルー』『スプリガン』『ホーホケキョ となりの山田くん』などの原画を担当した森田宏幸さん。

三鷹の森ジブリ美術館の短編アニメ『コロの大さんぽ』の原画を担当したことをきっかけに『猫の恩返し』の監督に抜擢されたそうです。

その後、スタジオジブリ作品では、『ゲド戦記 』(原画)、『かぐや姫の物語』(作画)、『二ノ国』(助監督・演出)を担当されています。

脚本は、『ドラゴンボールZ』『おジャ魔女どれみ』『おじゃる丸』『デジモンアドベンチャー』『カスミン』『ののちゃん』などの脚本を手がけた吉田玲子さん。

『猫の恩返し』以降も『映画 聲の形』『バクマン。』『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など数々の脚本を手がけています。

音楽は、『耳をすませば』、三鷹の森ジブリ美術館の短編アニメ『くじらとり』『コロの大さんぽ』の音楽も手がけた野見祐二さん。

主題歌は、シンガーソングライターのつじあやのさんの『風になる』。

映画ではアコースティックバージョンが使われています。

2002年7月20日に『ギブリーズ episode2』と同時上映され、日本の興行収入は64.8億円で、2002年公開の邦画で1位の記録となりました。

第20回ゴールデングロス賞最優秀金賞、第6回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞しました。

声優キャスト

  • 吉岡ハル ・・・ 池脇千鶴
  • バロン/フンベルト・フォン・ジッキンゲン ・・・ 袴田吉彦
  • ムタ/ルナルド・ムーン ・・・ 渡辺哲
  • トト ・・・ 斉藤洋介
  • ルーン ・・・ 山田孝之
  • ユキ ・・・ 前田亜季
  • 猫王 ・・・ 丹波哲郎
  • ナトリ ・・・ 佐戸井けん太
  • ナトル ・・・ 濱田マリ
  • ハルの母(吉岡直子) ・・・ 岡江久美子
  • ひろみ ・・・ 佐藤仁美
  • チカ ・・・ 本名陽子
  • 青い隊服の猫 ・・・ 宮本充
  • 猫兵 ・・・ 中村俊洋
  • 猫のシェフ ・・・ 鈴井貴之
  • 町田 ・・・ 安田顕
  • 町田の彼女 ・・・ 白鳥由里
  • 国語教師 ・・・ 大泉洋

<その他>

  • 田中敦子
  • 塚本景子
  • 香月弥生
  • 駒村多恵
  • 岸祐二
  • 清水敏孝
  • 青木誠
  • 江川大輔
  • 新垣樽助
  • よのひかり
関連記事

2002年7月20日に公開された、スタジオジブリ制作、森田宏幸監督によるアニメ映画『猫の恩返し』。 1995年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ作品で[…]

IMG

あらすじ

ある日、女子高生の吉岡ハルは、ラクロス部の親友・ひろみとの帰り道、黒猫がトラックに轢かれそうになるのを目撃。

ハルは咄嗟にひろみのラクロスのスティックを使って黒猫を助けます。

助けられた猫は日本語でお礼をすると、二足歩行で歩き去りました。

その猫は、猫の国の王子・ルーンで、その夜、猫王ら猫の国一行が現れ、ルーンを助けたお礼としてハルは目録をもらいます。

さらに翌日には、猫の国からのお礼が届きますが、ひろみには大量のラクロスのスティック、ハルには大量の猫じゃらし、マタタビ、ネズミと、猫しか喜びそうのないものばかりでした。

その後、ハルの元を訪れた猫王の家来ナトルに、「私は猫じゃないから猫じゃらしもマタタビも嬉しくない」と文句を言うと、「それならば猫の国へご招待致します」と言います。

猫王はハルをルーンの妃にしようとしているといい、ナトルは「今夜お迎えにあがります」と言い残し去ってしまいます。

「猫のお嫁さんにされちゃう」とパニックになるハルにどこからともなく声が聞こえてきました。

「猫の事務所を探して。十字街に居る白い大きな猫が教えてくれるから」

アニメ映画『猫の恩返し』の感想

なんとも言えないゆるい雰囲気に癒されます。

ゆるいし時間も短いし、気楽に見られるのがいいですね。

猫が立って喋るのがたまりません。

個性的な猫ばかりで、仕草やセリフも面白くて見飽きません。

敵となる猫たちも憎めないです。

音楽もゴージャスでクラシカルでキラキラしていてとても素敵です。

こんな猫の世界がどこかにあると想像するとワクワクしますね。

アニメ映画『猫の恩返し』の口コミ・評判

まとめ

アニメ映画『猫の恩返し』が見られる動画配信サービスについて、作品情報をお伝えしました。

残念ながら、現在『猫の恩返し』を配信している動画配信サービスはありません。

そこでおすすめなのが、DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスであるTSUTAYA DISCASです。

ぜひ『耳をすませば』と合わせてご覧ください!

  • TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASとのセットで、初回30日間無料体験できる!
  • 無料体験登録時にもらえる動画ポイント(1,100ポイント)を利用することで新作も無料で観られる!
  • TSUTAYA DISCASは、DVD・Blu-rayの宅配レンタルサービスなので、どの動画配信サービスでも配信されていない作品も観られます! ※無料体験期間は旧作のみレンタル可能
  • 返却はポストに投函でOK!
  • Blu-rayには動画配信サービスでは観られない特典映像が収録されている作品もあります。
無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

【スポンサーリンク】