ドラマ『にじいろカルテ』の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2021年1月21日木曜夜9時から、ドラマ『にじいろカルテ』が放送スタート!

高畑充希さん演じる、ある病を抱えた内科医が、山奥にある小さな村の診療所で、ヘンテコな外科医&看護師という男2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活をしながら、命と向き合い成長していく姿を描く、「病と共に生きること」をテーマとしたヒューマンドラマです。

高畑充希さんがテレビ朝日のドラマに初出演となることや、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』『ちゅらさん』、ドラマ『イグアナの娘』『ビーチボーイズ』『最後から二番目の恋』など、数々の名作ドラマの脚本を手がけた岡田惠和さんが初めて手がける医療ドラマということで注目されています。

前クールで大好きだったドラマ『姉ちゃんの恋人』も岡田惠和さんのオリジナル脚本なので、『にじいろカルテ』も期待しています!

きっと温かくて優しくて癒される作品になっていると思います。

ドラマ『にじいろカルテ』の作品情報や見逃し配信情報をお伝えします。

放送後、あらすじ、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『にじいろカルテ』の放送日・放送時間は?

『にじいろカルテ』は、テレビ朝日系列、木曜夜9時からの「木曜ドラマ」枠で放送されます。

ドラマ『七人の秘書』の後番組となります。

<放送日時>

テレビ朝日系列 

  • 2021年1月21日(木)スタート 毎週木曜21時00分 〜

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『にじいろカルテ』の見逃し配信は?

『にじいろカルテ』は、TVerで見逃し配信されます。

 
最新話の放送から1週間限り視聴可能です!
 

TVerは、8つの民法(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、テレビ東京、MBSテレビ、読売テレビ、ABC朝日放送)が連携した動画配信サービスです。

最新話が放送直後から1週間限り無料で視聴することができます。

見逃してしまった方、録画し忘れたという方に嬉しいサービスです。

ドラマ『にじいろカルテ』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『にじいろカルテ』は、TELASAで配信されます。

井浦新さん演じる外科医・朔と、北村匠海さん演じる看護師・太陽が主人公の配信限定のオリジナルストーリー『にじいろカルテ 大乱闘バレンタイン編』も配信されます!

 

わくわくドキドキのバレンタインデーに巻き起こる予期せぬ大騒動!?

ドラマ『にじいろカルテ』作品情報

作品情報

作品名

にじいろカルテ
脚本 岡田惠和
演出 深川栄洋
主な出演者 高畑充希
井浦新
北村匠海
安達祐実
眞島秀和
光石研
西田尚美
水野美紀
泉谷しげる
モト冬樹
半海一晃
池田良
水野久美

音楽

ワンミュージック

主題歌

藤井風『旅路』
放送期間 2021年1月21日 〜 3月18日

高畑充希さん演じる、ある病を抱えた内科医が、山奥にある小さな村の診療所で、ヘンテコな外科医&看護師という男2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活をしながら、命と向き合い成長していく姿を描く、「病と共に生きること」をテーマとした温かくも胸に響くヒューマンドラマです。

脚本は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』『ちゅらさん』、ドラマ『イグアナの娘』『ビーチボーイズ』『最後から二番目の恋』など、数々の名作ドラマの脚本を手がけた、ヒューマンドラマの名手・岡田惠和さん。

岡田惠和さん初の医療ドラマです!

医療ドラマの王道とは一線を画したストーリーで、病気を治したら終わりではなく、その後の人生をいかに支えていくか、様々な命とどう向き合い、人生に寄り添っていくのかが描かれます。

王道の医療ドラマで描かれるようなスーパードクターじゃない、人なみの弱さを抱える普通の・・・、普通よりもちょっとダメ人間な全然スーパーじゃないドクターたちがそれぞれの生き方を見つけていく、笑って泣けるチーム医療ドラマです。

演出は、映画『神様のカルテ』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』、ドラマ『あの家に暮らす四人の女』『手紙』『僕とシッポと神楽坂』などを手がけた深川栄洋さん。

音楽は、ドラマ『世界一難しい恋』『家政夫のミタゾノ』『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』などの音楽を手がけた作曲家ユニット・ワンミュージック。

主題歌は、今大注目のシンガーソングライターの藤井風さんが書き下ろした新曲『旅路』。

初のタイアップ作品とのこと。

キャスト

<虹ノ村診療所

  • 紅野真空(内科医) ・・・ 高畑充希
  • 浅黄朔(外科医) ・・・ 井浦新
  • 蒼山太陽(看護師) ・・・ 北村匠海

<虹ノ村の村民>

  • 橙田雪乃(村唯一の商店兼食堂「にじいろ商店」の看板娘。認知症を患っている) ・・・ 安達祐実
  • 橙田晴信(雪乃の夫。「にじいろ商店」の店主) ・・・ 眞島秀和
  • 霧ケ谷桂(村役場の職員) ・・・ 光石研
  • 霧ケ谷氷月(桂の妻。雪乃、嵐の幼馴染) ・・・ 西田尚美
  • 緑川嵐(村役場の職員。シングルマザー) ・・・ 水野美紀
  • 緑川日向(嵐の娘) ・・・ 中野翠咲
  • 緑川日出夫(嵐の義理の父親。日向の祖父。村の同級生老人3人組「じじーず」のリーダー) ・・・ 泉谷しげる
  • 白倉博(日出夫の同級生。「じじーず」のメンバー) ・・・ モト冬樹
  • 筑紫次郎(「じじーず」のメンバー) ・・・ 半海一晃
  • 桃井佐和子(一人暮らしのおばあちゃん。元小学校の教師で、村人はだいたい教え子) ・・・ 水野久美

<まじょりか宅配便>

  • 雨尾結城(「まじょりか宅配便」の配送スタッフ。通称“まじょたく君”) ・・・ 池田良

あらすじ

東京の大病院の救命救急の現場で、夢と誇りを持ちながら働いていた医師・紅野真空(高畑充希)。

ある日突然、“ある病”であることが発覚します。

医者だからといってお金もないし、仕事も続けたいし・・・と困った真空は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことに。

なにやら怪しいバスに乗り、鬱蒼とした森を抜け、たどりついた虹ノ村で待ち受けていたのは、ヘンテコな外科医&看護師という男2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活と、まるで妖怪みたいに個性豊かな村人たちでした。

ドラマ『にじいろカルテ』各話のあらすじ、感想、口コミ・評判

第1話

第1話のあらすじ

怪しげなバスに乗り、鬱蒼とした森を抜け、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。

東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には、ある秘密がありました。

降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをします。

導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していました。

やがて案内された診療所で、「本業は農家、副業が外科医」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と出会います。

そして、真空は彼らと三人一つ屋根の下で暮らすことになります。

第1話の感想
岡田惠和さん脚本のドラマは温かくて大好きです。

仲が良く、助け合いのコミュニティでいいですね。

村の人たちがどんな人たちなのか、興味津々です。

診療所も素敵な建物で惹かれます。

医療ドラマでもあるので緊張感のあるシーンもありますが、期待通りの癒されるドラマでした。

真空の病気も心配ですが、無事に幸せに暮らしてくれることを願っています。

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ

「わたし、嘘をついていました」

ついに秘密を告白した内科医・真空(高畑充希)でしたが、「医者で患者、最強じゃん?」という温かい言葉をもらい、これからも虹ノ村診療所で働くことができることになりました。

翌日、村のお年寄りたちは待望の内科医の登場に大はしゃぎ!

真空は、孫についての悩みや、畑で獲れた冬瓜のプレゼントなど、診察に関係ないことまで、熱心にじっくり向き合い寄り添います。

往診先で出会った一人暮らしのおばあちゃん・佐和子(水野久美)からも、スマホを買ったが話す相手がいないと相談され、「いつでも話し相手になる」と申し出てしまい、さっそくかかってきた電話にも丁寧に対応します。

期待に応えたいと張り切る真空でしたが、その要領の悪さに、患者の待ち時間は増える一方・・・

朔(井浦新)と太陽(北村匠海)の心配は募っていきます。

連日の診療所の大行列に、真空の体調は密かに悪化していましたが、仲間に頼ることができずにいました。

そんなある日、ある患者の“優しい嘘”を見逃してしまい・・・

まさかの診断ミス、救えるはずの命が危機に。

第2話の感想
みなさんの自然な演技が素晴らしい!

岡田惠和さん脚本のドラマはなにより人が温かいですね。

こんな優しい人たちに囲まれていたら幸せだろうな。

自然もたくさんでいいなぁ。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ

「私は誰なんでしょうか・・・?」

ある日、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んできました。

真空(高畑充希)のことも、自分自身のことも、なにもわからないといいます。

朔(井浦新)から、雪乃は3年前から認知症を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。

雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわかりませんでした。

“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空でしたが、なぜか朔と太陽(北村匠海)は落ち着いた様子。

そんな中、雪乃の幼馴染である嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)がハイテンションで登場。

2人は、そのまま真空と雪乃を連れてある場所へ。

一方、無言のまま、雪乃たちを見送った晴信は、朔や太陽、そして霧ケ谷(光石研)と共に“想い出のカツサンド”を作り始めます。

第3話の感想
朔の朝ごはん素晴らしすぎる!

真空と朔と太陽の関係がいいですね。

男とか女とか言うなって言っていますが、真空は女性って感じだし、朔と太陽は男性だなって思うのがなんかいい感じです。うまく伝えられませんが^^;

2週間くらいで全部忘れてしまう人に、どう接するのが正解なのかはわからないけど、嵐や氷月たちはこんなにしてあげられるなんて本当に優しいですね。

本当の友達ですね。

晴信も救われると思います。

晴信も毎回すごく怖いだろうな。

4人の話にめちゃくちゃ励まされました。

誰もが何かしら抱えて生きていますよね。

でもどうあっても幸せには生きられるんだと希望をもらいました。

第3話口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ

朝から畑に佇み、空を見上げる朔(井浦新)。

いつもと違うその様子が少し気になる真空(高畑充希)。

一方、太陽(北村匠海)は朝からお尻にある大問題を抱えていました。

誰にも相談できず、悶絶しながら悩んでいたところ、次々に霧ケ谷(光石研)と氷月(西田尚美)や嵐(水野美紀)ら村人たちが押し寄せ、虹ノ村診療所は大騒ぎに。

そんな中、隣村のキャンプ場で土砂崩れが発生。

多くの怪我人が出ている中で治療の優先順位を決めるトリアージをしてほしいとの要請を受けます。

急いで現場に向かうことになった真空、太陽、朔でしたが、その様子を見て朔に「大丈夫?」と声をかける霧ケ谷。

笑顔で応える朔でしたが、心配そうな霧ケ谷の様子に、何か知っているようだと悟る真空。

緊張感が漂う中、土砂崩れの現場に入り、朔の指示のもと、命を救うために奔走する3人。

そんな混乱の中、ある患者の「大丈夫です」という言葉に、思わず朔は「それはあなたが決めることじゃない!」と激昂します。

彼の脳裏には妻・沙織(佐々木希)の姿が思い出され・・・

第4話の感想
朔の過去が辛すぎます。

再びトリアージすることになったときの朔の思いに泣きそうでした。

みんな、辛い思いをしてきたからこそ、普段はみんなでわちゃわちゃして楽しくしようとしているのかなと思いました。

みんな、楽しく一生懸命生きようとしているのを感じます。

朔が歌いながら泣いていたところは泣けました。

最後まで誰も聞かなかったし、朔も話さなかったのが、今までにない優しいドラマだと思いました。

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ

虹ノ村に超人気バラエティ番組「ぽつんと診療所」がやってきました。

テレビ取材に張り切る村人たちでしたが、真空(高畑充希)は病のことや、この村にいることをまだ母親に伝えられていないとこぼします。

そんな中、太陽(北村匠海)は、テレビクルーのカメラマンが足から血を流していることに気づき・・・

佐和子(水野久美)の家で朔(井浦新)の涙を見て以来、なにか辛い過去があるのだろうと察しつつも、本人が言うまでなにも聞かないと決めた真空と太陽。

そんなある日、真空は、畑で作業をする朔を窓からじっと眺めながら何やら考える太陽を見かけます。

どこか寂しげな表情で「ちょっとうらやましいなぁ」と呟く太陽に、真空はその意味を測りかねます。

その夜、太陽の様子がおかしいことを察した朔は、妻・沙織(佐々木希)との過去を、話し始めます。

「仲間だから気を遣わせるのは嫌なんだ」と無理して笑う朔。

しかし、その話を聞いた太陽は、なぜかさらに辛そうに顔を歪め、寒空の中、診療所を飛び出してしまいます・・・

数日後、ついに虹ノ村が取材された「ぽつんと診療所」の放送日。

にじいろ商店にいつものメンバーで集い、酒盛りをしていると、いつの間にか泥酔した太陽が、突如ブチ切れます。

「あんたらには、わかんねえんだよ!」

第5話の感想
ちゃんと言葉で伝えることを大切にしているドラマですね。

そのとき人の感情の変化や繋がりが見えて素敵です。

時々いじったりするけど、根底に愛があるのが分かるし、本当に温かいですね。

太陽が昔作った曲やばすぎるw

しかも村の放送で流すなんてw

めっちゃ笑って、ちょっと涙でました^^

太陽の気持ちはすごくよく分かります。

でも、普通でいいし、普通なんてないと思います。

第5話の口コミ・評判

第6話

第6話のあらすじ

部屋でカレンダーを眺める真空(高畑充希)、もうすぐ母親の誕生日でした。

いい加減、自分の病のこと、そして虹ノ村で暮らしていることを伝えなければと思うのですが、何度もメールを打っては消し、打っては消しを繰り返してしまいます。

そんなある日、雪乃(安達祐実)の記憶を確認する定期診察の日がやってきました。

自分の年齢、簡単な引き算、野菜の名前などの記憶テストを行うも難なく答える雪乃でしたが、ふと「こんな簡単な質問が、答えられなくなる日がくるのかな…」と不安な表情を見せます。

そこへ突然、泥だらけの日向(中野翠咲)が飛び込んできます。

息絶え絶えに「お母ちゃんとじいちゃんが…」と告げる日向。

真空、太陽(北村匠海)、朔(井浦新)は慌てて診療所を飛び出し緑川家に向かうと、そこで嵐(水野美紀)、日出夫(泉谷しげる)が倒れているのを発見。

一方、日向を預かって欲しいと頼まれた氷月(西田尚美)は大喜びするが、その様子を見た霧ケ谷(光石研)は少し複雑な表情を浮かべ…

そんなある日、診療を終えた真空が突如、倒れてしまいます。

第6話の感想
お母さんに伝えられてよかったですね。

病気と幸せであるかは、もちろん関係もあるけど、全てではないですよね。

それは病気に限らないと思います。

辛いことがあるからこそ、みんなの優しさと温かさが沁みますね。

第6話の口コミ・評判

第7話

第7話のあらすじ

「あと、どれくらい?どれくらいしたら、私は何もわからなくなるの――?」

まだら認知症を抱える雪乃(安達祐実)は、定期健診で突如自分の年齢を答えることができなくなります。

覚悟していた瞬間がまたやってきたと、真空(高畑充希)は姿勢を正し、晴信(眞島秀和)から託されていたノートの記録を雪乃に説明します。

症状が出始めてから何も思い出せなくなるまで約10日。

その事実に、不安そうに瞳を揺らしながらも平静を装う雪乃を、真空は気分転換に「一緒に往診に行きませんか」と誘います。

朔(井浦新)、太陽(北村匠海)と共ににじいろ号に乗り込み、佐和子(水野久美)の家を訪れる真空と雪乃。

そこで雪乃は、1枚の婚礼写真を見つけます。

実は虹ノ村には、古くから伝わる“虹ノ洞穴”の伝統的な婚礼がありましたが、今ではウェディングドレスが人気で隣町の結婚式場で挙げることが多いのだといいます。

雪乃もその1人だったといいますが、結婚式の記憶がない雪乃は顔を曇らせます。

そんな雪乃の心中を察した真空は、その夜、急遽にじいろ商店に村のみんなを召集し、雪乃と晴信の結婚式を提案します。

最初は戸惑う晴信でしたが、愛する妻の願いを叶えたいと一念発起を決意。

途絶えていた村の伝統行事の復活に、じじーず(泉谷しげる、モト冬樹、半海一晃)や佐和子をはじめ、当人より村人たちが大張り切り。

しかし雪乃は嬉しい気持ちの一方で、認知症の症状が進行していることに不安を抱き・・・

第7話の感想
切ないですね。

何度も忘れてしまう病気で一人で生きていくのは難しいだろうな。

雪乃には晴信やみんながいてくれて本当によかった。

何事もどう捉えるかが大事ですよね。

第7話の口コミ・評判

第8話

第8話のあらすじ

夜中にトイレから出てきた太陽(北村匠海)。

リビングから何やら声が聞こえ、そちらに向かおうとしたところ、なんと真空(高畑充希)と朔(井浦新)が恋仲であると発覚!?

あまりの衝撃に声を出すこともできず、思わず診療所を飛び出してしまいます。

パジャマのまま、朝靄の山奥を1人歩き続ける太陽。

2人のことを思い出しながら、自らの過去の嫌な記憶もよみがえり・・・

飲み物を買ってベンチに座った太陽は、何もかも忘れるべく、イヤホンで大音量の音楽を聴いているうちに、眠りに落ちてしまいます。

しばらくして目覚めると、ベンチの隣には、冷たくなり心肺停止になった見知らぬ男性が!?

現場に駆け付ける真空と朔でしたが、応急処置も空しく死亡が確認されます。

連絡をもらった霧ケ谷(光石研)も立ち合い、診療所では警察が太陽の事情聴取など行い、亡くなった身元不明の男性が「自分の失踪した夫では・・・?」と勘繰る嵐(水野美紀)や、雪乃(安達祐実)と氷月(西田尚美)もやってきます。

一方、霧ケ谷は身元不明の男の腕にあった痣に、自らの過去を思い出し・・・

そんな中、「自分がもう少し早く気づいていれば、彼を救えたのではないか」と自らを責め、ひとり涙する太陽。

真空と朔にも自分が抱えるモヤモヤを伝えられず、虹ノ村の仲間への違和感も募っていき・・・

第8話の感想
太陽が一番普通の人で視聴者に近い立場なのかも。

この村みたいな人の近さは違和感を覚える人もいると思うし、テンションにもついていけない人もいると思います。

太陽はそんな人だと思いますし、周りのみんなはそんな太陽をそのまま受け入れてくれて、無理に引き込もうとも、置いてきぼりにもしていない感じがしました。

太陽、ちょっとかわいそうでしたね。

第8話の口コミ・評判

第9話(最終回)

第9話のあらすじ

虹ノ村に新たな住人、無口で愛想がなく、謎に包まれた1人の男性・藤田(柄本時生)がやってきました。

張り切りまくりの霧ケ谷(光石研)は、一軒の空き家を案内しますが・・・

そんな中、虹ノ村の面々は、まもなく訪れる“のど自慢大会”の準備の話題で大盛り上がり。

微笑ましく聞いていた真空(高畑充希)でしたが、嵐(水野美紀)から「真空ちゃんの分も申し込んでおいたよ」と突如言われて唖然。

なんと真空、朔(井浦新)、太陽(北村匠海)の3人で虹ノ村診療所チームとして申し込み済みだといいます。

有無を言わさず参加することが決定し、驚きつつも嬉しい真空。

しかし、時おり感じる手の痺れに、一抹の不安を感じ始め・・・

翌日、診療所に、もがき苦しむ藤田がやってきます。

霧ケ谷に抱えられ「足が痛い」とうめくものの、原因がわからず首をかしげる朔。

そこへさらに、脚立から落ちた西川、何やら様子がおかしい佐和子(水野久美)、そしてついには骨折したらしいまじょたく(池田良)まで現われ、緊急手術が行われることに。

突然嵐のように忙しくなった診療所で、真空、朔、太陽は見事なコンビネーションで次々に患者を救っていきます。

「私たち、最強の3人だよね」

楽しくて、やりがいがあって、最高の仲間に恵まれて。

そんなある晩、3人が笑いながら食卓を囲んでいると、突然真空の表情が一変。

そのまま床に倒れ込んでしまいます。

第9話の感想
もう真空がいない村なんて考えられませんね。

温かくて優しくて癒されるドラマでした。

世界がこのドラマみたいな世界だったらいいのに。

穏やかな気持ちになれました。

第9話の口コミ・評判

まとめ

『にじいろカルテ』の見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報、感想、評判をお伝えしました。

「病と共に生きること」をテーマとした、岡田惠和さんオリジナル脚本の新しいチーム医療ドラマ。

温かくて優しくて癒されるドラマです。

【スポンサーリンク】