ドラマ『おじさまと猫』(おじ猫)の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2021年1月6日水曜深夜24時58分から、ドラマ『おじさまと猫』(おじ猫)が放送されます。

Twitterにて公開されると瞬く間に話題になり雑誌連載されることになった、大人気コミック『おじさまと猫』の実写ドラマ化です!

ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫と、その猫を迎え入れる一人の男性の心温まる日々を描いたハートフルストーリーです。

温かく優しい気持ちになれる、癒しと涙の物語です。

ドラマ『おじさまと猫』の見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報を紹介します。

あらすじ、感想も追記していきます。

【スポンサーリンク】

ドラマ『おじさまと猫』の放送日・放送時間は?

ドラマ『おじさまと猫』は、水曜深夜のテレビ東京系「ドラマパラビ」枠で放送されます。

ドラマ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』の後番組です。

また、動画配信サービスParaviで先行配信が行なわれます。

<放送日時>

テレビ東京・テレビ大阪

  • 2021年1月6日(水)スタート 毎週水曜深夜24時58分 〜

テレビ愛知

  • 2021年1月6日(水)スタート 毎週水曜深夜26時05分~

テレビ北海道

  • 2021年1月10日(日)スタート 毎週日曜深夜25時35分~ ※初回は深夜25時50分~

TVQ九州放送

  • 2021年4月5日(月)スタート 毎週月曜深夜24時30分~   

テレビ和歌山

  • 2021年4月17日(土)スタート 毎週土曜夜23時30分~

<独占先行配信>

Paravi

  • 2021年1月1日(金)21時 〜 配信スタート
    ※2話以降は2021年1月6日(水)より毎週水曜21時から独占先行配信

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『おじさまと猫』の見逃し配信は?

ドラマ『おじさまと猫』は、TVerで見逃し配信されます。

 
最新話の放送から1週間限り視聴可能です!

ドラマ『おじさまと猫』を無料視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『おじさまと猫』は、2021年1月1日(金)21時からParaviで独占先行配信されます。

※2話以降は2021年1月6日(水)より毎週水曜21時から、テレビ放送より1週間早く独占先行配信!

Paraviは、TBS、テレビ東京の番組が充実しています!

  • 半沢直樹
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 危険なビーナス
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木
  • おカネの切れ目が恋のはじまり
  • テセウスの船
  • 恋はつづくよどこまでも
  • MIU404
  • 私の家政夫ナギサさん
  • 病室で念仏を唱えないでください
  • 下町ロケット
  • G線上のあなたと私
  • 凪のお暇
  • グランメゾン東京

など、Paravi独占の人気作品が多数!

Paraviでしか観られないディレクターズカット版やオリジナルストーリーも!

<Paraviを無料体験してみる!>

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

ドラマ『おじさまと猫』作品情報

作品情報

作品名

おじさまと猫

原作

桜井海『おじさまと猫』
脚本 ふじきみつ彦
伊達さん(大人のカフェ)
監督 椿本慶次郎
副島正寛
主な出演者 草刈正雄
神木隆之介(声の出演)
小関裕太
武田玲奈
平山浩行
高橋ひとみ
升毅
主題歌

オープニングテーマ:吉澤嘉代子『刺繍』
エンディングテーマ:阿部真央『ふたりで居れば』

放送期間 2021年1月6日(深夜) 〜 3月14日(深夜)
2021年1月1日21時からParaviで独占先行配信

原作は、桜井海さんの人気漫画『おじさまと猫』。

誰かに愛されたかった猫と、孤独だったおじさまの心温まる物語です。

2017年6月12日に、桜井海さんがTwitterにて公開すると瞬く間に話題になり、コミック配信サイト「ガンガンpixiv」および「月刊少年ガンガン」にて連載されることになりました。

累計発行部数は140万部を突破しています。

2018年「次にくるマンガ大賞 2018」Webマンガ部門 2位、2020年「第4回みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」2位に選ばれました。

脚本は、映画『子供はわかってあげない』、ドラマ『きょうの猫村さん』『渋井直人の休日』『バイプレイヤーズ』シリーズなどを手がけたふじきみつ彦さん、演劇コントユニット「大人のカフェ」のボケ・ネタ作り担当で、脚本家としても活動している伊達さん。

監督は、ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』『40万キロかなたの恋』『ねぇ先生、知らないの?』などを手がけた椿本慶次郎さん、ドラマ『目玉焼きの黄身いつつぶす?』などで助監督を務めた副島正寛さん。

主題歌は、オープニングテーマに吉澤嘉代子さんの『刺繍』、エンディングテーマに阿部真央さんの『ふたりで居れば』。

キャスト

  • 神田冬樹(世界的有名ピアニスト。音楽教室のピアノの先生) ・・・ 草刈正雄
  • ふくまる(長くペットショップで売れ残っていたところ神田に迎え入れられるエキゾチックショートヘアのオス猫) ・・・ 神木隆之介(声の出演)
  • 森山良春(神田が勤める音楽教室の同僚) ・・・ 小関裕太
  • 佐藤もみじ(ペットショップの店員) ・・・ 武田玲奈
  • 日比野奏(神田をライバル視しているピアニスト) ・・・ 平山浩行
  • 神田鈴音(神田の亡き妻) ・・・ 高橋ひとみ
  • 小林夏人(幼少期からの神田の親友) ・・・ 升毅

あらすじ

ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。

日に日に値段が下げられ、お客さんに見向きもされなかった猫は、いつしか誰かに愛されることを諦めるようになっていました。

そんなある日、猫の前に一人の男性・神田冬樹(草刈正雄)が現れます。

神田は世界的に著名なピアニストでしたが、妻に先立たれたショックから立ち直れず、ふさぎこんだ日々を送っていました。

しかし、亡き妻との会話を思い出し、たまたま通りがかったペットショップに立ち寄ったのでした。

神田は、動物が苦手にも関わらず、その猫に一目で惹かれてしまい、思わず「この猫をください」と告げます。

迎え入れられた猫は”ふくまる”と名付けられました。

神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続でしたが、次第に笑顔を取り戻していきます。

ドラマ『おじさまと猫』各話のあらすじ、感想、評判

第1話

第1話のあらすじ
ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。

日に日に値段が下げられ、お客さんに見向きもされなかった猫は、いつしか誰かに愛されることを諦めるようになっていました。

そんなある日、猫の前にひとりの男性・神田(草刈正雄)が現れます。

妻に先立たれたショックから立ち直れずにいた神田は、亡き妻との会話を思い出し、たまたま通りがかったペットショップに立ち寄ったのでした。

そして、その猫に一目惚れして・・・

第1話の感想
運命の出会いすぎた!

見る前はぬいぐるみなの!?と思っていましたが、パパさんがふくまるを抱きしめたところで泣いてしまいました。

心が温かくなって癒されました。

登場人物みんなが優しい世界だ・・・

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ
神田(草刈正雄)の家に初めてやってきた猫は、慣れない広い部屋への戸惑いと神田の家族に拒まれることを恐れ、キャリーケースから出られずにいました。

そんな様子に、神田は自分一人しか住んでいないことを告げます。

自分と同様、神田も孤独を感じていると知った猫は、寂しげな表情で話す神田にそっと擦り寄ります。

神田は、出会えたことが幸福だという理由から、その猫に“ふくまる”と名付けることに。

こうして、一人と一匹の温かな生活が始まりました。

第2話の感想
幸せがあふれていますね。

ずっと顔がほころんでしまいます。

ドラマを見ている間だけは、嫌なことも全部忘れられますね。

本当にパパさんとふくまるが出会えてよかった^^

奥さんが亡くなってしまったことは残念ですが、再び幸せになれて本当によかった。

猫飼いたいなー☆

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ
新しい職場に初出勤する神田(草刈正雄)は、家に置いていくふくまる(声:神木隆之介)のことが心配で仕方ありませんでした。

そんな神田を励ますように、一人で待てると意気込むふくまるでしたが、いざ神田が出ていくと寂しさでいっぱいに。

一方、新しい職場の音楽教室で、同性の職員が来たと喜ぶ森山(小関裕太)から、歓迎会をしようと声をかけられますが、ふくまるのことが心配でたまらない神田は・・・

第3話の感想
尊いなぁ^^

こんなに相思相愛の相手に出会えるなんて幸せですね。

ふくまるって名前も本当にいい名前。

ふくまるの動き、どうやってるんだろう。

魚取ってめちゃめちゃ飛んでましたよね。

音楽教室の森山先生のキャラがウケるw

ピアノ弾く人に猫好きが多い気がします。

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ
ふくまる(声:神木隆之介)はもうすぐ1歳。

神田(草刈正雄)は、ペットショップ店員の佐藤(武田玲奈)から早めの去勢手術を勧められていました。

どの本を読んでも手術すべきだと書かれていましたが、ふくまるに万が一のことがあったらと想像すると不安でたまりません。

周囲にも相談しながら、神田は意を決して去勢に踏み切る決断をします。

病院へ連れて行くと、診察台で怯えるふくまる。

神田はふくまるを安心させるために言葉を重ね、獣医にふくまるを託しますが・・・

第4話の感想
今回もふくまる可愛かった!

餌をねだるときの目が生きてるようでした^^

パパさんがふくまるを心配して離せないところとか、ふくまるの可愛さに負けて餌をあげてしまい後悔してるところとか、おもしろいし、尊い^^

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ
ふくまる(声:神木隆之介)のおかげもあって、音楽教室の子供達にも大人気の神田(草刈正雄)。

レッスン後、森山(小関裕太)と話していると、神田の幼少期の思い出を垣間見ることになります。

そして帰宅途中、小林(升毅)に遭遇し、猫グッズが並ぶ雑貨屋に入ると、すっかり猫好きになった神田は次々と猫グッズを購入。

ところが、ふと目に入ったマグカップから、かつて妻・鈴音(高橋ひとみ)とこの雑貨屋を訪れた時のことを思い出します。

第5話の感想
神田とふくまると小林とちゃことの2人と2匹の時間が、可愛くて優しくて温かな空気すぎて顔がほころんでしまいました^^

究極の癒しでした。

神田とふくまるが段ボールをトントンしているところもいい!

奥さんがいてくれたらどれだけ幸せだったかと思って切なくなってしまいますが、だからこそふくまるが愛しいですよね。

ふくまるの心の声が尊い。

本当に出会えてよかった。

動物は可愛いよ〜^^

2つの主題歌も優しくて好きです。

第5話の口コミ・評判

第6話

第6話のあらすじ
ふくまる(声:神木隆之介)と暮らすようになってから、妻が生きていた頃のように、少しずつピアノが楽しめるようになった神田(草刈正雄)。

そんなある日、音楽教室で神田の演奏のすばらしさに興奮した森山(小関裕太)は、神田をピアノのコンサートに一緒に行こうと誘います。

神田は心の中では戸惑いを感じながらも快諾します。

今話題のピアニスト日比野奏(平山浩行)のコンサートでしたが、会場に行った神田は・・・

第6話の感想
今回も心が温かくなりました。

森山は人懐っこくて、それがふくまるにもわかったんだね。

森山とふくまるが一緒に神田のピアノを聴いているところに癒されました。

ふくまるの目が輝いていましたね。

いい日になってよかったですね。

何気ない一日一日を大切に感じていきたいと思いました。

第6話の口コミ・評判

第7話

第7話のあらすじ
世界的ピアニストである神田(草刈正雄)との才能の差に打ちのめされて以来、神田を憎んでいる日比野(平山浩行)は、先日、自分のコンサートを神田が途中退出したことに苛立っていました。

そんな中、日比野は母親(朝加真由美)から猫・マリン(声:松本穂香)の飼育を押し付けられ、しぶしぶ猫グッズを揃えるためペットショップに向います。

店員の佐藤(武田玲奈)に勧められるがまま、大量の猫グッズを選んでいると、偶然にも神田と再会し・・・

第7話の感想
ふくまるの出番は少なかったけど、めちゃくちゃ面白くて素敵な回でした!

神田と日比野の距離が猫を通して近くなって、本当に良い出会いでしたね。

そして次回は、ふくまるとマリンが出会うなんて、楽しみすぎる!

ペットショップ店員の佐藤のキャラもいいな^^

第7話の口コミ・評判

第8話

第8話のあらすじ
神田(草刈正雄)は、ピアニストの日比野(平山浩行)が猫を飼い始めたばかりだと聞いて、日比野の家について行きました。

しかし、家に着くと、ケースの中にいるはずのマリン(声:松本穂香)がいなくなっていました。

奥まった隙間に隠れていたマリンを見つけると、その姿を見て神田は驚きます。

なんと自分の飼い猫のふくまる(声:神木隆之介)とそっくりだったのです。

ふくまるとマリンは姉弟かもしれない、そう思った神田は、日比野とマリンを自宅に招待しますが・・・

第8話の感想
ああ、幸せが溢れていて、全てを忘れてずっと笑顔で見ていられました。

もふもふシーンがたまらなかったです^^

最高です!

日比野がいつのまにかマリンのことを好きになっているのが尊い。

2人と2匹の運命の出会いですね。

猫飼いたくなりますね。

第8話の口コミ・評判

第9話

第9話のあらすじ
神田(草刈正雄)は音楽教室の生徒の発表会が迫り、以前、日比野(平山浩行)のコンサートの会場で、まともに息をすることもできなかった自分が、生徒を支えることはできないと悩んでいました。

退職届を出すことを決意しますが、それを知った親友の小林(升毅)は、「もっと周りを頼れよ!」と叱咤します。

逡巡したまま退職届を提出する神田でしたが、同僚の森山(小関裕太)は自分がコンサートに誘ったのが原因だと落ち込みます。

第9話の感想
優しい世界ですね。

動物も可愛いくて癒されるけど、人間も優しくて癒されます。

この世界で生きていきたい。

神田と、日比野、小林、森山。どの関係もそれぞれいい!

第9話の口コミ・評判

第10話

第10話のあらすじ
同僚の森山(小関裕太)のバンドライブに誘われた神田(草刈正雄)。

しかし、コンサート会場での一連の出来事から不安を抱えていました。

親友の小林(升毅)に相談すると、事前に別のライブに一緒に行ってみようと提案されます。

ピアノのコンサートとは全く違った、ロックの激しくて騒がしい空間に、神田は圧倒されてしまいます。

果たして、無事会場に居続けることはできるのか・・・

さらにステージ上で意外な人物にも遭遇してしまい・・・!?

第10話の感想
今回の日比野とのエピソードもよかった!

誤解が解けてよかった

イケてるおじさま方やわ^^

せっかくの最高の一日が・・・ふくまる〜

第10話の口コミ・評判

第11話

第11話のあらすじ
ライブに出かけた神田(草刈正雄)が家に帰ってくると、ふくまる(声:神木隆之介)が家からいなくなっていました。

神田のために願い事をしようと、流れ星を探しに行き、迷子になってしまっていました。

神田はいなくなったふくまるを懸命に捜索します。

ついに、ふくまるの姿を見つけ近寄ってみると、その子は、ふくまるにそっくりな別の猫でした。

しかも激しく衰弱した様子で・・・

一刻も早くふくまるを見つけたい一方で、目の前の猫を見捨てることはできない。

そんな神田が取った選択は・・・

第11話の感想
泣いた〜

よかった〜、ふくまる〜!

不安とみんなの優しさにめちゃくちゃ胸を締め付けられました。

第11話の口コミ・評判

第12話(最終回)

第12話のあらすじ
神田と再会し、無事に帰ってきたふくまる(声:神木隆之介)。

安心するも、ふと孤独に過ごした日々がこみ上げ、泣き出してしまいます。

そんなふくまるに神田(草刈正雄)はそっと寄り添うのでした。

一方、森山(小関裕太)のライブが翌日に迫っていました。

ふくまるの捜索に協力してくれた皆のためにも、神田はライブに行くことを決意。

しかし翌日、会場で神田が目にしたのは、仲間に見捨てられ、ステージで一人立ち尽くす森山の姿でした。

そんな彼のために神田ができること、それは・・・

まとめ

ドラマ『おじさまと猫』の見逃し配信情報、視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えしました。

放送後に感想、評判を追記していきたいと思います。

誰かに愛されたかった猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を描いたハートフルストーリーです。

お互いを想い合う一人と一匹に、癒され、優しい気持ちになれます。

【スポンサーリンク】