映画『シャン・チー/ テン・リングスの伝説』(2021)の日本語吹き替え声優キャスト一覧

2021年9月3日に公開された、マーベル・スタジオの新ヒーロー、最強ゆえに戦うことを禁じたシャン・チーの物語を描いた映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。

大人気シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目となります。

かつて父が率いる犯罪組織で、組織の後継者になることを期待され最強の暗殺者として鍛えられたシャン・チー。

しかし、優しすぎる彼は、自ら戦うことを禁じ、その運命から逃げ出します。

過去と決別して平穏に生きることを誓い、アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていたシャン・チーでしたが、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、封印していた力を解き放ってしまいます——

これまでのヒーローとは違う、武術“マーシャル・アーツ”による白熱の格闘アクションが見どころ!

まさにマーベル・スタジオの新たな時代を築く新ヒーローです!

そして、これまでのマーベル作品にも随所に登場してきた“テン・リングス”の正体が明らかに・・・!?

そんなマーベル・スタジオの新時代の幕開けを飾る映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の日本語吹き替えを担当した声優を紹介します。

【スポンサーリンク】

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の日本語吹き替え声優

シャン・チー/ショーン
演:シム・リウ 日本語吹き替え:細谷佳正

父が率いる犯罪組織の後継者として、最強の暗殺者として育てられたが、その宿命に抗う主人公、シャン・チーを演じたのは、シム・リウ

シム・リウはシャン・チーを演じるため、毎日、世界各国の最高峰の武術の達人たちからトレーニングを受け、人類に知られているほぼすべてのファイティング・スタイルを考え得る限りおさらいしたとのことです!

日本語吹き替えを担当するのは、細谷佳正(ほそや よしまさ)さん。

2014年、第8回声優アワード助演男優賞、2016年、第10回声優アワード助演男優賞を受賞しています。

本作のアクションシーンの録音について、「原音には格闘もあるので、被ってくるんですよね。シャン・チーの声と敵役の「えいっ」て声が。走って殴って名前を呼んでってところは秒単位でコロコロ変わっていかなければならないので、聞き分けながらあてていくっていうのが大変でした」と語っています。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 「トワイライト」シリーズ ジェイコブ・ブラック(演:テイラー・ロートナー)
  • 「ダイバージェント」シリーズ ケイレブ・プライアー(演:アンセル・エルゴート)
  • 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』カイル・リース(演:ジェイ・コートニー)
  • 「ジャスティス・リーグ」シリーズ バリー・アレン/フラッシュ(演:エズラ・ミラー)

<主な出演アニメ作品>

  • 『テニスの王子様』白石蔵ノ介
  • 『この世界の片隅に』北條周作
  • 『Free!』山崎宗介
  • 『進撃の巨人』ライナー・ブラウン
  • 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オルガ・イツカ
  • 『僕のヒーローアカデミア』常闇踏陰
  • 「ティンカー・ベル」シリーズ テレンス

ウェンウー
演:トニー・レオン 日本語吹き替え:山路和弘

伝説の犯罪組織のリーダーで、シャン・チーの父、ウェンウーを演じたのは、トニー・レオン

日本語吹き替えを担当するのは、山路和弘(やまじ かずひろ)さん。

ジェイソン・ステイサムをはじめ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、ウィレム・デフォー、ショーン・ペン、ソン・ガンホ、キム・ユンソク、ヴァンサン・カッセル、クリストフ・ヴァルツ、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・オールドマン、ベニチオ・デル・トロ、アル・パチーノなどの数々の俳優の日本語吹き替えを担当。

これまでにも「インファナル・アフェア」シリーズ、『ゴージャス』『傷だらけの男たち』でトニー・レオンの吹き替えを担当しています。

今作では「久々のトニー・レオン。とても楽しく、演じさせていただいた」とコメントしています。

2021年、第15回声優アワードにて外国映画・ドラマ賞を受賞しました。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 「トランスポーター」シリーズ フランク・マーティン、「ワイルド・スピード」シリーズ デッカード・ショウ(演:ジェイソン・ステイサム)
  • 「ゴッドファーザー」シリーズ マイケル・コルレオーネ(演:アル・パチーノ)
  • 「スパイダーマン」シリーズ ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン(演:ウィレム・デフォー)
  • 「パラサイト 半地下の家族」キム・キデク(演:ソン・ガンホ)
  • 「インファナル・アフェア」シリーズ ヤン(演:トニー・レオン)

<主な出演アニメ作品>

  • 『PSYCHO-PASS サイコパス』雑賀譲二
  • 『ONE PIECE』セニョール・ピンク、ギルド・テゾーロ
  • 『進撃の巨人』ケニー・アッカーマン
  • 『バケモノの子』猪王山

シャーリン
演:メンガー・チャン 日本語吹き替え:内田真礼

シャン・チーの妹、シャーリンを演じたのは、メンガー・チャン

日本語吹き替えを担当するのは、内田真礼(うちだ まあや)さん。

2014年、第8回声優アワード新人女優賞を受賞しました。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 『愛しのグランマ』セージ(演:ジュリア・ガーナー)
  • 『ワイルド・ストーム』ケーシー(演:マギー・グレイス)
  • 『ファインド・ミー 〜パリでタイムトラベル〜』レナ・グリスキー(演:ジェシカ・ロード)
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』チャニ(演:ゼンデイヤ)

<主な出演アニメ作品>

  • 『中二病でも恋がしたい!』小鳥遊六花
  • 『アイドルマスター シンデレラガールズ』神崎蘭子
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』リリルカ・アーデ
  • 『約束のネバーランド』ノーマン役

イン・ナン
演:ミシェル・ヨー 日本語吹き替え:塩田朋子

不思議な力を操るシャン・チーの伯母、イン・ナンを演じたのは、ミシェル・ヨー

日本語吹き替えを担当するのは、塩田朋子(しおた ともこ)さん。

ケイト・ブランシェット、エマ・トンプソン、シャロン・ストーン、ダイアン・レイン、フランシス・マクドーマンド、メリル・ストリープなどの日本語吹き替えを担当。

これまでにも『グリーン・デスティニー』『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』などでミシェル・ヨーの吹き替えを担当しています。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 『ウォルト・ディズニーの約束』P.L.トラヴァース(演:エマ・トンプソン)
  • 『101』クルエラ・デ・ビル(演:グレン・クローズ)
  • 『ブルージャスミン』ジャネット・“ジャスミン”・フランシス(演:ケイト・ブランシェット)
  • 『悪魔のような女』ニコール・ホーナー(演:シャロン・ストーン)
  • 『グリーン・デスティニー』ユー・シューリン(演:ミシェル・ヨー)

<主な出演アニメ作品>

  • 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 』ナバラ
  • 『この世界の片隅に』小林の伯母
  • 『ゾイドワイルド ZERO』ディアス母
  • 『マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズ – フレンドシップ・ゲーム』アバカス・シンチ校長

ケイティ
演:オークワフィナ 日本語吹き替え:ニケライ・ファラナーゼ

サンフランシスコに住むシャン・チーの高校時代からの親友・ケイティを演じたのは、オークワフィナ

日本語吹き替えを担当するのは、ニケライ ファラナーゼさん。

舞台女優としても活躍されています。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 『アリー/ スター誕生』ゲイル(演:レベッカ・フィールド)
  • 『サイダーハウス・ルール』オリーヴ・ワージントン(演:ケイト・ネリガン)
  • 『ラスト・ムービースター』フェイス(演:ニッキー・ブロンスキー)
  • 『BULL / ブル 法廷を操る男』リバティ・デイヴィス弁護士(演:ディーナ・タイラー)
  • 『ナチ・ハンターズ』ミリー・モリス(演:ジェリカ・ヒントン)

<主な出演アニメ作品>

  • 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』マックス・ハリエット、ウェーブ
  • 『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』リリー・エレナ
  • 『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』ケリー

イン・リー
演:ファラ・チャン 日本語吹き替え:木下紗華

ウェンウーの妻であり、シャン・チーとシャーリンの母親・イン・リーを演じたのは、ファラ・チャン

日本語吹き替えを担当するのは、木下紗華(きのした さやか)さん。

<主な日本語吹き替え作品>

  • 「トワイライト」シリーズ ベラ・スワン(演:クリステン・スチュワート)
  • 「マーベル・シネマティック・ユニバース」トリシュ・ウォーカー(演:レイチェル・テイラー)
  • 『アナコンダ3』『アナコンダ4』アマンダ(演:クリスタル・アレン)
  • 「ピーターラビット」シリーズ モブシー(演:エリザベス・デビッキ)
  • 『名探偵ピカチュウ』ミュウツー

<主な出演アニメ作品>

  • 『ONE PIECE』モロロン
  • 『僕のヒーローアカデミア』編集長、ヒーロー公安委員会会長、ミルコ
  • 『ポケットモンスター サン&ムーン』ルザミーネ

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に登場するマーベル・シネマティック・ユニバースのキャラクター

ウォン
演:ベネディクト・ウォン 日本語吹き替え:田中美央

スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジの盟友である魔術師、ウォンを演じたのは、ベネディクト・ウォン

日本語吹き替えを担当するのは、田中美央(たなか みおう)さん。

トレヴァー・スラッタリー
演:ベン・キングズレー 日本語吹き替え:麦人

『アイアンマン3』で、マンダリンを演じていた舞台俳優、トレヴァー・スラッタリーを演じたのはベン・キングズレー

日本語吹き替えを担当するのは、麦人(むぎひと)さん。

まとめ

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の日本語吹き替えを担当した声優を紹介しました。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを飾るに相応しい安定の声優陣ですね!

激しいアクションシーンや人間ドラマでの演技に注目です!

今後の「マーベル・シネマティック・ユニバース」への出演も楽しみです!

【スポンサーリンク】