ドラマ『真犯人フラグ』の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2021年10月10日(日)からドラマ『真犯人フラグ』が放送スタート!

2019年に放送され大変話題となったドラマ『あなたの番です』(あな番)のスタッフが再集結して制作される完全オリジナルミステリードラマです!

2021年10月クールと2021年1月クールの2クール連続で放送される、半年間のノンストップ考察ミステリーです。

ある日突然、ごく普通の真面目なサラリーマン・相良凌介の妻子が失踪し、凌介は“悲劇の夫”に。

しかし、「あの旦那が殺したんじゃないの?」というたったひとつのSNS投稿をきっかけに、日本中の注目を浴びる“疑惑の男”になってしまい、社会的に追い詰められながらも、真実を暴くため壮絶な戦いに挑む、というストーリー。

主人公・相良凌介を演じるのは西島秀俊さん。

日本テレビの連続ドラマ初主演です。

凌介の妻・相良真帆を演じるのは、宮沢りえさん。

なんと民放連続ドラマへの出演は2004年10月に放送された『一番大切な人は誰ですか?』以来17年ぶりだそうです。

凌介の部下で、共に真実を暴いていく相棒となる二宮瑞穂を演じるのは、芳根京子さん。

今作も『あなたの番です』と同じく現実世界でもSNSなどで推理合戦となること間違いなしです。

『あなたの番です』は、最高視聴率19.4%(最終話)という「日曜ドラマ」史上最も高い視聴率を記録しました。

『真犯人フラグ』にも期待してしまいますね。

ドラマ『真犯人フラグ』の放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『真犯人フラグ』の放送日と放送時間

ドラマ『真犯人フラグ』は、2021年10月10日(日)から、日本テレビ系列『日曜ドラマ』で放送されます。

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の後番組です。

また、テレビ放送と同時間にTVerでライブ配信されます。

<放送日時>

日本テレビ系列

  • 2021年10月10日(日)スタート 毎週日曜22時30分 〜 23時25分

※放送時間が変更になる場合があります。お住いの地域の番組表をご確認ください。

ドラマ『真犯人フラグ』の見逃し配信は?

『真犯人フラグ』は、TVerで見逃し配信されます。

TVerではテレビ放送と同時間にライブ配信もされます。

 
最新話の放送から期間限定で視聴可能です!

ドラマ『真犯人フラグ』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『真犯人フラグ』は、放送後からHuluで配信されます。

Huluオリジナルストーリーも独占配信予定です!

詳細は後日発表されます。

新情報が発表され次第追記したいと思います。

Huluでは、『真犯人フラグ』のスタッフによるドラマ『あなたの番です』や、地上波放送では明かされなかった、それぞれの住人の日常や家庭の事情を描いたショートドラマ『扉の向こう』も独占配信されています!

初回2週間の無料体験が利用できます!

人気ドラマを多数配信中!

  • 恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~
  • アンラッキーガール!
  • 嘘から始まる恋
  • ラブファントム
  • カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜
  • 恋はDeepに
  • コントが始まる
  • ラブファントム
  • ネメシス
  • 君と世界が終わる日に
  • ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
  • 35歳の少女
  • #リモラブ 〜普通の恋は邪道〜
  • 僕らは恋がヘタすぎる
  • 極主夫道
  • 東京タラレバ娘
  • 今日から俺は!!
  • あなたの番です
  • 過保護のカホコ
  • 3年A組 -今から皆さんは、人質です-
  • 同期のサクラ
  • 家政婦のミタ

など

・「THE突破ファイル」や「今夜くらべてみました」など、人気バラエティも配信中!

Huluでしか見られない話題のオリジナル作品も多数!

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

Huluの口コミ・評判

ドラマ『真犯人フラグ』作品情報

作品情報

作品名 真犯人フラグ
企画・原案 秋元康
脚本 高野水登
演出 佐久間紀佳
中島悟(AX-ON)
小室直子
主な出演者 西島秀俊
宮沢りえ
芳根京子
音楽 林ゆうき
橘麻美
主題歌 Novelbright『seeker』
放送期間 2021年10月10日 〜 

企画・原案は、秋元康さん。

ドラマ『あなたの番です』の制作スタッフが再集結して制作される完全オリジナルミステリードラマです。

脚本は、『賭ケグルイ』シリーズ、映画『いなくなれ、群青』、ドラマ『あなたの番です』『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』『映像研には手を出すな!』などを手がけた高野水登さん。

演出は、映画『あなたの番です 劇場版』、ドラマ『あなたの番です』『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』『ボク、運命の人です。』『愛してたって、秘密はある。』『家売るオンナ』『花咲舞が黙ってない』などを手がけた佐久間紀佳さん、

ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』『俺の話は長い』『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』『母になる』『今からあなたを脅迫します』『世界一難しい恋』などを手がけた中島悟さん、

ドラマ『私たちはどうかしている』『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』『あなたの番です』『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』『東京タラレバ娘』『ボク、運命の人です。』などを手がけた小室直子さん。

音楽は、ドラマ『10の秘密』『あなたの番です』『シグナル 長期未解決事件捜査班』『愛してたって、秘密はある。』『嘘の戦争』などを手がけた林ゆうきさんと橘麻美さん。

主題歌は、Novelbrightの書き下ろし新曲『seeker』。

キャスト

<相良家>

  • 相良凌介(さがら りょうすけ)〈48歳〉 ・・・ 西島秀俊

運送会社「亀田運輸の」カスタマーサービス部管理課 課長。温厚な人柄で部下からの人望は厚い。

  • 相良真帆(さがら まほ)〈48歳〉 ・・・ 宮沢りえ

凌介の妻。スーパーのレジ打ちのパート。いつも明るく、家族の中では太陽のような存在。気さくで社交性があり、近所でも評判の好人物。

  • 相良光莉(さがら ひかり)〈16歳〉 ・・・ 原菜乃華

相良家の長女。私立女子高の2年生。明るく心優しい。

  • 相良篤斗(さがら あつと)〈10歳〉 ・・・ 小林優仁

相良家の長男。小学4年生。サッカー好きの人気者。

<亀田運輸・カスタマーサービス部>

  • 二宮瑞穂(にのみや みずほ)〈28歳〉 ・・・ 芳根京子

凌介の部下。あらゆるクレーム処理を迅速にこなす部内随一の頼れる存在。持ち前の冷静さで事件を推理し、追い詰められた凌介を叱咤激励し、助けていく。関西人で、根は明るくノリが良い。

  • 太田黒芳春(おおたぐろ よしはる)〈52歳〉 – 正名僕蔵

凌介の上司。カスタマーサービス部 部長。独身、離婚歴なし。ハラスメントに敏感だが、人望はゼロ。幸せな家庭を持つ凌介に嫉妬しがち。

  • 鴨井晴子(かもい はるこ)〈41歳〉 ・・・ 小林きな子

凌介の部下。安定した仕事ぶりで、大概のことでは慌てない。噂好き。

  • 小峯祐二(こみね ゆうじ)〈35歳〉 ・・・ 森田甘路

凌介の部下。お調子者で小心者。太田黒部長の腰巾着。

  • 目白小夏(めじろ こなつ)〈27歳〉 ・・・ 渥美友里恵

凌介の部下。ちょっとミーハー。目下、婚活中。

<亀田運輸・オペレーター>

  • 富山芙由子(とやま ふゆこ)〈32歳〉 ・・・ 中西美帆

カスタマーセンターのテレホンオペレーター。キャリア10年で物怖じしない。

  • 石川あきの(いしかわ あきの)〈20歳〉 ・・・ 町田愛

カスタマーセンターの新人オペレーター。気が弱い。

<亀田運輸・オペレーター>

  • 望月鼓太朗(もちづき こたろう)〈23歳〉 ・・・ 坂東龍汰

凌介の自宅周辺のエリアを担当。団地の奥様方にも人気のイケメンだが、どことなく影がある。

<ITベンチャー「プロキシマ」>

  • 橘一星(たちばな いっせい)〈23歳〉 ・・・ 佐野勇斗

大学4年生。アメリカ留学後、2年前にITベンチャー「プロキシマ」を立ち上げた若手起業家。都心のシェアオフィスの一角で自社を経営している。事件のことを何か知っているよう。

  • 相川誉(あいかわ ほまれ)〈26歳〉 ・・・ 南彩加

Webデザイナー。「プロキシマ」の創業メンバー。口は悪いが仕事は妥協しない。

  • 海江田順二(かいえだ じゅんじ)〈36歳〉 ・・・ BOB

敏腕プログラマー。「プロキシマ」の創業メンバー。オタク気質。

  • 金城三伸(きんじょう みつのぶ)〈25歳〉 ・・・ 青木瞭

システムエンジニア。「プロキシマ」の創業メンバー。一星と最も仲が良い友人。

  • 土井光四郞(どい こうしろう)〈20歳〉 ・・・ 堀野内智

アルバイト。お金持ちになりたい!と漠然と思っている。

<日本一売れている週刊誌「週刊追求」>

  • 河村俊夫(かわむら としお)〈50歳〉 ・・・ 田中哲司

凌介の親友。学生時代からの友人で、大学の文芸サークル仲間。真帆とも旧知の仲。独身、離婚歴なし。「週刊追求」の辣腕編集長。凌介から家族の失踪を聞き、情報を集めるため記事にした。

  • 両角猛(もろずみ たける)〈33歳〉 ・・・ 長田成哉

カメラマン。スクープのためなら手段を選ばない。

  • 上原啓太(うえはら けいた)〈43歳〉 ・・・ 竹森千人

記者。物事を客観的に捉える冷静さがある。

  • 飯田修(いいだ おさむ)〈45歳〉 ・・・ 岩瀬亮

デスク。クールな切れ者。大抵のことでは動じない。

<菱田家>

  • 菱田朋子(ひしだ ともこ)〈34歳〉 ・・・ 桜井ユキ

相良家と同じ団地に住むシングルマザー。整体師。篤斗と同い年の息子がおり、真帆の一番のママ友。疑惑の目を向けられる凌介の味方をする、数少ない人物の一人。

  • 菱田清明(ひしだ きよあき)〈10歳〉 ・・・ 桑名愛斗

朋子の息子。小学4年生。篤斗の一番の友達。内気でサッカー教室に通っているが、サッカーはやや苦手。

<真帆の実家>

  • 館野三郎(たての さぶろう)〈76歳〉 ・・・ 浜田晃[6]

真帆の父。元熱血証券マン。やや古風で短気だがバイタリティがある。

  • 館野志乃生(たての しのぶ)〈73歳〉 ・・・ 丘みつ子

真帆の母。夫を立て、家族を守ってきた良妻賢母。おっとりしている。

<横浜北警察署>

  • 阿久津浩二(あくつ こうじ)〈47歳〉 ・・・ 渋川清彦

刑事。普段はつかみどころがないが、実は地道な捜査で高い検挙率を誇る。事情聴取する際、「A?B?どっち?」と二択にしがち。

  • 落合和哉(おちあい かずや)〈26歳〉 ・・・ 吉田健悟

刑事。刑事課に配属されて間もないため、大きな事件に浮き足立ちがち。阿久津を尊敬している。

<住愛ホーム>

  • 林洋一(はやし よういち)〈39歳〉 ・・・ 深水元基

相良家の新居を担当する、住宅メーカー「住愛ホーム」の営業マン。凌介と真帆の大学の後輩。
元サッカー部で、元気な体育会系。サッカー好きの篤斗と気が合う。

  • 井上幸作(いのうえ こうさく)〈52歳〉 ・・・ 戸田昌宏

林の上司。事なかれ主義で、面倒な事が嫌い。

  • 馬場健次郎(ばば けんじろう)〈38〉 ・・・ 高杉一穂

林の同僚。同期で林の良き相談相手だが、基本的に我関せずのタイプ。

<YouTuber>

  • ぷろびん/徳竹肇(とくたけ はじめ)〈28歳〉 ・・・ 柄本時生

再生回数が上がりそうなら何でもやる雑食系のYouTuber。全く人気のない「ぷろびんチャンネル」をやっているが、凌介の事件に目をつけ、考察動画を上げるようになる。

  • 町山大輝(まちやま だいき)〈22歳〉 ・・・ 遼太郎

「ぷろびんチャンネル」の撮影・編集を担当。マイペースで頑なに裏方に徹する。

<その他>

  • 日野渉(ひの わたる)〈48歳〉 ・・・ 迫田孝也

凌介の親友。学生時代からの友人で、大学の文芸サークル仲間。真帆とも旧知の仲。脱サラし、長年の夢だったバーを開く。本と酒をこよなく愛する、明るいムードメーカー。

  • 本木陽香(もとき はるか)〈23歳〉 ・・・ 生駒里奈

事件当日、凌介に接触してくる“謎の女”。

  • 猫おばさん〈?歳〉 ・・・ 平田敦子

本名、年齢、職業不明。相良家の新居近くに住んでいるらしい。猫とクラシック音楽が大好き。神出鬼没で、謎の発言を繰り返す。

  • 山田元哉(やまだ もとや)〈30歳〉 ・・・ 柿澤勇人

篤斗のサッカー教室のコーチ。ピュアで熱血だが、やや空回り気味。

  • 雫石千春(しずくいし ちはる)〈44歳〉 ・・・ 小松利昌

私立大学の社会学教授。情報番組のコメンテーター。忖度せず発言し、当事者同士のケンカを煽ったりする。

  • 池上さん (いけがみ)〈?歳〉 ・・・坂本文子

相良家の一階下、303号室の住人。団地の中では古株で、やたらルールに厳しい。

イントロダクション

ひとたび世の注目を集めると、別の“不幸”が生まれる。

不可解な事件が起こった時、世の中の人々はこぞって、手に入る限られた情報をもとに、名探偵のごとく“推理”し、その背景の“物語”を想像する。

国民の多くが発信するツールを手にした今、まさに一億総“推理作家”時代。

数多の人々によってあらゆる“物語”が生まれ、その“物語”はまた別の“物語”を食らい増殖し肥大化していく・・・

一体、何が本当で何が嘘なのか・・・?

この物語の主人公は、図らずも、そんな無数の“物語”の“主人公”になってしまった男。

ある日、忽然と消えた妻と子供たち——

必死で行方を捜すが、手がかりすら見つからない。

そして、集まった同情は、一夜にして方向転換される。

「あの旦那が殺したんじゃないの?」

真犯人フラグが立ったが最後、疑惑の目を向けられ、追い詰められていく。

愛する家族を無事取り戻すことはできるのか・・・!?

果たして、真実はどこにあるのか。

半年間の壮絶な戦いが始まる——

あらすじ

中堅の運送会社「亀田運輸」のカスタマーサービス部に勤める、おっとりしていてお人好しの平凡なサラリーマン・相良凌介(西島秀俊)。

スーパーでパートをしながら家計を支えるしっかり者で明るくチャーミングな妻・真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。

一家は団地住まいですが、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

家族4人“一点の曇りもない幸せな家庭”のはずでした。

あの日までは・・・

ある雨の日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入ります。

このままでは配達が滞ってしまうため、凌介は事後処理に追われるものの、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートで事なきを得ます。

その晩、凌介が帰宅すると、家に誰もいませんでした。

真帆と光莉の携帯に連絡してもつながりません。

3人で映画にでも行ったのか・・・?

凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出します。

凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、開店祝いでサークル仲間が集まることになっていたのです。

凌介は、日野の店へ向かいます。

凌介が店に着くと、すでに他の友人たちは帰った後で日野が片付けをしていました。

学生時代に戻った気分になり、はしゃぐ凌介と日野。

日野は、おどける凌介と写真を撮ります。

そこに河村も合流。

河村は今最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長。

3人で楽しく飲み、深夜、帰宅した凌介は異変に気づきます。

真帆たちは、まだ帰っていない。

すぐさま真帆の母・志乃生(丘みつ子)に連絡しますが、3人は実家にも行っていませんでした。

夜が明けても、真帆たちは帰ってきません。

真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、前日の夜にご飯が炊けていたと気づく凌介。

帰って夕飯を用意するはずだったのです・・・!

凌介は警察に届け出ます。

しかし、家出の可能性もあり緊急性が認められないと言われてしまいます。

凌介は真帆のパート先や光莉と篤斗の学校を訪ねて周囲の人々に話を聞いて回るものの、手掛かりはつかめません。

困り果てた凌介は、河村に相談。

事件性を感じた河村は「記事にすれば注目されて警察も動くかも」と、週刊追求で記事にすることを提案。

戸惑いつつも、凌介はその提案に乗ります。

河村の手腕で、真帆たちの失踪は事件として注目され、凌介に同情の声が集まります。

しかし、あるSNSの投稿をキッカケに、凌介は“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”に・・・!

家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられます!

愛する家族を取り戻すため、頼れる部下・瑞穂の助けを借り、“真犯人”と“世間の目”との闘いが始まる——!

視聴率

真犯人フラグ 視聴率
第1話(2021年10月10日) 8.4%
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
平均視聴率  

(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

まとめ

ドラマ『真犯人フラグ』の見逃し配信情報、視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えしました。

関連記事

2021年10月10日(日)から放送されるドラマ『真犯人フラグ』。 2019年に放送され大変話題となったドラマ『あなたの番です』(あな番)のスタッフが再集結して制作される完全オリジナルミステリードラマで、SNSなどで推理合戦となるこ[…]

IMG

【スポンサーリンク】