ターミネーター:ニュー・フェイトのネタバレあらすじと感想!

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

こんにちは、ふくです。

人気映画『ターミネーター』シリーズの新作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が公開されました。

『ターミネーター』シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作に復帰し、1991年公開の『ターミネーター2』の正統な続編として制作されたということでとても楽しみにしていました。

『ターミネーター2』は、私の一番大好きな映画なんです!

『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、『ターミネーター』『ターミネーター2』の正統な続編として相応しい映画でした。

今回は、『ターミネーター:ニュー・フェイト』のネタバレあらすじと感想をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】

ターミネーター:ニュー・フェイトのネタバレあらすじ

ジョン・コナーの死

1994年、サラ・コナーと息子ジョン・コナーは、ジョンを守るために送り込まれたターミネーターT-800と共に、サイバーダイン社を破壊し、液体金属で構成された最新型ターミネーターT-1000を倒し、1997年に起きるはずだったスカイネットによる「審判の日」が起こる未来を変えました。

1998年、「審判の日」が起こらなかったことを見届けたサラとジョンは、メキシコのビーチにいました。

そこへ突然ターミネーターT-800が現れ、サラの目の前でジョンは殺されてしまいます。

変えたはずの未来からなぜ再びターミネーターが送り込まれたのか。

変わる前の未来から送り込まれていたのです。

ジョン抹殺の任務を完了したT-800はそのままどこかへ消えていきました。

22年後の現在

それから22年後の2020年現在、メキシコシティに、未来から最新型ターミネーターREV-9と強化型兵士のグレースが送り込まれます。

REV-9は標的であるダニー・ラモスの家に向かうが、留守だったため、応対したダニーの父親を殺し、ダニーが近くの自動車工場で働いていることを突き止めます。

そして、自動車工場で働いていたダニーと弟のディエゴは、父親の姿をしたREV-9に襲われます。

殺されそうになる間一髪のところでグレースに助けられます。

ダニーたちは、圧倒的な強さのREV-9の攻撃をかろうじて逃れ、車で工場を脱出します。

しかし、REV-9に大型工事用トラックで執拗に追いかけられ、ハイウェイで追い詰めれた結果、車から脱出できなくなったディエゴは命を落としてしまいます。

REV-9は、T-1000のような形状を変化させられる液体金属の外皮と金属炭素製の強固な内骨格を分離し、ダニーとグレースを追い詰めます。

そこに突然現れたのがサラ・コナーでした。

サラは強力な武器でREV-9の動きを封じ、ダニーとグレースを助けますが、二人はサラの乗ってきた車を奪い逃げてしまいます。

激しい戦いに耐えきれず痙攣を起こした強化型兵士のグレースは、薬局で薬を入手。

そこに再びサラが現れ、3人はモーテルへ。

サラは、息子ジョンと共に「審判の日」を回避し世界を救ったこと、ジョンが殺された後、何者かから「ジョンのために」という文面と共にターミネーターの転送場所が記されたメールが送られてくること、そして送り込まれてきたターミネーターを破壊してきたことを話します。

今回もまたそのメールが届き、それで二人に出会ったのです。

一方、グレースは、ダニーを守るために2042年から送り込まれてきたことを話します。

グレースがいた未来では、スカイネットやジョン・コナーは存在せず、スカイネットではなく「リージョン」というAIが覚醒して人類に反乱したといいます。

リージョンとの戦いで人類の運命を左右するのがダニーであり、リージョンはダニーを抹殺するためにREV-9を送り込みました。

サラは、ダニーが過去の自分と同様に、将来、ジョンのような人類抵抗軍のリーダーを産む存在だと思い、ダニーを守るために協力することを約束しました。

メールの送信元へ

グレースはメールの発信元がテキサス州であることを突き止めます。

さらにその場所は、グレースが転送される前に体に彫られた位置情報と一致していました。

3人はメキシコからアメリカへの国境を超えることを決意。

密航業者であるサラの叔父の協力を得て国境超えを試みますが、メキシコシティのデータセンターと国境警備隊の警備用ドローンの管制室に侵入したREV-9に発見されてしまいます。

ダニーたちは、REV-9により指名手配犯として登録され、さらに国境警備隊に通報され、身柄を拘束されてしまいます。

留置場に留置されたダニーたちの元に、REV-9が到着。

ダニーは殺されそうになりますが、ギリギリのところでヘリコプターでの脱出に成功しました。

ヘリコプターでメールの発信元に向かうと、そこには一軒の民家がありました。

玄関から姿を現したのは、ジョンを抹殺したターミネーターT-800でした。

ジョン・コナー抹殺の任務を果たしたT-800は、その後、人類から様々なことを学習し、良心が芽生えたといいます。

そして、現在はカールと名乗り、人間の女性とその息子と共に暮らしているとのこと。

サラにメールを送っていたのはこのT-800でした。

ジョンを失ったサラに、ターミネーターを破壊するという生きる目的を与えようと、ターミネーターが未来から転送されてくることを感知した際に、その座標を記したメールを送っていたといいます。

ダニーたちは、REV-9から逃げ続けるのではなく、キル・ボックスで待ち構えて破壊することを決心。

T-800は、ダニーたちと共にREV-9を破壊するために、家族と別れます。

サラは、不本意ながらも息子を殺したT-800と共に戦うことを受け入れます。

REV-9を破壊するため

ダニーたちは、サラの旧知であるアメリカ軍少佐からREV-9を破壊できる可能性のあるEMP兵器を入手します。

そこをREV-9がヘリコプターで襲撃。

車から軍の輸送機に乗り換えて逃れますが、少佐は命を落とし、EMP兵器も損傷してしまいます。

機内でグレースは、未来で人類抵抗軍のリーダーになるのはダニーの子供ではなくダニー自身であることを伝えます。

リージョンによる人類抹殺開始後に孤児となったグレースを育ててくれたのはダニーでした。

そのとき、空中給油機を奪ったREV-9が、ダニーたちの乗る輸送機に空中給油機を衝突させ飛び移ってきました。

墜落していく輸送機の中でも激しい戦いが繰り広げられます。

ダニーたちはパラシュートの付いた軍用車で脱出しますが、ダムに硬着陸してダム湖に水没してしまいます。

T-800とREV-9は輸送機と共にダムに墜落。

ダム湖に水没しても戦い続けますが、T-800はREV-9を食い止められず、REV-9はダニーの元へ。

しかし、ダニーたちは水中でパラシュートをREV-9に被せ、水上に逃げることに成功します。

もうこれ以上は逃げきれない、もう逃げないと決意したダニーは、ここをREV-9を破壊するキル・ボックスにすると決意し、ダム地下にある水力発電所のタービン室にREV-9を誘い込みます。

そこで、サラ、グレース、T-800は、ダニーを守りながらREV-9と戦います。

激闘の末、高速回転する発電タービンにREV-9を巻き込ませることに成功します。

そして、REV-9を巻き込んだ発電タービンは爆発。

しかしREV-9は、液体金属の外皮は溶融し、内骨格に大ダメージを受けながらも立ち上がりました。

爆発に巻き込まれて瀕死の重傷を負ったグレースはダニーに、自分の体内に埋め込まれている動力源を使ってREV-9を破壊してほしいと申し出ます。

それはグレースの命と引き換えにするということでした。

グレースに説得され覚悟を決めたダニーは、グレースの体から動力源を取り出します。

そして、REV-9に向かって動力源を突き刺そうとしますが、あと一歩のところで防がれ、逆に危機に陥ってしまいます。

そこへT-800が助けに入り、REV-9に動力源を突き刺すことに成功。

そのままT-800は暴れるREV-9を押さえつけ、REV-9を完全に破壊しますが、T-800自身も燃え尽きて完全に停止してしまいました。

REV-9との死闘から数日後、ダニーは、公園で両親と一緒に過ごす幼いグレースの姿を見つめていました。

そして、ダニーとサラは、ダニーの運転する車で去っていきました。

【スポンサーリンク】

ターミネーター:ニュー・フェイトの感想

小学生の時、テレビで放送された『ターミネーター2』を観てから、ビデオを1週間レンタルして毎日観るほどハマっていました。

それから今までに何十回観たか分かりませんが、勝負できるのは『となりのトトロ』くらいでしょうか。

『ターミネーター2』から『ターミネーター:ニュー・フェイト』が作られるまでに作られた『ターミネーター3』『ターミネーター4』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ももちろん観ましたが、ジェームズ・キャメロンが作った『ターミネーター:ニュー・フェイト』はやっぱり違いました。

『ターミネーター』『ターミネーター2』にあった恐怖やシリアスな雰囲気が受け継がれていると感じました。

関係ないですが、昔の『ドラゴンボール』にあって今の『ドラゴンボール』にないのは恐怖やシリアスさだと思います。

そして、恐怖やシリアスさが作品をおもしろくしていたと感じています。

うまく伝わるか分かりませんが・・・

『ターミネーター』のT-800や『ターミネーター2』のT-1000のように、REV-9が純粋に怖かった。

これは、ティム・ミラー監督の撮ったアクションシーンのおかげでもあると思います。

REV-9の速さや強さが絶望的でした。

こんなの絶対死ぬって思いました。

ストーリーは、『ターミネーター』と『ターミネーター2』を合わせたような印象を受けました。

ダニーはジョンの代わりで、グレースはカイル・リースの代わりみたいに感じました。

サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが出演しているのも熱いですね!

ただ、ジョンが殺されてしまうのはショックでした。

『ターミネーター2』で大好きなキャラクターでしたから。

やっぱりジョンとターミネーターの関係性が最高でした。

変えたはずの未来からなぜ再びターミネーターが送り込まれたのか、最初はよく分かりませんでした。

タイムパラドックスですね。

素晴らしい映画でしたが、個人的には『ターミネーター2』を超えることはできなかったと思います。

私の『ターミネーター2』のハードルが高すぎるのですが。

たぶん一生『ターミネーター2』を超える映画は出てこないだろうというくらい好きなので。

”ニュー・フェイト”とは、”新しい運命”という意味ですが、原題の”Dark Fate”は、”暗い運命”という意味です。

『ターミネーター2』では未来を救いましたが、『ターミネーター:ニュー・フェイト』ではまだ未来は暗いままです。

続編があることを期待したいですね!

 

 

U-NEXTのおすすめポイント
  • 31日間無料でお試しできる!
  • 無料お試し特典として600ポイントがもらえるので、レンタル作品も無料で観られる!
  • 見放題作品数No.1!
  • アダルト作品も見放題!
  • マンガや雑誌も読み放題!
  • 毎月1,200ポイントがもらえるので、追加料金なしで新作映画が観られる!
  • 1,500ポイントで映画館のチケットと交換できる!超おすすめ!

 

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

【スポンサーリンク】