ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2021年7月4日(日)から、ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が放送スタート!

今度のTBS系「日曜劇場」枠のドラマは救命医療ドラマ!

命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描いた救命医療ドラマです。

「TOKYO MER」とは、“東京モバイル・エマージェンシー・ルーム(MOBILE EMERGENCY ROOM)”の略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、事故、災害、事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施し、“一人も死者を出さない”というミッションを課されたプロフェッショナルチームです。

ERカーは、現実には存在しない架空の設定の車両ですが、ドラマを監修する現役の救命救急医の方たちが、「もし本当にあったら“救急医療の理想”」だという特殊車両です。

主人公・「TOKYO MER」のリーダーで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医・喜多見幸太を演じるのは、「日曜劇場」初主演となる鈴木亮平さん。

熱い演技が見られること間違いなしですね!

鈴木亮平さん好きなので嬉しいです。

他にも、賀来賢人さん、中条あやみさん、石田ゆり子さん、菜々緒さん、仲里依紗さん、要潤さん、小手伸也さん、佐野勇斗さんら、豪華俳優陣が出演します!

見応えのあるドラマになりそうです。

脚本は、ドラマ『グランメゾン東京』『危険なビーナス』『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』、映画『キングダム』『LIAR GAME』シリーズなどを手がけた、熱いヒューマンドラマを得意とするヒットメーカー・黒岩勉さんのオリジナル。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の放送情報、見逃し配信が視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の放送日・放送時間は?

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、日曜夜9時からTBS系列「日曜劇場」枠で放送されます。

ドラマ『ドラゴン桜』の後番組です。

「日曜劇場」は、『半沢直樹』や『テセウスの船』『ドラゴン桜』など話題のドラマばかりの、今一番注目されている絶対に見逃せないドラマ枠です。

<放送日時>

TBS

  • 2021年7月4日(日)スタート 21時00分 〜

※初回25分拡大、第2話15分拡大、最終話15分拡大

放送日時、内容は変更になることがありますので、放送局の番組表でご確認ください。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の見逃し配信は?

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、TVerで見逃し配信されます。

 
最新話の放送から期間限定で視聴可能です!
 

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、放送後からParaviで配信されます。

また、Paraviオリジナルストーリー『TOKYO MER〜走らない緊急救命室〜』の独占配信が決定!

中条あやみさん演じる弦巻比奈を主人公に、TOKYO MERメンバーたちの意外な関係性や日常の出来事を脱力感満載で描くコメディ作品です。

撮影の休憩時間に収録された、中条あやみさんと佐藤寛太さんによるドラマ撮影の裏話満載のトークも配信!

本編放送1週前の2021年6月27日から、Episode0「TOKYO MER誕生前夜」が配信されます!

配信日タイトル
2021年6月27日Episode0「TOKYO MER誕生前夜」
2021年7月4日Episode1「違うんです!!」
2021年7月25日Episode2「いる、いらない」
2021年8月1日Episode3「仮眠」
2021年8月15日Episode4「なんでもいい」
2021年8月29日Episode5「絶対に開けるな!」
2021年9月12日Final Episode「恋バナ」

さらに、9月27日(月)0時00分から、第1話と最終話のディレクターズカット版も配信されます!

Paraviは、TBS、テレビ東京の番組が充実しています!

  • #家族募集します
  • 孤独のグルメシリーズ
  • ドラゴン桜シリーズ
  • 着飾る恋には理由があって
  • リコカツ
  • 天国と地獄〜サイコな2人〜
  • 俺の家の話
  • この恋あたためますか
  • 恋する母たち
  • 半沢直樹シリーズ
  • 危険なビーナス
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木
  • おカネの切れ目が恋のはじまり
  • テセウスの船
  • 恋はつづくよどこまでも
  • 私の家政夫ナギサさん
  • MIU404
  • 下町ロケット
  • 凪のお暇
  • グランメゾン東京

など、人気作品を多数独占配信!

Paraviでしか観られないディレクターズカット版やオリジナルストーリーも配信!

<Paraviを無料体験してみる!>

無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。
 

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』作品情報

作品情報

作品名 TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
脚本 黒岩 勉
演出 松木 彩
平野俊一
主な出演者 鈴木亮平
賀来賢人
中条あやみ
要潤
小手伸也
佐野勇斗
佐藤栞里
フォンチー
佐藤寛太
菜々緒
工藤美桜
猪塚健太
鶴見辰吾
橋本さとし
渡辺真起子
仲里依紗
石田ゆり子
音楽 羽岡佳
斎木達彦
櫻井美希
主題歌 GReeeeN『アカリ』
放送期間 2021年7月4日 〜 

脚本は、ドラマ『グランメゾン東京』『危険なビーナス』『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』『謎解きはディナーのあとで』『ストロベリーナイト』、映画『キングダム』『LIAR GAME』シリーズ、『ONE PIECE FILM GOLD』などを手がけた、熱いヒューマンドラマを得意とするヒットメーカー・黒岩勉さんのオリジナル脚本。

アベンジャーズのようなヒーローを描きたいとのことです。

演出は、ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』『半沢直樹(第2シリーズ)』『テセウスの船』『花のち晴れ~花男 Next Season~』『下町ロケット(第2シリーズ)』などを手がけた松木彩さん、

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』『病室で念仏を唱えないでください』『ノーサイド・ゲーム』『インハンド』『S -最後の警官-』『ブラッディ・マンデイ』などを手がけた平野俊一さん。

音楽は、ドラマ『チーム・バチスタ』シリーズ、『GTO』シリーズ、『愛おしくて』『特命刑事 カクホの女』『主婦カツ!』などの音楽を手がけた羽岡佳さん、

ドラマ『ガールガンレディ』『#コールドゲーム』、映画『がっこうぐらし!』『君は彼方』などの音楽を手がけた斎木達彦さん、

ドラマ『僕らは奇跡でできている』『4分間のマリーゴールド』『江戸モアゼル』『REAL⇔FAKE 2nd Stage』などを手がけた櫻井美希さん。

主題歌は、GReeeeNの書き下ろし新曲『アカリ』。

キャスト

<救命救急チーム「TOKYO MER」>

  • 喜多見幸太(きたみ こうた)(「TOKYO MER」のチーフドクター。驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医) ・・・ 鈴木亮平
  • 音羽尚(おとわ なお)(厚生労働省の官僚でありながら医師でもある医系技官。若手エリート官僚として厚生労働大臣の意を受け、「TOKYO MER」に正式認可を与えないために派遣されたスパイ) ・・・ 賀来賢人
  • 弦巻比奈(つるまき ひな)(心臓外科医を目指し、循環器外科の研修中だが、MERチームを兼務するよう命じられた研修医) ・・・ 中条あやみ
  • 蔵前夏梅(くらまえ なつめ)(救命救急医療に精通した凄腕の看護師。一人娘を育てるシングルマザー) ・・・ 菜々緒
  • 冬木治朗(ふゆき じろう)(麻酔科医) ・・・ 小手伸也
  • 徳丸元一(とくまる もといち)(臨床⼯学技⼠・救命士。医療機器のスペシャリスト) ・・・ 佐野勇斗
  • ホアン・ラン・ミン(看護師。ベトナム出身。母国のために日本でより高い看護技術を学ぶために、経済連携協定(EPA)で来日) ・・・ フォンチー

<東京都>

  • 赤塚梓(あかつか あずさ)(東京都知事。「TOKYO MER」の発案者で、喜多見をチーフに任命) ・・・ 石田ゆり子
  • 千住幹生(せんじゅ みきお)(レスキュー隊の最精鋭集団である東京消防庁・即応対処部隊隊⻑。) ・・・ 要潤
  • 駒場卓(こまば すぐる)(東京都・危機管理対策室室⻑。有事の際に消防庁・警察と連携を取り、TOKYO MERの活動をサポートする危機管理のスペシャリスト。千住の元先輩) ・・・ 橋本さとし

<厚生労働省>

  • 白金眞理子(しろがね まりこ)(厚⽣労働⼤⾂。女性初の総理大臣を目指している。東京都知事の赤塚を最大のライバルと目しており、赤塚の政策で誕生したTOKYO MERが失策だったとアピールするため、潰すよう音羽に指示している) ・・・ 渡辺真起子
  • 久我山秋晴(くがやま しゅうせい)(厚⽣労働省医政局⻑。⽇本の医療制度を統括する厚労省医政局のトップ。音羽の上司) ・・・ 鶴見辰吾

<東京海浜病院(TOKYO MERが設置されている病院)>

  • 高輪千晶(たかなわ ちあき)(循環器外科医。世界でも名高い心臓・血管のスペシャリスト。喜多見とは長年の知り合い) ・・・ 仲里依紗
  • 深沢陽斗(ふかさわ はると)(循環器外科研修医。比奈とは医大同期で友人) ・・・ 佐藤寛太

<その他>

  • 喜多見涼香(きたみ すずか)(喜多見幸太の妹。⼊院している⼦供たちやその家族をサポートするNPO法⼈のスタッフ) ・・・ 佐藤栞里

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』のあらすじ・感想・評判

第1話

第1話のあらすじ

事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した救命救急チーム「TOKYO MER」。

メンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒)とホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

その誰もが救命医療のスペシャリストです。

発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行します。

そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていました。

複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑みます。

そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまいます。

発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていました・・・

第1話の感想
日曜劇場らしい熱いドラマですね。

めちゃくちゃ緊迫感があって、迫力があってすごい・・・

鳥肌たちっぱなしです。

ERカーもすごかった!

これはもう映画化決定じゃないでしょうか。

でも本当にこれは理想ですね。

喜多見も音羽も死んでいたかもしれません。

普通はできないことだと思います。

どちらが正解とはいえませんが、誰もが理想を追い求めたいのは確かだと思いますから、惹かれてしまいますね。

第1話の口コミ・評判

第2話

第2話のあらすじ

工事現場での鉄骨落下事故に出動したTOKYO MER。

自身を危険にさらして現場でオペするチーフの喜多見幸太(鈴木亮平)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)は反発しますが、比奈の起こしたミスにより患者は命の危険に陥ってしまいます。

大きく自信を失った比奈に、夏祭りでの爆発事故の出動命令が下ります。

多数の重症患者を前に「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう比奈。

喜多見からたった一人での重大オペを任された比奈は、「命という試練」を乗り越えられるのでしょうか・・・

第2話の感想
喜多見先生、良い人だなぁ。

ミスに対する伝え方が素晴らしい。

理想の上司でもありますね。

医者も当然ミスをたくさんして成長していくんだろうと思います。

信念があるから行動できるんですね。

やるしかないんだからやるしかないですよね。

尊敬しかないです。

実際には、こんな状況にならないようにしているんだろうけど。

それに比べて手段を選ばない政治家はクソですね。

こんなに応援して祈ったドラマはないです。

比奈先生、これからもがんばって!

ずっと死者0でいけるといいなぁ。

第2話の口コミ・評判

第3話

第3話のあらすじ

凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生!

繁華街に飛びかう銃弾・・・

現場に急行したTOKYO MER・喜多見幸太(鈴木亮平)は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張しますが、メンツを気にして口を出すなという警察と対立。

発作の危機が迫る少女の命を守るため、看護師の蔵前夏梅(菜々緒)は自ら身代わりを志願します。

娘を育てるシングルマザーの夏梅には、少女を救いたいという強い思いがありました。

しかし、そんな中、犯人は夏梅に発砲します!

激しい銃撃戦の極限状態の中で、命を諦めない喜多見は最前線での緊急オペを決行します!

第3話の感想
今回も緊迫した状況でドキドキでした。

毎回、映画みたいですね。

究極の選択の連続ですね。

毎回、たまたま助かっただけで誰が死んでいてもおかしくないところがもやもやしますが、命をかけないと命を救うことはできなかったのも事実で・・・

でも、やっぱり現実では喜多見先生のような危険な行動は許されないのでしょうね。

このままではいつか誰か死んでしまうよ・・・

第3話の口コミ・評判

第4話

第4話のあらすじ

トンネル崩落事故が発生。

現場に駆けつけた喜多見幸太(鈴木亮平)は、移植手術のため心臓を運搬中の医師が、ガレキに埋まっていることに気づきます。

救出に挑むものの、新たな崩落が・・・!

それでも喜多見は、レスキュー・千住幹生(要潤)や看護師・蔵前夏梅(菜々緒)と決死の突入を試みます。

一方、高輪千晶(仲里依紗)のオペを待つ患者の少女には、命のタイムリミットが迫っていました——

現場で、オペ室で、指令室で・・・全てのメンバーが勇気を振り絞って“命のリレー”に挑みます!

第4話の感想
今回はダメかと思いました。

ドラマだけど、めちゃくちゃ祈りました^^;

みんなスーパードクターすぎます!

難しい判断の連続でしたが、これしかないという道があるという感じでしたね。

救助の最前線にいる方たちはやっぱりかっこいい。

第4話の口コミ・評判

第5話

第5話のあらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止。

乗り合わせた音羽尚(賀来賢人)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまいます。

そして、煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変します。

出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下ります。

炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択・・・

母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは!?

第5話の感想
かっこいいなー!

すごいとしか言いようがないですね。

優しい人ほど偉い人にはなりづらい世の中、音羽先生みたいな方がなんとか官僚になるべきだと思います。

喜多見先生や赤塚都知事の大人の判断・対応もいい!

おかげで音羽先生の官僚への道が断たれなかった。

第5話の口コミ・評判

第6話

第6話のあらすじ

18人の小学生が山中で突如として失踪する謎の事件が発生。

現場に向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木亮平)は、子供たちを捜索し、治療するためメンバーを分散する決断をします。

これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバー達は、バラバラに闘うことに・・・

音羽尚(賀来賢人)や弦巻比奈(中条あやみ)は原因不明の重症に陥った子供たちの治療に苦慮する中、喜多見も必死に処置に当たるが、必要な薬剤が全く足りません・・・!

なす術のない喜多見に、最大の危機が襲いかかります!

第6話の感想
みんなかっこよすぎて泣いたわ!

そして涼香さん、素敵な女性すぎる!

喜多見兄妹の両親はどんな人なんだろう。そしてどう育てたんだろう。

音羽先生との関係の発展が楽しみ。

美味しかったメモは予想外!

自己中政治家は早く消えてほしい。

今後もいろいろありそうですね・・・

第6話の口コミ・評判

第7話

第7話のあらすじ

外国人労働者が原因不明の症状を訴え、出動したTOKYO MER。

集団食中毒事件と思われましたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていました。

事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見幸太(鈴木亮平)でしたが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまいます。

この事件の背景には、政府を揺るがす大きな事件と驚くべき喜多見の秘密が・・・

それは喜多見の“空白の1年”にも繋がっていました。

第7話の感想
テロ、組織、権力・・・今回はさすがに気分悪くて見ているのがきつかったです。

事故と事件では全く違いますね。

判断力も凄いですが、保身しない赤塚知事みたいな政治家がいなかったらと思うと怖すぎます。

一方で、もしも喜多見先生たちに何かあったらと思うと普通は決断できないよなとも思いました。

喜多見先生も、死んでもいいのかっ!?って思いますね。

過去にそうさせる何かがあったのでしょうか。

二人とも自分のことを考えなさすぎだし、周りを危険に晒してる部分もあるからちょっとモヤっとします。

命を懸けるということには、綺麗事な面もあるのかもしれないと感じました。

改めて、救出や医療シーンの演技、めちゃくちゃ難しそうだし大変そうだと思いました。

第7話の口コミ・評判

第8話

第8話のあらすじ

とある病院で、停電により全ての医療機器が停止!

多くの患者が死に直面するパニックに・・・!

出動した喜多見幸太(鈴木亮平)らMERメンバーでしたが、”空白の1年”の秘密を知ってしまった音羽尚(賀来賢人)は激しく反発。

「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、MERメンバーの信頼関係は崩壊してしまいます・・・

そんな中、患者を救うため単独で屋外の発電機復旧に向かった喜多見を、恐るべき危機が襲う——!!

第8話の感想
よかった〜、今度こそ本当に死ぬとこだった。

今までも胸熱だったのに、さらに胸熱!

みんなカッコ良すぎる!

難しい医療用語ばかりのセリフを緊迫した状況で叫ぶ演技が凄すぎる!

第8話の口コミ・評判

第9話

第9話のあらすじ

外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生!

出動したMERに「大使館内は各国の領土であり、許可なく立ち入れない」という法律の壁が立ち塞がります。

指揮官不在の中、救助に向かった喜多見幸太(鈴木亮平)とレスキューの千住幹生(要潤)が患者と共に地下駐車場に閉じ込められてしまいます。

時間が経つにつれ酸素は薄れ、患者の容体は悪化・・・

絶体絶命のピンチに、命を救うため危険な賭けに挑む!

一方、持病で倒れてしまった都知事・赤塚梓(石田ゆり子)は・・・

第9話の感想
毎回ギリギリすぎやろ〜^^;

毎回、今回はついにダメなのかと諦めかけます。

今回は危険だからでなく、助けられるのに助けにいけなくて本当にもどかしかった。

ただ助けたいという気持ちさえも優先できないなんて、世の中クソですね。

毎回世の中の難しさを痛感しますね。

音羽先生には絶対に偉くなってもらいたい。

第9話のクチコミ・評判

第10話

第10話のあらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織への関与を疑われ、出動禁止を命じられたMER。

そんな中、ある大学で爆破事件が発生!

救助のため駆け付けた喜多見と音羽尚(賀来賢人)でしたが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠でした。

爆弾を仕掛けた校舎内で重傷者のオペを行う2人でしたが、SNSの噂を信じ込んだ学生達は喜多見をテロリストと疑い、とんでもない行動に・・・

二人を襲う最大の危機。

そしてついに、初めての死者が発生してしまう・・・!?

第10話の感想
こんなことになるなんて・・・

嘘やろぉ・・・

今までギリギリでみんな助かってきたのに。

こんな酷いことはないですね。

なんでこんな酷いことをするんだろう。

世の中にはこんなことする人が実在しているんですよね。

世の中は不条理だけど、せめて人のせいの不条理だけは無くなってほしい。

第10話の口コミ・評判

第11話(最終話)

第11話のあらすじ

最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)はMER脱退を告げます。

一方、都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていました。

そして、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていました・・・

そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上!

多くの負傷者が出ますが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまいます。

最大のピンチを迎えたメンバー。

しかし、その時・・・喜多見の心を震わせる「言葉」が響きます。

TOKYO MERの最後の出動の物語。

第11話の感想
こんな熱いドラマはないですね!

やっぱり最後に白金大臣が味方になりましたね。

みんなが期待していた通りの少年ジャンプ展開!

音羽先生が官僚として残れて本当によかった。

喜多見先生は、医療の技術がすごいのはもちろんですが、みんながついていきたくなる人ですね。

まさにヒーローですね。

それにしても権力ってすごいですね。

権力ってなんなんだろう。

月島さんがこんな人いるか?っていうくらい漫画みたいなキャラクターだなと思いました。

映画化待ってます!!

第11話の口コミ・評判

視聴率

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 視聴率
第1話(2021年7月4日) 14.1%
第2話(2021年7月11日) 14.3%
第3話(2021年7月18日) 14.4%
第4話(2021年7月25日) 10.1%
第5話(2021年8月1日) 10.8%
第6話(2021年8月8日) 8.4%
第7話(2021年8月15日) 15.0%
第8話(2021年8月22日) 14.5%
第9話(2021年8月29日) 15.0%
第10話(2021年9月5日) 13.5%
最終話(2021年9月12日) 19.5%
平均視聴率 13.6%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

まとめ

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の見逃し配信情報、視聴できる動画配信サービス、作品情報をお伝えしました。

医療従事者の方々への感謝の気持ちと、様々な困難に立ち向かう勇気が湧いてくる熱いドラマです。

DVD・Blu-rayが2022年3月2日に発売決定!

【スポンサーリンク】