ドラマ『椿の花咲く頃』が視聴できる動画配信サービスは?感想や評判も

2019年に韓国で放送され大ヒットした『椿の花咲く頃』。

日本で話題の『愛の不時着』や『梨泰院クラス』を抑えて数多くの賞を受賞している本作品。

これまでにはないロマンティックラブとサスペンス、ヒューマンドラマの3つの要素が掛け合わさった新しいジャンルのドラマです。

ドラマ『椿の花咲く頃』が視聴できる動画配信サービス、作品情報や感想をお伝えします。

【スポンサーリンク】

ドラマ『椿の花咲く頃』が視聴できる動画配信サービスは?

ドラマ『椿の花咲く頃』が観られる動画配信サービスはこちら。(※2020年9月現在)

  配信状況 無料期間
U-NEXT

×

31日間
Hulu × 2週間

TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCAS

×

×

30日間
Amazon プライム × 30日間
FOD プレミアム × 2週間
dTV × 31日間
Paravi ×

2週間

music.jp ×

30日間

Netflix

○ = 見放題作品 △ = 有料レンタル作品 × = 未配信

※配信状況は日々変わりますので、最新の配信状況は各動画配信サービスでご確認ください。

ドラマ『椿の花咲く頃』はNetflixでのみ配信されています。

話題の『愛の不時着』や『梨泰院クラス』が見られるのもNetflixだけ!

『椿の花咲く頃』が気に入った方にオススメの作品

  • 『サム、マイウェイ』
  • 『ベクヒが帰ってきた』
  • 『キミはロボット』
  • 『ミッドナイトランナー』

この中で特に注目したいのが2017年にKBSで放送された『サム、マイウェイ』です。

今回『椿の花咲く頃』を手掛け、数多くの賞を受賞したイム・サンチュンの作品です。

お互い好意を抱いているにもかかわらず、友人から恋人の関係になれない2人のもどかしい恋模様が描かれています。

主演は日本でも人気のあるパク・ソジュンとキム・ジウォンが務めます。

『サム、マイウェイ』は、U-NEXTで独占配信されています。

ドラマ『椿の花咲く頃』の作品情報

作品情報

作品名

椿の花咲く頃

原題

동백꽂 필 무렵

演出

チャ・ヨンフン

脚本

イム・サンチュン

制作局

KBS

主な出演者

コン・ヒョジン
カン・ハヌル
キム・ジソク
キム・ガンフン

放送期間

韓国:2019年9月18日 ~ 2019年11月21日

2019年に放送されたKBS制作のドラマで、日本ではNetflix独占配信です。

ロマンティックラブ、サスペンス、ヒューマンドラマの3つ要素が欠け合わさったこれまでにない新しいドラマとなっています。

演出は、『キミはロボット』『ベクヒが帰ってきた』など数多く手がけたチャ・ヨンフン。

脚本は『サム、マイウェイ』のイム・サンチュンです。

最高視聴率は最終回の23.8%で、百想芸術大賞やソウルドラマアワードで脚本賞や俳優賞など様々な賞を受賞した、2019年韓国ドラマ史上最大のヒット作品です。

キャスト

オ・ドンベク(コン・ヒョジン)

幼い息子ピルグを連れてオンサンに引っ越してきたシングルマザー。

名前のドンベクは椿という意味。

美人であることから周りからの嫉妬を買いやすい。

周囲の冷たい視線に耐えながらもカメリアを経営し生計を立てている。

ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)

オンサンの警察官。

偶然、図書館で見かけたドンベクに一目ぼれをする。

思ったことは言葉や行動に出してしまうが純朴セクシーと言われるほどまっすぐな性格。

異常なポジティブさを兼ね備えドンベクの自己肯定感を高めていく。

カン・ジョンリョル(キム・ジソク)

プロの野球選手でテレビに出演もする有名人。

ドンベクの元恋人。

オ・ピルグ(キム・ガンフン)

ドンベクの息子。

野球のセンスがあり、将来の夢はプロ野球選手。

とても母親思いで小さいながらも母親を守ろうという気持ちが強い。

あらすじ

物語の舞台は田舎町のオンサン。

そこにある一人のシングルマザーが引っ越してきたところから物語は始まる。

彼女の名前はドンベク。

誰もが認める美貌の持ち主だが、シングルマザーの偏見と差別で街の住人からの対応は冷たかった。

孤独に耐えながら飲食店カメリアを経営し、一人強く生きるドンベク。

そんな時に書店で警察官のヨンシクと偶然出会う。

ヨンシクはそこでドンベクに一目惚れするもドンベクにおかしな人だと思われてしまう。

しかし、その後カメリアで二人は再会。

この出会いがドンベクの運命を変えていく。

唯一、彼女の本質を見てくれたヨンシク。

ヨンシクとの出会いでドンベクは幸せを掴むことが出来るのか。

ラブコメディとサスペンス、そして最後にはヒューマンドラマと化す新しいジャンルが織りなす、日常に疲弊する全ての人に必見のドラマである。

ドラマ『椿の花咲く頃』の感想

ティーザーを見た印象は柔らかく温かいラブロマンスでした。

しかし、いざ見てみると恋愛模様だけではなくサスペンスや親子の愛情の物語でもあり、非常に見ごたえがありました。

特にサスペンス要素の中で重要人物であるジョーカーの存在で本作品の面白さに拍車がかかり、次へ次へと止まらなかったです。

何といっても本作品は私たちの日常生活の固定概念を崩してくれるところが魅力の1つではないでしょうか。

登場人物であるヨンシクがその代名詞であると言えるでしょう。

これまでの主人公像を覆すほどまっすぐで、常に愛を与えてくれて、自身の存在を認めてくれるヨンシクは誰もが虜になること間違いなしです。

そして、そんなヨンシクの姿が日常に疲弊した私たちを癒してくれて、自分自身を愛してあげることがいかに重要か気づかせてくれます。

ドラマのように波乱万丈な人生でなくとも、何気ない日常に疲れてしまったときに心をフッと軽くしてくれる、そんなドラマでした。

ドラマ『椿の花咲く頃』の口コミ・評判

まとめ

ドラマ『椿の花咲く頃』が視聴できる動画配信サービス、作品情報や感想をお伝えしました。

この作品は自分を肯定することがいかに重要であり、自分自身が愛おしくなるような作品でした。

また舞台のオンサンの温かさが心にしみる素敵な作品です。

心が疲れてしまい温かい気持ちになりたい人にぜひ見ていただきたい作品です。

【スポンサーリンク】